誰もやりたがらない、花粉症対策

sugikahun
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

春と秋にやってくる花粉、今年は大丈夫ですか?

私は春のスギ花粉のみですが、季節になると一時的に
ツライ症状が現われます。

薬は飲まないので、副作用は無く、通院もしませんが、
体がスギ花粉に慣れるまで、割と大変。

だけど、体の中で花粉との「折り合い」がついてくれば、
症状はかなりラク。

なんと、洗濯の外干しだってOK!

さて。そんなツラい花粉症が徐々に改善していった、
ターニングポイント。

それは帯状疱疹退院後(詳細は帯状疱疹物語をご覧ください♪)、
1年ほど後に始めた、食生活の見直しから始まりました。

2~3年ほど、ビーガンと呼ばれる完全菜食生活に徹し、
体の中から大掃除をしたのです。

ほんとに文字通り、菜食のみ。Σ(゚д゚lll)
肉や魚、乳製品類、全部食べません。そんな野菜だけの食生活を続けたんです。

当たり前に食べていた食材を食べないって、
食卓が変化する、なんてぬるいもんじゃなく、
空中分解してる感覚に近い。。。(大袈裟じゃなく)

その後、徐々に体調が好転し始めた、数年前から、
食事制限をゆる~くし、ベジ食中心はそのままに、
肉や魚を復活させました。

スポンサーリンク

その間、薄紙をはがすように、ちょっとずつ体調がよくなり、
さらに、花粉症の症状が落ち着いてきたのです。

今でもマスクは使うし、鼻、涙、くしゃみも出ますが、
普段通りに生活できるレベルまで、たどり着きました。

鼻が詰まって眠れない、息ができないなんてナシ。
飛散量の多い時期だって、難なく熟睡できます。

疲れ、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、あらゆるトラブルを
受け止め続けたカラダは、そのことを忘れてないんじゃないか。

ベジ生活を続ける中、そんな考えに至りました。

体調を崩さないよう抑えてきたトラブルが、ベジ食をきっかけに、
少しずつ炙りだされてきた、、、そんな感覚。

ビーガン生活中、
人差し指だけ荒れて、最後は傷口がパッカリ開き、
たしか、1年以上治りませんでした…。

起きてられない程の倦怠感、便秘、頭痛、眠さ、体重減、、

これはカラダからのメッセージ!
よくなるための通り道、そう割り切って乗り切りました。

今は体調もよく、健康そのもの。
おまけで花粉症まで改善してしまった。

こんな話を知り合いにしても、誰もやりたがりません。(笑)
キモチはよく分かりますけどね。(;一_一)

あきらめず、続けてよかった。
ようやく、そう思えるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする