レインコートの中で自転車で足濡れないのは?男女兼用で人気なのはコレ

jitensya_kappa


通勤・通学、保育園などの送り迎えなど、雨の日の自転車って足が濡れたりしませんか?

靴が雨で濡れたり、ヒザ下がビショビショになったり、濡れたあとの気持ち悪さったら、もぅ、何とも言えないものがありますよね。。。

そんな時に見直してほしいのが、レインコートです。選ぶ基準をちょっと変えると、解決しやすくなるんですよ。

自転車で足が濡れないレインコートの選びかたは?

どんな基準でレインコートを選べば、自転車でも足濡れしないんでしょうか?

選択ポイントは、レインコート丈が長いものを選ぶこと。こうすることで、体全体のカバー率が断然高まります

長すぎるとジャマじゃないかな?と心配になりますが、ある程度丈が長くないと、足塗れを防げないんです。

今回は色々なレインコートの中から、特に機能性も高く、足濡れしにくいアイテムを紹介します。

レインコート選びの参考にして下さいね。

老舗レインウェアメーカーのレインポンチョ

オススメのレインウェアが、このレインポンチョ。

実はコレ、かなりのスグレモノ機能を持っていて、レインコートとレインポンチョのいいトコどりしたレインウェアなんです。

↓↓↓

ポンチョってスポッと頭からかぶるタイプで、ふつう「袖」がありませんよね。

でもこのレインポンチョ、形はムササビのようなドルマンスリーブ型のいわるゆポンチョ・・・なんですが、ちゃんと袖があるんです。(しかもこの袖口の部分に隠れ機能付き)

たとえば自転車に乗って前傾姿勢になっても、袖があるのでウエアが前方向に引っ張られても窮屈に感じにくいんです。だから着心地もとってもGOOD。

袖口にはちょっとした「隠れ機能」が施されていて、手の甲が濡れないよう、共布でカバーできるようになっています。

しかも風でめくれないよう、裏側に「なるほど~!」なひと工夫が、、、。

これなら自転車を漕いでいても、向かい風でめくれにくい!

また背中から腕にかけて、反射パイピングが付いているので、夜間の運転にも配慮されて作られています。

雨の日は自転車を運転する側も、車を運転する側も、視界不良になりやすいもの。反射パイピング付は、ウレシイ機能ですよね。

さらにこのレインポンチョ、丈が長めに作られています

男女兼用のフリーサイズで、着丈サイズは116センチあります。

身長160センチ・167センチのモデルさんだと、膝が完全に隠れるくらいなので、自転車を漕いでいても足濡れしにくい長さです。

レインポンチョの基本性能・まとめ

◆丈が長め(着丈:116センチ)

◆背中に反射パイピングされている

◆手の甲の濡れ防止カバー付

◆フリーサイズ・男女兼用

◆色は全7色

◆ポンチョだけど袖がある

◆防水処理されている

生地には防水処理され、 裏地に塩化ビニールを貼り合せてあるので、長時間の雨でもしみず、しっかり雨を防いでくれます。

このレインポンチョ、リュック等を背負ったとき、丈が短くなる分も考慮されているようで、後ろがちょっと長めのデザインになってバランスが取れるようになってます。

至れり尽くせり、、、

色は全7色あります。基本の3色とWeb限定カラー4色です。

  • ワイン
  • ブラック
  • ラベンダー
  • アイスグレー(Web限定カラー)
  • モカ(Web限定カラー)
  • ローズピンク(Web限定カラー)
  • ライトカーキ(Web限定カラー)

実際に購入した人の口コミをまとめました。参考にどうぞ~

↓↓↓

口コミをチェック!

◆どんなに豪雨でも雨が浸透してこないし、サイズも大きいので、保育所送迎時などは夫とも兼用できそう

◆感動したのが、袖口の中に手の甲をガードする隠しアイテムが潜んでいた事!今まで買った中でとてもよかった

◆しっかり防水してくれるので、雨がしみてこない

◆縫製も丁寧、所々に反射テープがあり夜道も安心。重めな生地のお陰で自転車に乗っても風に煽られず、手首から雨水が入らないようマジックテープ付なのも良かった。巾着付属で収納も便利

◆防水機能に満足!安いポンチョはひらひらして長さも足りずダメでしたが、これはほどよくひらひらせず、長さもあるので膝が濡れない

◆制服を着てリュックを背負い、その上から着ると身幅はちょうどいい。ズボンの濡れを防いで、素材もしっかりしていて強雨も防いでくれそうな頼もしさ。リフレクター付で夕方の暗い下校も安心。自転車通学の学生さんにおすすめ

◆6年前購入しましたが破れず丈夫。他の色も欲しくなり追加購入。手のカバーはすごく便利です

◆自転車運転時の足さばきも特に問題なく、手の甲のカバー、手首をしめるマジックテープも便利。
生地の厚みもしっかりして、裏側は雨の浸透を防ぐ防水加工のようになっていた

口コミレビューも非常に多くて、その数なんと「4桁」に達してます!

星の数ほどあるレインコートの中でも、人気もあって、実績のあるアイテムなんですよ~。

今あるレインコートを活用したい

レインコートはまだ着れるから、できれば買い替えたくない。でも足が濡れるのはイヤなんだよなぁ、、、

そんな時に威力を発揮するのが、このコンパクトな「長靴(レインブーツ)」

↓↓↓

「見た目、全然コンパクトじゃないじゃない!」

そうなんですよ。見た目フツーにジャマになりそうなレインブーツなんですが、実はコレ、クルクルっとコンパクトに折り畳めるんです。

一般的な長靴よりも軽量で、素材もやわらかいから、自転車でペダルを漕いでも、足首に負担がかかりにくいんですね。

色は全部で3色・5サイズ展開。女性から男性まで幅広く対応してます

↓↓↓

【カラー】・・・イエロー・ネイビー・カーキ

【サイズ】
S(22.5-23.0)
M(23.5-24.0)
L(24.5-25.0)
LL(25.5-26.0)
3L(26.5-27.0)

使わない時はクルクルっと丸めておけるから、靴箱収納でも高さが入らず横置き、、、なんてジャマになる事もありません。(収納袋付です)

車のトランクに入れておいたり、置き傘のように、「置き長靴」にしたり、外出先に気軽に持ち運びするのもラクラク。

このレインブーツがあると、「生活に密着」した利用がもっと増えると思いますよ。

先ほど紹介したレインコート(レインポンチョ)に、このレインブーツを履いたらトータルで隠れるので、足濡れない最強コンビになりますよね。

パンプスや布地の運動靴は雨の影響を受けやすいし、革靴は水に弱いです。

レインブーツがあれば、そういった心配もしなくて済みますね。

朝は雨が強いけど、天気予報では午後から雨がやむ、、、

そんな時って、長靴を履いて出かけるべきか悩みますが、丸めて収納できる長靴なら迷わず履いて「いってきます!」できますね。

さいごに・・・

道路交通法が改正されて、傘さし運転には罰金が科せられるようになりました。

傘なしで自転車を運転するので、レインコートは雨に当たりっぱなしになります。

はっ水加工程度のレインコートだと、使っていくうちに中まで雨がしみやすくなり、足濡れだけじゃなく服濡れまで、、、なんて心配までしなきゃいけません。

何度も買い替えなくていいように、レインコート選びには生地や加工状態をしっかり見て「長く着れる」ものを購入したいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする