冷蔵庫 一人暮らしなら容量は?野菜室は要る?節電は?

reizoko1ri
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

一人暮らしに必須の家電の1つでもある、冷蔵庫。

サイズはどの位がいいのか?必要な機能は何なのか?

単身住まいと家族で使うサイズは全く違うため、分からないことも多いものです。

簡単に買い替えするものではないので、しっかり確認して、納得してから買うようにしましょう!

スポンサーリンク

冷蔵庫 一人暮らしなら容量は?

自炊しない、食材も買い込まない。そんな場合は小サイズで十分です。

例えばホテルに設置されている、飲み物だけが冷蔵されている小型の冷蔵庫です。

多少は何か買って冷蔵したり、自炊をする人、意外と利用する冷凍庫の活用を視野に入れるなら、120~200L前後の容量を考えるようにしましょう。

食材のまとめ買いで食費を節約したり、まとめて作ってストックしたりすると、それなりに容量が必要になるからです。

また庫内をギュウギュウ詰めにすると、冷えが悪くなり、電気代も負荷がかかってしまいます。

スペースが許すなら、少し大きいかな?と思う位の容量がオススメです。

我が家の場合を例にとると、ピッタリかちょっと小さいかな?というサイズを選んだら、使うにつれて見事に容量が足りなくなり、冷蔵庫の空きを考えながら、お買い物をしなければならなくなりました。

お料理をする人は、頻度や程度にもよるので一概には言えませんが、リアル店舗で冷蔵庫のサイズや容量を一度チェックするといいですよ。

冷蔵庫 一人暮らしに野菜室は要る?

お料理をほとんどしない人であれば、野菜室は基本的に不要です。

この部分が無いと、小型サイズの冷蔵庫で十分間に合うと思います。

一般的な小型の冷蔵庫であれば、飲料水やアルコール、調味料類、野菜、フルーツ、ストック類、冷凍食品など、必用な物は入ります。

野菜室の無い小型の冷蔵庫になると、冷凍庫も比較的少スペースのため、ストックできる量も限られてきます。

スポンサーリンク

もちろん冷蔵室に野菜を入れることができますが、肉や魚と違って、野菜はちょっとかさばる為、庫内がすぐいっぱいになりがちです。

お弁当や自炊を毎日する人なら、うまく利用すれば問題ありませんが、「もうちょっと広ければなぁ」と思うときはあるかもしれません。

自炊した方が、健康にも、お財布にもプラスになるので、一人暮らしをキッカケに、お料理を始めてみてはいかがですか!

一人暮らしの冷蔵庫の節電は?

一番重用なのが、最初の冷蔵庫選びの段階です。

省エネタイプの冷蔵庫をチョイスすることが肝心です。

そしてその新しい冷蔵庫を設置する際、壁にピタッと密着させてしまうと放熱しにくいため、余分な電力を消費します。

左右と後ろを5センチほど空間を開けて、放熱スペースをつくるようにしましょう。

特に夏場は外気温・室温ともに熱くなり、冷蔵庫に負荷がかかります。

夏に冷蔵庫の両サイドを触ると、かなり熱くなっています。

冷蔵庫の両サイドが壁にピッタリ付いた状態は、この熱を逃がすことが出来なくなってしまうのです。

また何度も開け閉めを繰り返したり、開けっぱなしの時間が長いと、冷気が外へ逃げ出してしまいます。

その度に、冷蔵庫は庫内を冷やすために、負荷がかかり余計に電気を使います。

これを避けるには、ドアの開閉は素早く!これがお約束です。

ちょっとしたことなんですが、「チリ積も」で後で地味に効いてきますよ。

ひとくちメモ

製氷機の機能はあると便利ですが、どうしても冷蔵庫サイズが大型になってしまいます。

特に一人暮らしなら、製氷皿で作るか、コンビニのロック氷の利用で構わないなら、製氷機能は不要でしょう。

実は静音性や省エネ、スリムサイズなどの方が意外と重要です。音に敏感な人は、必ず騒音の有無をチェックして下さいね。

またお住まいの階数やエレベーターの有無によって、送料が変わる場合もあるので、あわせて考えることもお忘れなく!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする