レインコートで自転車通学 選び方は?顔が濡れない方法は?足元の濡れ防止対策は?

rainwear


交通法規が変わり、危険運転をすると摘発回数を超えた場合、有料講習が義務づけられることになりました。

傘差し自転車もその範疇に入り、対策としてレインコートが必要になりました。雨の日を安心・快適に過ごせる、レインコート選びを紹介します。

レインコートで自転車通学 選び方は?

雨の日の自転車通学でのポイントは、いかに雨に濡れずに学校に到着できるか?ですよね。

選択肢は主に2つあります。

  1. レインコート
  2. レインポンチョ

どちらもそれぞれ特徴があります。順番に見ていきましょう!

レインコートは?

レインコートにはズボンの有る・無し、両タイプがあります。

ズボンが無いタイプのレインコートは、雨が強いと膝下を中心に足がズブ濡れになりやすいので、丈が長めのタイプを選ぶと濡れにくく後々快適です。

着た状態で丈が長いと、長過ぎるかな?と感じますが、立った状態と自転車に乗って丁度の長さは違います。

ちょっと長めかな?くらいが濡れない長さになるので、その分も考えながら選びましょう。

また雨の日にリュックを背負う人は、サイズピッタリを選ぶとリュックの厚みの分、キツクなるので、その辺を考慮して選んでくださいね。

レインポンチョは?

レインポンチョの場合、パンツが無い分着脱が簡単ですが、足全体が濡れやすいデメリットがあります。

対策としては、丈の長いものを選ぶのがポイント

自転車の前かごまでスッポリ覆えるくらい長さがあるもの等を選べばポンチョでも濡れにくくなります。(今はこのタイプが多いです)

自転車走行時に風の抵抗を受けたり、ペダルを漕いでいると裾がまくれ上がって、ずぶ濡れになりやすいので長い方が安心です。

また生地が地厚な方が、風が吹いてもその重みがストッパーとなって、裾がめくれ上がりません。

100%足元が雨に濡れない、という訳にはいきませんが、長めのポンチョである程度はカバーできます。

足濡れ対策には別対応で!オススメはこの2つです。

雨の日の長靴は、帰る頃に晴れていると、ジャマですが、折り畳める長靴は今までに無い便利さでビックリします。

これから下駄箱に入らない、なんてこと無いのでは?

撥水・防水どちらがいいの?

レインウェア(合羽)は値段もピンキリですが、撥水(はっすい)と防水の2種類のタイプがあります。

2つの違いをまとめると・・・。

【撥水】通気性を保ちながら、水は通さないように加工

【防水】生地表面をコーティングし、水を通さない加工

確実に濡れないためには、防水タイプが一番ですが、強いて言えば空気を通さない分、通気性が悪いのがデメリット。

ただし長時間の雨でも濡れずに安心・快適に過ごせるメリットは大きいですよね。例えばコレは防水加工タイプ>>>男女兼用!袖のあるレインポンチョ

反射テープって必要?

また合羽自体に、反射テープが付いているとより安心ですよ。

雨の日で視界が悪いのは、自転車も車も同じです。

車が気付くのを期待するより、先に自分の存在を知らせる事が出来れば、事故を未然に防ぐ確率も高まります。

レインウェアに反射テープは無いよりあった方が暗くなる時間帯も安心度が高まります。

調節ヒモはあった方がいい?

レインコートのフードに調節ヒモやマジックテープがあると便利。

顔幅を調整できるし、フードを被った時脱げにくくなり、頭や顔が濡れるのを防いでくれます。

雨の日自転車で顔が濡れない方法は?

雨の日に自転車で困るのが、レインコートのフードをちゃんと被っても、顔や髪の毛が濡れてしまう事です。

セットしたスタイルが崩れたり、ハネたり、1日憂鬱な気分でで過ごさなくてはなりません。

そんな時は、ドライヤーやヘアアイロンを持参して再セットするといいですよ!30分前に学校到着してヘアセットすると、1日残念ヘアで過ごさなくて済みます。

コンタクトや眼鏡の人には、自転車での雨通学は大変ですし、キレイにメイクしても、顔が濡れて化粧崩れしたら、ちょっとガッカリですよね。

そのためにも、レインコートを選ぶ際は、フード部分もしっかりチェックしましょう!

レインコートやポンチョ等、フード部分にキャップ帽のようなツバが付いているタイプがあります。新しく買うならこのタイプがオススメ。

できればこのツバ部分が透明の方が視界が広くなるので、運転しやすいです。

フード部分に調節のできるヒモやマジックテープ等が付いていると、顔幅に合せ調節できるので、自転車の運転中にフードが外れて、濡れる確率が下がります。

専用のプロテクターを使うと、雨から顔が濡れるのを防いでくれて非常に便利です。

雨除けはもちろん、風除けにもなり、透明なので視界が広く見やすいのがコレ>>>雨をブロックするレインクリアバイザー

見た目はゴツいですが、顔濡れしないので、がっつりマスカラしてても安心。

すでにレインコートがあるなら、新しく買い替えるよりこういったグッズを買い足した方が、ムダになりません。

顔が濡れないようにするために、フードを被るのは必須ですが、その分通常よりも視界が狭くなったり、周りの音が聞き取りにくくなります。

自転車走行中はスピードを落として、安全運転で通学してくださいね。

レインコートで自転車の足元の濡れ防止対策は?

レインコートはサッと着れるけど、ズボンは着脱が面倒なので、利用しない人も多いですよね。

でも雨足によっては、学校に着いたら足がずぶ濡れ…なんてことも。

長靴だと自転車が漕ぎづらい、という人にオススメなのが、先ほども紹介した、防水足カバー>>>靴まで濡れないシューズカバー

朝は雨が降っているけど、帰宅する頃にはやんでいる、長靴は後でジャマになるので履きたくない人は、あると便利なアイテムです。

それ以外にも使えるのが、洗車する時。

洗車って、足元が濡れたりしませんか?そんな時にこの自転車用の足方カバーを使うと、安心してザブザブ洗えますよ!

ひとくちメモ

雨の日の自転車通学を快適にするには、レインコートやポンチョは欠かせません!

個人的な経験から考えると、見た目より機能性を重視した方が、後々長く使えて、雨の日もラクラク自転車通学できました。

ぜひ自分にピッタリ合う、お気に入りの合羽を見つけて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする