お年玉の相場は?いつまであげるの?兄弟間で差を付ける?

otosisoba
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

お年玉を親戚の子供たちにあげるのは毎年恒例とは言え、なかなか痛い出費ですよね。

…かと言って、自分の子供も親戚から貰っているので、ナシというワケにもいかないですし。

そんな現代のお年玉事情の相場や、疑問をすっきり解消してお正月を迎えて下さい!

スポンサーリンク

お年玉の相場 年齢別は?

お年玉って、年齢によってあげる金額が違いますし、相場はありますが、親戚が多いと額もそれなりにかかって大変ですよね。

年末・年始は出費の多い月なだけに、右から左へ諭吉が素通りしていきます(泣)

さてそんなお年玉の相場ですが、年代別におおよその金額をまとめました。

  • 乳幼児 ナシ
  • 幼稚園・保育園 500~1000円
  • 小学校 2~4千円
  • 中学生3000~7000円
  • 高校生 5000~1万円
  • 大学・専門学校等 2万円~

もちろん、各家庭によって金額の違いはあるので、一概に「これが正論」という金額はありません。

もっと多かったり、少なかったり、教育方針であったり、色々な考えがあるので、参考程度に知っておくだけで十分です。

またお年玉の金額は、親族間で中学生は○円、高校生は○円、というように、金額の過多で差がついたり、揉めないよう、取り決めをしておくと、毎年悩まずに済みます。

どこの家庭でも親戚へのお年玉は、頭を悩ませることの1つ。親族間で申し合わせをしておけば、ムダに悩むことも無くなるので、オススメです。

お年玉 いつまであげる?

いつで終わりにするか?については、ちょっと悩みますよね。

この点に関しては、親族間で取り決めをしているところもあるようですが、主に3つのパターンが一般的です。

スポンサーリンク
  1. 高校卒業したら(その後進学してもナシ)
  2. 20歳まで
  3. 大学卒業したら

子供の方も、社会人になり給料を貰うようになることで、お年玉も「卒業」というのは自然に受け入れているようです。

また高校生やそれ以上になると、バイトして自分でお金を稼ぎ始めるため、徐々にお年玉をもらう感覚が薄くなっていくのかもしれません。

大人になるにつれて、それぞれの生活環境も徐々に変化していくので、あげる側もあまり気にせず、スパッと打ち止めにしてもいいのではないでしょうか?

どうしても気になるようなら、「来年からもう○○だから、お年玉は今年で最後だね」と軽く伝えて、こちら側の意思表示をしておくという方法もオススメです。

お年玉 兄弟間で差を付ける?

兄弟や姉妹でお年玉の金額に差があると、ケンカになった、自分の方が少ない、といったトラブルが起こりやすいです。

特に年齢差があればあるほど顕著なので、どうしようか渡すほうも悩みますが、これは仕方ないと割り切るしかありません。

2歳差程度なら、同額でもいいかもしれませんが、あげる側より貰う側の親の方でキチンと子供にフォローしてあげれば、よりベターです。

あげる方が毎年そこまで心配していては、疲れ切ってしまいます。ほどほどに、あまり気にせず自信を持って渡しましょう。

ひとくちメモ

貰う子供側はあまり気にしていないかもしれませんが、お年玉は「ピン札」が基本です。

急で用意できない場合、あまりくしゃくしゃのお札では無いものを使いましょう。

ピン札は銀行や郵便局などで交換が可能ですので、「御用納め前」に交換してもらうと慌てなくて済みますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする