おみくじの正しい引き方は?おみくじ持って帰る?処分方法は?

omikuji
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

今年はどんな1年になるんだろう?!運試しを兼ねて沢山の人がおみくじを引きますよね。

何気なく引いているおみくじにも、実は引き方のルールや知っておくと役に立つことがあります。

今年は去年より、キチンとおみくじで運だめししてみませんか?

スポンサーリンク

おみくじの正しい引き方は?

初詣や神社などへお参りした時に引くおみくじは、占いとはちょっと違って、この1年(または今月など)がどんな年になるか?というよりも、これからの指針となるものです。

ですので、お金を払って何気なく引くのではなくく、神様に祈ってから引きましょう。

運を知りたい期間「今日、今月、または今年など)を心で祈ってから、おみくじをひきます。

自分が祈った期間(例えば今年等)は、大事におみくじを保管し、時おり確認するのが理想のおみくじの持ち方だと思います。

ただし、おみくじを引いた結果が悪かった場合、次のおみくじを「すぐ」引いても正しい結果は出ないようです。

ですので、あまり深く考えすぎず、その結果を引きずらないことが大切です。

木に結び付けて置いてくれば、悪い結果を持ち帰らずに済みますし、もちろん後で見返すために、自分で持っていても構いません。

これは良い結果でも悪い場合でも同様です。

引いたおみくじは持って帰るの?

基本は木に結ぶ、持って帰る、どちらでも構いません。

凶や大凶などを引いた場合、何となくその結果が気分的に後を引いてしまうことがありますよね。

スポンサーリンク

ですので、木に結び付けて「悪い結果を持ち帰らない」と考える場合と、吉や大吉といった幸先のいい当たりを引いた場合も「いい結果を(木に)結びつけることで実現を祈る」と考えて結ぶ場合もあります。

もちろん持ち帰って、後でゆっくり読み返したり、これはどういう事を意味しているのが後で調べたいと、持ち帰ったり、お守りとしてお財布に入れておく人もいます。

どちらでも大丈夫です。

ちなみに、時期的に忙しかったり、余裕が無ければ断わられる事もあるかもしれませんが、書かれている内容について知りたい場合は、巫女さんやお寺の方に直接聞けば教えてくれる場合もあります。

おみくじの処分方法は?

昔、くじ引きは一種の神事だったそうです。

ですので、不要になったからといって、おみくじをゴミに捨てるのは避けましょう。

おみくじの有効期限は1年位と考えられていますが、願い事が叶ったら、そのおみくじの効力が失われると考えられます。

ですので、早い時点で神社の納札所に納めるのがベストです。

また翌年になったら同じ神社に、去年のおみくじをお返しするのがオススメです。

これはお守りやお札などと同じ考え方ですね。

ひとくちメモ

大吉が出たらうれしいですが、自分にとって良くなかった場合でも、ただ不安になるのではなく、そういう事が無いように「注意する」きっかけをもらったと考える方がずっと前向きになれます。

ぜひ素敵な1年にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする