老眼の回復はメガネで出来る?パソコン画面対策は?老眼トレーニングって?

rougankyo
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

パソコンやスマホなど目の酷使が原因で、早い人は30歳台から老眼が始まる人が増えてきました。

老眼は加齢や目の酷使で進行が進むと、悪化が避けられないのでしょうか?

少しでも長く目の健康を保つために、老眼の改善策や回復方法を紹介します。

スポンサーリンク

老眼の回復はメガネで出来る?

老眼は近くのものが見えにくくなり、距離を離して見ないとはっきり見えない状態を言います。

こうなった時、老眼鏡を利用するのが一般的ですが、できれば使いたくない!という人もおおいですよね。

使えばモノが見やすくなりますが、それ(老眼鏡)に慣れてしまうと、目は「見よう!」としなくなるため、これまで見えていたものまで見る力が落ちてしまいます。

回復するどころか、今より悪くなる可能性も秘めているんです。

確かに近くをメガネ無しで見ると、ボヤけて見えないのでストレスを感じたり、日常生活に支障があるかもしれません。

対策としては、完全に老眼鏡だけに頼らず、裸眼(メガネ無し)で見るよう心掛けることです。

ポイントは、自力で目のピント調節を合わせる機会をできるだけ作ります。目を衰えさせないためには、常にちょっと負荷をかけること。

老眼の回復、進行を抑えることを第1にを考えるなら、老眼鏡に慣れ過ぎないことが大切です。

どうしても必要なときだけメガネをかけ、それ以外は使わず意識的に「見る」訓練を欠かさないようにしましょう。

老眼のパソコン画面対策は?

パソコンやスマホを長時間使用していると、必然的に目を酷使するようになります。

紙の文字を見るより、パソコンやスマホ画面を見ると、通常の2~3倍も目を疲れさせてしまうようです。

その原因は、機器から発せられる光です。

普段無意識に見ているパソコンやスマホですが、実はその画面そのものが非常に明るく、人工的な光をたくさん受けることで、目に大きな負担をかけています。

それが疲れ目や眼精疲労、肩こり、頭痛、目のかすみ、そして老眼など、目かかる負荷から生じたトラブルが多方面に飛び火し始めます。

一番の改善策は、パソコンやスマホの使用時間を減らす事です。

目の痛み、疲れ、かすみ目など危険信号が出たら、目からSOSのサイン。できるだけ使わないようにしましょう。

画面までの距離をあける

目から画面までの距離も大切です。

デスクトップパソコンは、画面とキーボードが別れているため、画面と自分との距離を調節しやすいですよね。

ですが一体型のノートパソコンは、画面から自分の距離が近くなり過ぎるので注意が必要です。

距離が近過ぎると、画面から発せられる強い光が目に悪影響を及ぼします。

改善策の1つが、目と画面の距離を離すことです。

ノートパソコンはキーボードが一体化しているので離せませんが、別売りのキーボードを利用すれば、画面とかなり距離を取れるのでオススメです。

改善策2つ目が、パソコンやスマホの画面を通常より暗く設定することです。多少画面が見にくく感じまますが、徐々に慣れますし、暗さは調節できるので色々試してみて下さい。

スポンサーリンク

目が受ける光の影響を、抑えることができます。

設定後、元の明るい画面と、暗くした画面を見比べてみて下さい。まぶしく感じるのが分かりますよ!

目を守る小さな積み重ねが、目を守り、老眼の進行を抑えるストッパー役になります。

老眼トレーニングって?

年齢と共に、目の周囲の筋肉も体と同じように衰えてきます。

まずは目の運動をして、血行をよくしましょう!カンタンにその場で出来る、目のトレーニング方法をいくつか紹介します。

遠近トレーニング

本や雑誌、新聞などをできるだけ目から離して(60センチ程度を目安に)、息を吸い込みます。

そして息を吐きながら、本の文字がボヤけて所まで近付け、ぼやけたら又離すを繰り返していくと、最初より近付けても見えるようになります。

ポイントは呼吸です。

息を吐くとき筋肉がゆるんで、ピントが合せやすくなります。上記の遠近を繰り返していくと、近付けても以前より見えやすくなっていきます。

急に見える、というより「微差」で少しずつ変わっていくので、繰り返しトレーニングしてみて下さいね。

ぐーぱートレーニング

目をギュッーーとつぶり、パッと目を開けるを繰り返します。

目の血流促進にオススメです。

閉じ目トレーニング

目を閉じたまま、ギューっと目をつぶり、そのままの状態で、眼球を上・右・左・右上・左下・左上・右下の順に動かします。

これが血流促進や、眼球のストレッチになります。

穴開きメガネトレーニング

特殊な「穴あきメガネ」を利用して、老眼改善トレーニングする方法もあります・・・自宅でできる老眼改善メソッド

方法はとても簡単で、1日5分から20分ほどメガネをかけてモノを見るだけ。

テレビを見たり、本を読んだり、外の景色を眺めたり、、、

トレーニングというより、リラックス気分で見ればOKです。

このメガネ、メガネのレンズ部分に秘密があって、見えにくく負荷がかかるようになっているんです。

目の筋肉をほぐしてピントが合いやすくなったり、見る力を鍛えていきます。

老眼トレーニング同様、長く続けて、目を栄養面からバックアップしていきましょう。

ひとくちメモ

老眼になると、近くのものがボヤけて見えにくくなりますよね。

目に「まつ毛」や「ゴミ」が入ってしまった時、目がゴロゴロするので、何とかして取り除きたいと思っても、老眼だと裸眼でその「異物」が見えません。

細かい文字を見るのが億劫になったり、新聞や雑誌が読みにくく感じたり、今まで見えていたものが見えなくなるのは、イライラして本当にストレスですよね。

自分だけが分かる、老眼の不便さを少しでも解消するためにも、老眼改善トレーニングを続けて視力回復につなげていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする