梅雨のディズニーランドは楽しめる?服装・靴・持ち物は?

dystuyu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

梅雨時期のディズニーランド、もし雨が降っても楽しめるんだろうか?

せっかく来園するなら、晴れた時のように楽しむために、知っておくこと、準備しておくものを事前チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

梅雨のディズニーランドは楽しめる?

せっかくなら晴れてお天気のいい日に行きたい場所ですが、梅雨や雨の日のディズニーランドには、みんなが避けるからこそオイシイメリットもあります。

アトラクションは雨が相当ひどくない限り動くので、上手くそこを利用しながら、雨を武器に、ディズニーランドで楽しく過ごしましょう!

ディズニー攻略の鉄則ルール、としてよく言われるのが、

  • 台風
  • 大雨
  • 突風
  • 20時過ぎ

こんな気象条件下では、多くのアトラクションが5分と待たず、乗れたりすることだってあります。

1つのアトラクションに乗るのに、100分待ちなんてザラな事も多いですが、待ち時間が短くなるのは、雨の日効果ですね・・・。

小雨程度の雨であれば、ここまで恩恵は無いかもしれませんが、雨が降ったら行くのを延期するゲストも多いので、いつもより空いているパークで過ごせる可能性大です。

ちなみに小さな子供連れや、ベビーカーに乗せる位の小さな子供さんがいる場合、雨の日はあえて避けるか、寒さで風邪や体調を崩さないよう、完全対策をして行くようにしましょう。

ただし雨の状況によって、パレードは中止されることがあるので、それがメインな人にはおすすめできません。

雨でゲストが少なければ、パレードの場所取り不要で見れたり、雨の日限定パレードや、レアなショー、レインコートを着たキャラクターが見れたり、グリーティングが多かったり等々、色々なメリットもあるので、ぜひ楽しんで来て下さいね。

キャストの方も時間的に余裕があるのか、ちょっとした待ち時間に話しかけてくれたり、室内アトラクションなら雨に関係なく楽しめます。

雨の状況によっては中止のアトラクションもありますが、こういう時は「割り切り」がとても大切。

今あるもので楽しむ。これすごく重要ポイントです。

梅雨のディズニー 服装や靴は?

梅雨や雨の日の服装は、意外と大事です。

暑ければ脱げますが、寒くて着るものが無いのは致命傷です。

なので普通の天気予報にプラスして、風の予報もチェックしておいて下さい。

ディズニーランドは隣が海なので、風が強くて寒く感じることもあるからです。

服はどうする?

雨が降ると気温も下がり、肌寒く感じるので薄手のカーディガンやジャケット、ブルゾンなどを用意していきましょう。

ストールなども小さく畳めてジャマにならず、首に巻いたり、膝にかけたり、あると重宝しますよ。

半袖、半ズボン、短いスカートは、1日パークで過ごすには、体を冷やしてしまいます。暖かい服装を心がけて下さい。

靴は?

当日の天気によって、大きく変わるのが靴です。

レインブーツやレインシューズであれば、雨が降っても靴の中まで濡れず快適です。

パンプスや運動靴などは濡れるとずっと不快なので、替えの靴下やストッキングを用意したり、運動靴には防水スプレーをかけたり、防水シューズカバー等があると安心です。

スポンサーリンク

梅雨のディズニー 持ち物は?

雨の予報が出ている日は、目立つ所にレイングッズが置かれているので、急な雨降りにはパーク内で何かしら対処できます。

快適に過ごすためにも、当日の天気予報に合わせて、準備は万全にしておきたいですね。

もし晴れて荷物がジャマになったら、ロッカーを利用しましょう。

お天気によって、微妙に変えたいのが傘の種類です。

行く時は小雨だけど、午後から晴れる予報なら、折り畳み傘の方がオススメ。

逆に1日中雨降りの日なら、長い傘の方が使い勝手がいいです。

カッパ

アトラクションに乗る際など、毎回着脱の面倒さがありますが、風邪が強いと傘が使えないので、カッパがあると便利です。

またアトラクションに乗る時に、脱いだカッパを入れておける、大き目の袋を持参しておくといいですよ。

ポンチョ

パーク内でも売られていますが、傘の他にポンチョも併用すると、濡れ率がグッと下がります。

ただし、ポンチョは仕様上、ふわっとした形なので、強風で舞い上がってしまうと、濡れやすい欠点があります。(ちょっとカッコ悪いけど、洗濯バサミで挟むと快適ですよ!)

当日の天気予報で、風の強さもチェックしておきましょう。

レインブーツ・レインシューズ

雨で靴が濡れて中がズブズブになると、気持ち悪いし、テンションも下がりますよね。

雨が降っても靴の中まで濡れないよう、レインシューズやレインブーツを履くか、用意しておきましょう。

レインブーツは使わなければジャマになりますが、中には折りたためるタイプもあります。

持ち運びもラクだし、要らなくなった時に折り畳めるので、とにかく便利!>>> 超便利な折りたたみレインブーツ

カバン

傘をさして手荷物を持っていると、両手がふさがってしまい、とても動きづらいものです。

そんな時に利用したいのが、リュックや肩掛けバッグ、ウエストバッグ、ボディバッグなど手に「持たないバッグ」です。

雨の日は特に、こういうバッグを積極的に活用しましょう。

履き替えアイテム

もし濡れたら履き替えられるように、着替え、靴下、Tシャツ、タオルなど追加で持っていきましょう。

雨が降ると、周りの傘からの水滴で濡れたり、カッパやポンチョを脱ぎ着するたびに濡れるので、タオルが大活躍します。

追加で持っていくといいですよ。

ひとくちメモ

雨の日は、屋根のあるスペース、レストランは混み合います。
夕食はだいたいどこのレストランも5時過ぎから混むので、5時半前には行っておきたいところ。

ディズニーランド、シー、ディズニーアンバサダーホテル、ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、イクスピアリの一部のレストランで実施されている、PA(プライオリティ・シーティング)を利用せず他で昼食を取るなら、ちょっと早目の11時頃だと比較的空いていることが多いですよ。

ぜひ楽しんできて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする