猫の暑さ クーラーは付けっぱなし?ぐったりしない秘策は?扇風機は効果的?

munchkin
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


日本の夏の暑さは気温と湿気で人間でもグッタリするほど暑いですが、それ以上に暑さに敏感なのが猫ちゃんです。

「暑い」と言えないニャンコの具合に気付かない、なんてことが無いように、今年はニャンコが快適に過ごせる夏にしませんか?

スポンサーリンク

猫の暑さ クーラーは付けっぱなし?

猫は寒さの方が弱いように思われがちですが、今どきのネコちゃんは、そうでもないようで、暑さにも弱いので注意が必要です。

真夏になれば、締め切った室内は、余裕で35度を超えてしまいます。そんな中、ニャンコにお留守番させたり、放置すれば、状況によってはとても危険。

基本はクーラーをかけっぱなしにして、室温を一定に保つようにしましょう。

人間が涼しいと感じる温度と、猫ちゃんが快適に過ごせる温度は違うので、寒すぎないよう好みの室温を把握しておくと安心です。

目安は28度前後ですが、個体差があるので、設定温度をチェックしてみて下さいね。暑ければ、びろーんと体が伸びていることが多いですし、寒ければ丸まっています。

電気代が気になる

クーラーかけっぱなしだと、心配なのが電気代ですよね・・・

ですが最近のクーラーはエコ性能が上がり、冷やしすぎない設定温度で持続させたり、消費電力を低めに抑えてくれる仕様になっています。

できれば電気代を節約したい・・・と考えてしまいますが、クーラーの電気代をケチって、ニャンコの体調が悪くなり動物病院で治療を受けたら、どっちが安いかな?!と考えると、たいていはクーラー代の方が安いんですよね。

愛猫が、熱中症や夏バテでグッタリしてたら、飼い主もすごくツライですし、何よりニャンコがかわいそう。快適に過ごさせてあげたいですよね。

出来る限り快適な温度を保ってあげて下さいね!

猫が暑さにぐったりしない秘策は?

家猫の場合、ニャンコはそれぞれお気に入りの場所があります。

ふだんはその場所で過ごす子も、暑くなってくると、涼しい場所を捜し出して、快適な体勢で寝そべっていることが多くなります。

フローリングや玄関に寝そべっているニャンコも多いですが、それはそこが涼しい場所だからなんです。

本能的にクールダウンさせる方法を、賢く探しだすものなんですね。

例えば玄関で涼を取っている猫ちゃんも多いですが、外履きの靴が出入りするので、特に家猫の場合、汚れてしまうの、気になりませんか?

ニャンコのお気に入りの場所をキープしつつ、汚れず快適に過ごせる場所をつくれて、涼しくなる秘策が、「石のマット」>>>ニャンコひんやりマット冷却タイル

安全性や涼しさはバツグンで、汚れたらサッとひと拭きでOKですし、天然素材で自然な冷たさが作れて、電気代はゼロ円というコスパも魅力なんです。

噛みグセのある猫ちゃんは、ジェルマットだと危ないので使えませんが、これなら大丈夫。長く使えて、天然石だから性能が落ちること無く、毎年暑い季節に大活躍してくれます。

子猫なら1枚で十分。

中型サイズなら、2枚横に並べるとちょうどいい感じか、1枚を斜めにして、だらーんと寝そべるように使うことが多いです。

1枚買って、様子見してから買い足すのもアリですね。

人間は体中に毛穴があって、汗をかいて温度調節ができますが、猫ちゃんは全身を毛でおおわれている上に、汗腺があるのは「肉球だけ」

夏は毛が抜けることで、体温調節をしていますが、現代の飼い猫ちゃんたちは、室温が一定の環境下や安定した環境で暮らすことが多いせいか、毛の抜け具合も昔とは違ってきているようです。

そんなもろもろの状況下で、暑い季節を元気に乗り切るためには、こういった自然素材の質の良いものが長く大活躍してくれますよ。

猫の暑さ対策に扇風機は効果的?

夏の暑い時期になれば、人間でも扇風機だけで過ごすには限界があるように、ニャンコたちも扇風機だけでは暑さ対策には不十分な場合があります。

熱風のような外気温。

そんな暑い空気を扇風機の風で送っても、涼しく感じるどころか、暑さを助長させてしまいますよね。

なので、暑さが極まる時間帯は、クーラーをかけて、その冷風を扇風機を利用して部屋を循環させる、送風役として使った方が効果的です。

もちろん、朝の涼しい時間などは扇風機で空気を循環させて、ニャンコのために、できるだけ室温を一定に保つようにしたいですね。

ニャンコは扇風機の風で涼しさを感じるよりも、室温が快適かどうか?がとても大切です。

暑いと猫ちゃんは涼しい場所で、ぐてーーんと伸びて「涼」を摂っています。扇風機はこもった熱気を追い出したり、クーラーからの冷風を循環させるつもりで利用してみましょう。

ひとくちメモ

暑い季節は、気を付けていても人間だって、熱中症や体調を崩してしまいがちです。

言葉が話せないニャンコなら、いつも以上に気を付けてあげないと、イザというとき変化に気付いて上げられません。

ぜひ、過ごしやすい環境を作ってあげてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする