夏風邪の症状と治し方!(経験談)とにかく睡眠、休養

na2kaze
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

夏風邪にかかってしまいました。

冬にひかなかった風邪をナゼ今さら…。と思いましたが、「家族間感染」なので、避けられない…。昨日、ちょっと調子が変?程度が一変しました。

休日で気も緩んでいたのか、あっという間に、症状が悪化してきています。(現在進行形です)

スポンサーリンク

夏風邪は急に来る

外気温が温かいせいか、微熱を実感しにくいようで、気が付いた時には症状が進んでると感じる場合が多いようです。

今回の場合、朝は普通だったのに、3時間後くらいに痛みを感じ始めたのがノドでした。めったに夏風邪なんてひかない(たぶん初めて)ので、対処法が分からないと焦りますね。

いま現在、夏風邪の実況中継すると、喉のチリチリっとした軽い痛みから始まって、数時間後には唾を飲むのもちょっとツライ感じまで悪化してきています。

(ここに来るまでに約6時間余り)ウイルスの拡散が早いのでしょうか?

詳しい経過症状と対策

夏風邪ってどんな状態なのか?調べてみたら、のどの痛み、咳、発熱、頭痛、鼻水、場合によっては下痢・腹痛なども起こる可能性がありそうです。

最初にくるのが喉の痛みから寒気・だるさ・発熱などが多いようですが、確かにいま、この経過をたどっています。

本当に体がダルいです(ダメだ、今日はここでリタイア)。。。○| ̄|_

リタイアから1日半が経過

あの後、熱があっという間に上がり(たぶん38-9度くらい)1日半寝込んでいました…。今朝、やっと復活!9割方回復し、普通に食事が摂れるまで回復しました。

昨日は休日だったので、早目に軽い夕食をとり、そのままバタン寝。

すぐ熱が上がり始め、発熱に伴う発汗(ベタつく汗)とセットで、一晩中苦しめられました。

高熱から来る体のダルさといったら…。

冬の風邪は発熱と寒気がセットだったけど、今回の夏風邪の場合、体は熱くなるものの寒気はありませんでした。

今回の自分の夏風邪の症状から回復までを書き出すと、下記のような経過を辿りました。

夏風邪のひき始めー快方までの流れ

最初の症状から、どんな流れで悪化していったのか、状況を思い出しながらまとめました。

特徴的だったのは、症状の悪化するのが早かった事です。

  1. ちょっと変だな、程度のノドの痛み
  2. 唾液を飲み込むだけで痛い
  3. 体がダルイ
  4. 頭がボーっとする
  5. 食欲なく、お腹が減らない
  6. 体がダル重
  7. 体が熱い(微熱→発熱まで約2時間以内)
  8. 発熱・汗がでる、カラダがフラフラ(夜一晩中)
  9. 【翌朝】頭がガンガン
  10. 【翌朝】身体のフシブシがいたい
  11. 【翌朝】カラダがダルイ
  12. 【翌朝】食欲がない
  13. 咳が出る

ちなみに、平熱に戻り全快しても治るのに時間がかかったのが「咳」でした。

夏風邪の治し方

水分補給はマメに!がポイントです。

一気にグビグビ水を飲むより、少量をこまめに飲む方が、胃に負担が掛かりません。

私の場合、自然治癒で病気治しが基本ルール。というワケで、いつものことながら薬は服用せず回復しました。

スポンサーリンク

なぜかというと、風邪をひいて熱を出す、ということは、体の中にウイルスが入ったということ。

そのウイルスをやっつけるために、体は熱を出すことで外敵であるウイルスと闘います。だから熱を下げてはイケナイのです。

最短で回復したいので荒療治な治し方に見えますが、私はこのパターンが定番です(笑)

さすがに夜11時位から高熱でツラくなってきたので、小さい保冷剤を両脇に挟んだり、首の後ろにあてて冷やして何とかしのぎました。

我が家は保冷剤を色んな用途で積極的に利用しています。

例えばお弁当や夏の暑さ対策、風邪、ちょっとした火傷対策など、多用途に使えますよ!

話しを元に戻しましょう。

翌朝早朝になり、熱が下がってきました。

ウイルスと戦った後からくる疲労か、異常に体がダルかったですが、峠を越したのを実感。とりあえずシャワーを浴び、ベタベタの汗を流して、着替えてスッキリしたところで、再びダウン。

上記の9-12の症状が同時進行で暴れ出しました。でもここまで来れば、70%は終わったようなもの。

ひたすら体を休めて、ウイルスを退治します。

夏風邪を乗り切るには?

最善の乗り切る方法は、睡眠と休養です。

ストレスや疲れ等をきっかけに、免疫力が低下していたから、ウイルスが体に侵入しやすいスキを作っていました。

自分が元気じゃないと外敵を阻止できないし、ウイルスと闘っても負けてしまいます。だから夕食はできるだけ抑えて、消化による体の負担を減らしてゆっくり養生すること、眠ることに専念しました。

今回の場合、熱と闘った翌朝、午前中は体がダルくて動けませんでしたが、午後からは体調が復活してずっと読書してたくらいです。

だけど起きて普通に生活するのは、かなりシンドイ状態でした。

そのうち少しお腹がすいてきたので、トースト1枚と生姜紅茶は水分補給も兼ねて、1日に4杯ぐらい飲みました。(体を温めます!)

夜はにゅうめん(温かい素麺)とサラダで、胃に負担をかけないよう、軽く食べました。

夜10時ごろ、体調は7割がた復調していたので、ぐっすり眠れました。

で、今朝。朝方咳がひどくて目が覚めました。

1度出始めたら止まらなくなってしまったのです。

とっさにハチミツを少しずつ舐めて、ノドを潤したら不思議とピタっと止まりました。

そのあと生姜紅茶を飲んで水分補給して以降、喉はまだ痛んでイガイガしますが、咳はほとんど出ません。

※※はちみつには殺菌作用や炎症を落ち着かせる効果があるようで、ノドの荒れた粘膜にピッタリだったのかもしれません。軽くすんで良かったです※※

あとは部屋の換気をこまめにしました。

常時マスクはしてましたが、日中は気候もよかったので、窓を開けたまま気の流れを作るようにしていました。

部屋中「夏風邪ウイルス」が蔓延してますから、また誰かが罹ったら大変です。

夏風邪の防止には、疲れたなと思ったら、十分な睡眠と休養を忘れずにとってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする