お葬式 女性の喪服マナー。ストッキング ネイル アクセサリー等服装の注意点

mofuku2_woman
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

お葬式のマナーって、何となく分かるようでいて、実はよく分からない、、、という人多いのではないでしょうか?!

イザという時、知らずに恥をかかないよう、女性の喪服関連で気を付けるべきマナーをまとめました。

スポンサーリンク

お葬式での服装(喪服)の選び方

喪服には主に下記の3つのタイプがあります。

立場や状況によって選ぶのが好ましいとされていますが、どんな時にどれを選べばよいのか、順に見ていきましょう!

  • 正喪服
  • 準喪服
  • 略喪服

正喪服

格式が高いのが正喪服で、女性の場合は(ブラックフォーマルドレス)がそれに当たります。喪主や親族、近親者などが利用します。

洋服の場合、シンプルなデザインで、ワンピース、ツーピース、またはアンサンブルです。

色はもちろん黒。襟元は詰まっていて、長袖、スカートの長さ(着丈)は膝が隠れる長さから、くるぶし丈のくらいが目安です。

準喪服

mofuku2_woman色々な場面で使えるのが準喪服。正喪服に準じた一般的な喪服(ブラックフォーマルスーツ)が、これに当たります。

ワンピース、アンサンブル、スーツ、パンツスーツでもOKです。

袖丈は5分丈から長袖で、スカートの長さ(着丈)は膝が隠れるくらいから、ふくらはぎが隠れるミディ丈にしましょう。

略喪服

略喪服はさらに簡略化されたもので、より日常の服装に近いもの(ダークスーツ)とされています。

濃紺やダークグレー等、ダークカラーのワンピースやツーピース、アンサンブル、パンツスーツを着用しましょう。

黒い服なら、トップスとボトムスをそれぞれコーディネートしたものでもOKですが、襟元が広く開いたもの、袖なし、深いスリットはお葬式には不向きなので避けて下さい。

ストッキングはどうする?

喪服の時のストッキングは、肌色では無く黒を選びましょう。

また秋・冬の寒い時期の葬儀は、寒さ対策にタイツをはきたくなりますよね。

ですが基本的にはストッキングが好ましいです。体調の都合でどうしてもタイツをはくなら、肌が透ける位の厚さに留めておきましょう。

厚地のタイツはカジュアル感が高くなってしまうので、避けた方が無難です。防寒対策なら、パンツスーツがおすすめです。

コートはどうする?

コートを着るとき、色の基本は黒か濃紺で、コートの長さ(着丈)は、膝が隠れるくらいの丈が一般的です。

お葬式の場合、生地にも注意が必要です。

光沢のあるもの、ファー付などは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

カジュアルなダウンコートも葬儀向きではありませんが、他に変わりが無い場合、葬儀会場の外で脱いでバッグや袋などにしまっておくなど、会場内で目立たないように気を付けてくださいね。

アクセサリー類について

喪服に合わせるアクセサリーと言えば、白の真珠(パール)が一般的ですよね。

それ以外では黒オニキス、黒曜石、ジェットなどが挙げられます。いづれも利用する時の色は「黒」です。

女性の場合、ネックレス、イヤリング、指輪などが基本アクセサリーですが、全てを付ける必要はありませんし、必ず身に付けないといけないものではありません。

お葬式で華やかになるのは避ける、のが基本です。

パールのネックレス

ネックレスでパールを身に付けるなら、パール粒は大き過ぎない(華やかに見えてしまうので)ことが重要です。粒の大きさは、8ミリくらいまでを目安にしてみてください。

長さは首に沿うくらいの長さで、1連のものを。

2連、3連は「不幸が重なる」ともつながるので避けましょう。またロングのパールネックレスは、お葬式では派手に見え、不向きなので要注意です。

イヤリング・指輪は?

イヤリングは耳元で揺れない、1粒パールのシンプルなものが基本です。

同じように、指輪もダイヤモンドが使われていないシンプルなもの、ゴールドなどは避けましょう。

葬儀で身に付けるアクセサリーは、自分を引き立たせるのが目的では無いので、黒い喪服の装いとしての1つ、という位置づけで考えるようにして下さいね。

ネイルはどうしたらいい?

キレイに塗ってお手入れしている、お気に入りのネイル。

お葬式などの場合、こういったネイルはどう対処すればいいのか気になりますよね。

ご遺族の心情や、お葬式という場所柄を考えると、葬儀ではやはり華やかなネイルは控えるべきでしょう。できるかぎりネイルはしないようにしましょう。

どうしても・・・という場合、黒手袋で一時的に隠すことも可能ですが、仏式のお焼香などでは、手袋を外さなければならなりません。

基本はネイルは落とす、と覚えておきましょう。

靴やバッグはどうする?

靴は黒で、シンプルなデザインを選びます。エナメルなど光沢のある材質では無く、皮など一般的なものを利用しましょう。

バッグもクツ同様、デザインがシンプルで、色は黒、布や革素材で、小型のものがベストです。

さいごに・・・

色々控えることがあるので、最初は戸惑う事もあるかもしれませんが、ご遺族の心情を察し、心の痛みに寄り添える対応が一番です。

女性の場合、メイクをする場合は、できるだけ控え目に。パールやラメの入ったコスメやリップグロスなど、華やかさを出すようなメイクは控えるようにして下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする