お歳暮はいつまでに贈る?喪中でも贈るの?お礼状は出すべき?

oseibo
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

今年お世話になった方へ贈るお歳暮。とは言ってもいつまでにどんなものを選んで贈ればいいのか、贈る際の基本ルールが分からないと、悩みますよね。

今回はそんな疑問を解消する、お歳暮の基本ルールを紹介します。

スポンサーリンク

お歳暮はいつまでに贈ればいいの?

最近は11月末頃から贈ることも多くなってきましたが、(デパート等の早割など)基本は、12月初旬から12月末までに届くのがベストです。

注文がギリギリだと、先方へ届くのも必然的に遅くなります。どこの家庭も年末は多忙ですので、可能ならば年の瀬に到着するより、せめて20日くらいまでに届くようにするのがオススメです。

特に年末年始は、帰省や旅行等で自宅を留守にする人など、慌ただしくなります。不在で受け取り不可になると返送されてしまうので、余裕をもって手配するようにしましょう。

お歳暮は喪中でも贈っても大丈夫?

お歳暮には、贈る側・受けとる側のどちらかが喪中でも問題ありません。

また可能であれば、のしを短冊などのシンプルなタイプに変えてもらうなど、注文時にお願いすると、受けてくれる所もありますので、聞いてみて下さい。

但し、初七日、または四十九日を過ぎていない場合や、先方が気落ちしているのであれば、時期をあえてズラして、贈っても構いません。

その際は「寒中見舞い」として贈るようにしましょう。

お歳暮のお礼状は出すべき?

親しい間柄であれ、目上の人であれ、何かしらお礼の気持ちを伝えましょう。

まずはどんな方法でお礼状を出すかですが、はがき、封書、電話、この3つのいづれかです。

スポンサーリンク

ただ封書だと数行書いたら、この後なんて書こう…困ったなぁー?なんてことになりかねませんので、ハガキで十分です。

もしくは電話でありがとうございました。とお礼を言ってしまえば終わるので、コチラのほうが早いのですが、会った事が無い人であったり、電話で何を話せばいいんだろう…。と気が重くなるようであれば、手っ取り早く葉書きで済ませる方がずっとラクですよ。

ハガキに書く内容ですが、どんな順番で書いていけばいいのか?大筋でまとめると、流れは5つのステップで完了します。

  1. 時節の挨拶
  2. お歳暮を頂いたことへのお礼
  3. 自分、そして家族も喜んでいることを伝える
  4. 季節柄、相手方の体調を気遣う内容
  5. 結びの言葉

上記を踏まえて、例文を書いたのが下記です。

拝啓
師走に入り慌ただしい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
さて、このたびはお歳暮の品を頂き、本当にありがとうございました。●●に家族の皆が大喜びしております。主人も大変喜んでおります。奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください。
時節がら、厳しい寒さが続きますが体調にはどうぞお気をつけ下さい。よいお年をお迎えくださいますよう、お祈りいたします。
敬具
御歳暮 健一

ひとくちメモ

最近はお歳暮やお中元を贈る数も減ってきているようですが、毎年決まった所や、お世話になった人は誰かしら贈る必要が出てきます。

1年経つと「あれ、お歳暮っていつ頃までに贈るんだっけ?」などふと忘れてしまうことも多いですが、年の瀬前に届くよう、ぜひ早めに手配するようにして下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする