お年玉をピン札に銀行でできる?土日 祝日どうする?裏技は?

otosinsatu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

普段の買い物ではほとんど意識しませんが、お年玉をはじめ、結婚式やご祝儀、出産見舞い、初穂料など、季節や祝いの際に使うお札はピン札(新札)を利用するのが、基本マナーです。

ですが、ピン札ってあまり手元に無いことが多いものです。そんなイザと言う時、どこで新札が手に入るか、知っておくと便利ですよ!

お年玉をピン札(新札)に銀行でできる?

checkaka 銀行の窓口
銀行で両替用紙に必要事項を記入し「新札で」と一言添えれば、窓口でピン札に交換が可能です。

ただし窓口は3時までなので、時間のある時に行って早めに準備しておきましょう。

checkaka 郵便局の窓口
窓口で「新札に両替できますか?」と聞いて、あればその場で交換してもらえます。ただし大きな局、地元の小さな郵便局でも、場合によっては無い場合もあります。

ピン札の交換が仕事ではないので、必ず「ある」という保証はありませんが、立ち寄った局に在庫があれば、取り変えてもらえます。

忙しい「開店後スグ」ではなく、できれば局員さんの手の空いている時間に聞いてみる心配りも案外大切ですよ♪

年末年始は、新札の需要も多いので、多めに新券を用意してある可能性が高いです。

また、郵便局だと用紙に記入するのが基本不用なので、便利です。

checkaka 銀行ATM
窓口が激混みでいつ順番が来るかわからない、そんな時は両替用のATMを利用しましょう。

支店だと両替用のATMが無いことがあるので、大きな銀行の方が狙い目です。

ピン札(新札)を土日 祝日に交換できる?

コンビニATMを利用する

スポンサーリンク

ちょっと意外ですが、コンビニのATMには出来る限り多くのお札が収納できるよう、シワの無い新札が多く使われています。

どのくらいの割合か?必ずピン札がゲットできるかは不確実ですが、お金を引きだすことで、新札を入手できる可能性が高いです。

ただし提携銀行によって月○回まで、引き出し無料等の特典を設けている所がありますが、ATMの手数料が掛かる場合もあるので、注意して下さいね。

ピン札(新札)にする裏技は他にある?

yokoyaji ホテルのフロント
特に結婚式場併設のホテルの場合、お祝いのご祝儀の関係上、ピン札の急な需要があるため、用意してある場合が多いです。

必ずあるとは限りませんが、もし近くに会ったり、勤務先に近ければ聞いてみてはどうでしょうか?

yokoyaji 会社の総務(または経理)
総務や経理では、小口現金をある程度用意しているので、もしかしたらピン札が手に入る可能性があります。ダメもとで聞いてみましょう

yokoyaji アイロン
最終手段です!
できるだけキレイ目のお札を用意したら、霧吹きで全体に湿らせます。

当て布を敷き、お札が焦げないよう、中温程度でしわを伸ばします。新札と同じようにはなりませんが、多少シワが伸びます。

ひとくちメモ

ちなみにお年玉袋(ぽち袋)のお金を入れ方にもマナーがあるんですよ。

やり方は簡単です。

紙幣の肖像(顔が移っている面)が表です。おもて面が開いた時に見えるよう、この面を内側に折ります(左折→右折の順に3つ折り)。

折り目は軽くふわっと折る位で十分です。

お年玉袋を表(お金を入れる口側を上)に向けて、折った紙幣を上から上下が逆にならないよう、入れます。

これで完了です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする