プリンターはメーカー?インクで賢く選ぶ?プリンター捨て方情報

printer
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

プリンターを新しく買うとき、または壊れたプリンターの買い替え時に悩むのが、次はどこのプリンターを買うか?ですよね。

同じメーカーにするか、別のを買おうか?値段や大きさ、印刷のキレイさなど、選ぶ選択肢が色々あり過ぎて迷ってしまいます。

そこで新しくプリンターを買う時に、知っていると役立つ情報をピックアップしました。

スポンサーリンク

プリンターメーカー4社の違いで選ぶ

プリンターと言えば、キャノン、エプソン、ブラザー、ヒューレッドパッカード(HP)の4社。

きれいな写真印刷をしたい人は、キャノンかエプソンがオススメです。年賀状や暑中見舞い、デジカメ写真の印刷など、発色が格段に良く、色の保持度もいいのは、この2社が断トツ。

aka-fingerエプソン見分けるポイント!型番をチェックせよ
エプソンの場合、機種名に「EP」の文字があれば、染料インクを、機種名に「PX」の文字が付いていれば、顔料インクを使用しています。

2つのインクの違いは何なのでしょう?それは、染料インクは用紙に染み込むので、光沢用紙などに印刷する場合、質感が出てきれいな印刷が可能になります。

反対に顔料インクは用紙に染み込みにくいのでにじまず、広がらずくっきり印刷される特性があります。つまり文字をくっきりキレイに印刷できます。

エプソンは全色染料インクか、顔料インクのみの機種どちらかなので、写真印刷メインなら、EPシリーズを、文章メインならPXシリーズで探しましょう。

aka-fingerキャノンはどうなの?
黒印刷には顔料インクが使用されているので、滲まずクリアな印字ができ、カラーインクは染料インクで高発色の印刷ができるのが特徴です。文字+写真印刷するなら、キャノンがおすすめ。

aka-fingerブラザーは?
プリンターに電話やファックス機能が付いているのが特徴のブラザー。1台で2役・3役のお役立ち家電を求めるなら、ブラザーで探してみましょう!

aka-fingerヒューレッドパッカード(HP)は?
外出先から自宅のプリンターへメールを送信しておくと、印刷してくれる機能(ePrint)があります。こういったちょっと特殊なことができるのがHPの特徴です。

純正と互換インクどっちがいいの?

プリンターを購入後、誰もが悩むことの1つがインクの値段。純正がいいのは分かっていても、価格の安い互換インクも捨てがたい…。

ただし互換インクは、プリンターの故障やインク詰まりなどトラブルも多く、保守契約期間中であっても、メーカー外のインク使用での故障は有料になります。せっかく購入したプリンターが壊れてしまっては元も子もありません。

どうしても安い方がいい!という場合はトラブルを想定の範囲内として常に念頭に入れておくようにしましょう。

スポンサーリンク

それと発色の違いですが、専用に開発されたメーカーのインクとは確実に違います。特に写真印刷をするなら、純正インクに勝るものはありません。

プリンターメーカー各社に対するインクコストは誰もが考えることですが、結局のところ、純正の方が安心だし、トラブルの心配が格段に少ない、という流れになっているようです。

もちろん、互換インクを利用する人も多いので、個人の責任において納得できる場合は使用してみるのも、手です。

point1 ちなみに、同じメーカーのプリンターのインクならどれでも使えるのか?と思いがちですが、同じメーカーでも型番によって使用するインクやインクカートリッジの形、内蔵されているチップが違うので、使えるとは限りません。

もし大量に残っているなら、そのインクが使える型番のプリンターを新たに探すか、今あるプリンターを修理するか、オークションで売る、誰かにあげる、残念ながら捨てるかのようです。(o・・o)/

不要なプリンターの賢い捨て方は?

不要になった、壊れて使わなくなったプリンターってどうしてますか?押入れに眠ったまま、埃かぶってないでしょうか?

家庭で要らなくなった場合、メーカー引き取りはしていないので、個人で廃棄方法を考えなければなりません。まずは住んでいる地方自治体に問い合わせて、一般ごみとして捨てることができるか、確認してみましょう。

燃えないゴミ、資源ごみ、粗大ごみとして処分することができるかもしれません。ちなみに、筆者の自治体で確認してみると、プリンターは資源ごみとして透明の袋に入れて指定された場所に出せばOKでした。

point1 裏技アリ!便利な引き取り業者

家電リサイクル法が施行されてから、多くの家電製品に処分費用がかかるようになりましたよね。ですが不要なパソコンを無料回収してくれる業者があります。

液晶ディズプレイ、デスクトップPC、ノートPC、薄型テレビ、ハイスペックゲーム機、エレキギターなどの対象品目があれば、使わないプリンター(他にも色々アリ)を引き取ってくれる業者があります。
パソコン回収.com http://www.pc-kaishu.com/

プリンターは大きくて重いし、かさばるので、収納場所を占拠していることが多いですが、こういったサービスを使えば、対象商品を含む不要品があれば、プリンターを処分することができるので、非常に便利です。

回収されたプリンターやその他の製品はすべて、リユース、リサイクルされています。気になるパソコンのデータですが、消去専用ソフトもしくは電磁破砕機にかけられ消去されます。

ひとくちメモ

型番に意味があったり、インクによって用途が違うなど、知らずにいると値段や大きさで決めてしまいがちですが、ちょっとした知識があれば購入時に迷った時、決める手立てになったりするので、ぜひ活用して下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする