リンパの流れが滞ると?老廃物を排出するには?どこへ流れていくの?

rinpamassa
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

体の中をくまなく流れている、リンパ。

その働きはあまり知られていませんが、とても重要な働きをしています。

リンパの役割を知って、トラブルを解消することで、さまざまな体の恩恵を受けることができます。

リンパをもっと知って、身近に感じてみませんか?

スポンサーリンク

リンパの流れが滞るとどうなる?

指の先まで、毛細血管以上にくまなく巡るのがリンパ液です。

リンパ液の主な役割は、カラダで不要になった老廃物や外から入ったウイルス・病原体、余分な水分など、不要な物を回収する役割があります。

体にとってゴミを回収してくれる、「下水管」のような存在がリンパです。

このリンパが滞ってスムーズに流れなくなると、体に老廃物や不要な水分がたまり、むくみにつながっていきます。

溜まったむくみは冷えなどを併発し、代謝が落ちたり、肌が荒れたり、脂肪が付きやすくなる等、健康面・美容面に大きな影響が出てきてしまうんです。

リンパの速度

そんな重要なリンパですが、体内を流れる速さって知っていますか?

血液は約1分ほどで体内を1周しますが、リンパ液の流れは真逆。

とても遅くて、6~8時間ほどで体内を一周するという速度。・・・とてもゆっくりしていると思いませんか?

リンパ液は、歩いたり、運動などで生じる、筋肉の収縮によるポンプ作用でゆっくりと流れます。

ただし元々の流れがとてもゆっくりしているので、ちょっとしたことで滞りやすくなります。

例えばデスクワーク等での座りっぱなし、立ちっぱなし等の同じ姿勢、体を動かさないとリンパの流れが悪くなって、老廃物が溜まりやすいカラダになります。

また睡眠中、緊張時、寒い時などは、さらにリンパの流れが悪くなり停滞します。

冬時期や通年で冷え性に悩まされている人、冷たい飲み物を常飲する人などは内臓が冷えやすいので、冷たいものは極力控えてるようにして下さいね。

体が冷えると血流が悪くなり、それが少なからずリンパの流れにも影響を与えかねないので、要注意です。

リンパの流れを改善するには?

滞りがちなリンパの流れを改善するには、特に下記の2つに気をつけましょう。

  1. 運動する
  2. 体を温める(冷やさない)

運動する

まずは運動や体を動かすことが一番近道です。

特に下半身である「足」を動かすことで、ふくらはぎ等の筋肉の収縮・弛緩ががポンプの役目を果たし、停滞したリンパの流れをスムーズにします。

  • ウォーキングで毎日20~30分歩く
  • 屈伸運動
  • つま先の上げ下げ
  • 両肩をグルグル回す

ちょっとした運動からカンタンな動きまで含めて、体を動かせば筋肉が動いて、リンパが流れやすくなります。

同時に運動すると血流の流れも良くなるので、末端まで血流が流れやすくなるメリットがあります。

自分の老廃物は自分でしか処理できません。

動いて伸ばして、筋を収縮・弛緩させながら、カラダがよどまないよう動かすクセをつけましょう!

体温を上げる(体を冷やさない)

体温が低いとリンパや血流のめぐりがとても悪くなり、美容や健康、体の各器官へも影響を及ぼします。

スポンサーリンク

現代人の体温はだいたい36度前後。35度台という人も多いですよね?

50年前の平均体温は?・・・というと、なんと36.8度!現代人は昔の人に比べてかなり低体温になってきているんです。

体温が低いと免疫力も弱くなり、外部から侵入したウイルスが優位になり、風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなります。

リンパは最終的に血液となって体を巡りますが、体温が低いと血流自体が滞りやすくなり、全身をくまなく巡る事が出来ません。

血液とリンパの流れはいわば、ワンセット。

両方の流れを良くすることがカラダにとって大切です。

リンパの老廃物はどこへ流れていくの?

リンパ液は毛細血管の届かない部分まで、老廃物を回収する役目がありましたよね。

もう少しだけ詳しくリンパについて見てみましょう。

リンパ液はリンパ管を通って流れていきますが、体の各要所に「リンパ節」と呼ばれる、関所を通りながら、全身をくまなく巡っています。

このリンパ節に流れて来た、リンパ液に含まれる老廃物やウイルスといった「悪者」は、ここで退治され、キレイなリンパ液にして、鎖骨下の静脈角という所から静脈に流れ、血液と一緒に心臓に運ばれ、動脈の血流にのって再び体を巡っていきます。

リンパの老廃物を排出するには?

日々ゆっくりと、リンパは体内を流れていきますが、生活環境によってはその流れを阻害して、冷えやむくみ等のトラブルが起こる場合があります。

そんな時オススメなのが、リンパマッサージや運動です。運動する時間が無い人はマッサージが有効です。

足のリンパマッサージの例を紹介します。

カンタンなので動画を見ながらぜひ試してみて下さい↓↓↓

関所である「リンパ節」に向けてマッサージすることで、日中滞った老廃物を押し流すことができます。

もともとリンパは滞りやすいので、日頃から「流す」ケアがとても重要なんです。

毎日マッサージなんて、結構メンドウだな…と思うかもしれませんが、テレビを見ながら、ちょっとしたスキ間時間でできるので、とても気軽にマッサージできます。

後はこれを毎日のケアに加えて、慣れるだけです!

主要なリンパ節のある場所

特に重要なリンパ節を紹介しますね。

  • 鎖骨(鎖骨リンパ節)
  • ワキの下(腋かリンパ節)
  • お腹(腹部リンパ節)
  • 太ももの付け根(そけいリンパ節)
  • 肘(肘リンパ節)
  • 膝関節(膝かリンパ節)

関節周辺にあるんだ、と覚えておくと忘れにくいですよ。

特に鎖骨には全身に張り巡らされたリンパ管が集まる、重要なリンパ節です。

ここの詰まりを取り除き、流れを良くしておくことが、マッサージで老廃物を排出するために、とても重要です。

ひとくちメモ

リンパ液やリンパ節など、あまり聞き慣れない名称ですが、体にとっては無くてはならない存在です。

リンパ液は老廃物の他に、脂肪やウイルス、乳酸と呼ばれる疲労物質など、体にとって不要なものを運んで、排泄器官へと送ってくれています。

運動と体の温めは重要です。内側から温めて、カラダに溜めない生活を送りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする