お宮参りは里帰り中にする?母親の服装は?子供の服は?

omiyamairi
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

誕生して初めての神社詣では、生まれた土地の守り神という意味もあり、「産土神(うぶすながみ)」と呼ばれます。

その神社に赤ちゃんの誕生を報告して、健やかな成長を祈願するのがお宮参りです。

その後、神主のお祓いを受けた場合、祝詞(のりと)をあげてもらい、赤ちゃんはその「産土神」の氏子として認められる、という流れになっています。

おぼろげながら、お宮参りの全体像がつかめたでしょうか?

お宮参りの際、気になることを他にいくつかまとめました。

スポンサーリンク

お宮参りは里帰り中にする?

通常、お宮参りは、男の子は誕生30日目、女の子は31日目に行う事が主流となっています。

ただ地域や風習によっては、50日目、100日目に行う所もあります。

…という基本事項は分かった上で。

出産後、実家へ里帰りしているお嫁さんも多いのではないでしょうか?

ちょっとした短期間から、2カ月などの長期間、ご家庭の事情や出産したばかりの体調を気遣って、長めに休養と骨休めも兼ねて、ゆっくり過ごすことも多いかもしれません。

そんな時、長い期間の里帰り中であれば、お宮参りの日程がズレてしまいますし、義実家と若夫婦の住まいが微妙な位置関係であれば、なおさら日程調整が難しくなります。

また基本は、お宮参りはその子供が育つ地元の神社に「これからよろしくお願いします」と挨拶に行くようなもの。

里帰り先でするお宮参りは、ちょっと意味が違ってきてしまいます。

なので厳密に日にちこだわる必要はありませんし、真夏や真冬にお宮参りを迎える赤ちゃんの場合、体調を考慮して、いい気候になるまで待っても構いません。

赤ちゃんの体調を最優先に考慮して、またご自身も出産後間も無いと、体の調子が戻るには時間がかかります。

自宅に戻った後、体調を考え、義実家の日程などを話し合って決めてはどうでしょうか?

せっかくの我が子のためのお宮参りなのに、義実家とギクシャクしたり、亀裂が入っては元も子もありません。

ご主人とも折りをみて話し合ってからでも十分間に合います!

お宮参りの母親の服装は?

和服や洋装どちらでも構いませんが、生後間もない場合、和服だと授乳に支障があるため、完母のママにはちょっと大変かもしれません。

スポンサーリンク

着物だと、寒い時期は足元は冷えるし、夏場は暑くて大変だし、授乳できないと張って来るし、なかなか厄介な面もあるんすが、後で写真を見返すと、着物姿で良かったなーと思う時はあるかもしれません。(笑)

スーツやワンピースなどの洋装や、授乳口付タイプであれば、とても便利です。

産後1か月程度だと、体型が完全には戻らないので、その辺も考慮してサイズを考えておくといいですよ。

また最終的には、赤ちゃんを中心に、家族の装いのバランスが取れていることが大事です。

お宮参り 子供の服は?

赤ちゃんの服装は、正式には無地の「一つ見」と呼ばれる着物を着せ、その上から男の子であれば、黒字に鷹や鶴などのおめでたい絵柄の羽二重紋つきを。

女の子なら、ちりめん地に花柄などの友禅模様の紋つきを祝い着としてかけます。

この祝い着にはヒモを付けて、抱く人の肩と脇の下から背中に回して結びます。

ですが最近では、一度使うだけなら、と祝い着はレンタルしたり、ベビードレスを着せてお参りする人も多くなりました。

一生に一度と考えるのであれば、新品を購入してその日に臨むでもいいですし、オムツ替えや、授乳も多い時期なので、お母さんが世話しやすく、ちょっとよそいきのカバーオールでも構いません。

そのご家族がどう考えるかで、個々の装いは異なるものだと考えれば、あまり周りを気にする必要はないのではないでしょうか。

形式にこだわる方も多いかもしれませんが、赤ちゃんがセレモニードレスや着物を着ていないとダメといった、厳格なルールはありませんので、ケースバイケースで考えてみてはどうでしょう。

ひとくちメモ

写真館で晴れ姿を写真撮影をするご家族も多いと思います。

ですが主役の赤ちゃんは「泣くのが仕事」(笑)

…なので、シャッターチャンスを狙う為にも、日頃の機嫌のいい時間や、ご機嫌のタイミングをチェックしておくといいですよ。

また神社でのお参り前に写真撮影しておけば、疲れてグズる前にいい写真が撮れるかもしれません。

すてきなお宮参りになりますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする