ラッシュガードは日焼け防止になる?日焼け止めは必要?レディースの選び方は?

rushguard
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

暖かくなり、紫外線が強い季節になると気になるものといえば、紫外線ですよね!

日焼けしないよう、ケアは抜かりなく!そう考えているならオススメのアイテム、ラッシュガードで対策しませんか?

スポンサーリンク

ラッシュガードは日焼け防止になる?

ラッシュガードって、海やプールで着るアレでしょ?!という声が聞こえてきそうですが、もちろん、海やプールでの利用者が多いです。

でも、ラッシュガード自体の機能性と言えば、日焼けから肌を守ること。海やプールだけじゃなく、紫外線を防ぎたい時に利用すれば、日焼け対策に大活躍しますよ。

楽しんでいる時は紫外線に無防備

海やプール、バーベキュー、キャンプ、野外イベント、潮干狩り、夏フェス、旅行、登山、そして近所への買い物など。

実は日常生活のあらゆるシーンで、日焼けと背中合わせなんです。

たとえば、子育て中の忙しいママのお悩みの多くは、日焼け対策や日焼け止めの塗り直しです。

子供と一緒に過ごす中、ついつい自分の事は後回しで、ゆっくり日焼け止めを塗り直す余裕や時間が限られていませんか?!

そして日焼けの後遺症は、シミ、シワ、たるみ等、忘れた頃にアナタのお肌を襲うかもしれません。

そんな時こそ、ラッシュガード!

1枚着ておくことで、日焼け防止対策ができるし脱着もラク。かなり画期的なアイテムだと思いませんか?

日焼け止めと併用してダブルプロテクト効果も狙えます。

UVカット率はUPF値(説明は下記参照)の数字が高ければ、それだけ紫外線対策に優れていること意味します。

UPF値とは?

紫外線対策の先進国、オーストラリアやニュージーランドで使われている、衣類の紫外線保護係数をいいます。

紫外線や日焼けからどのくらい肌を守るか、を数字化したもので、現時点では「50+」が最高値です。

今までは顔や腕など、お肌に日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘などが基本の日焼け防止対策でしたが、ラッシュガードの登場で、紫外線対策がずっとラクになります。

めんどくさがりやさん、敏感肌で日焼け止めが塗れない人など、「着る日焼け止め」で普段から日常的に利用してみてはどうでしょうか?

私はラッシュガードを利用するようになり、日常生活で手放せなくなりました。真夏でも必ず着て外出し、室内に入ったら即脱いで日焼けを防いでいます。

生地自体がかさばらないので、ジャマになりにくいです。私はこのショップで買いました>>>UVカットしてくれるラッシュパーカー

ラッシュガードに日焼け止めは必要?

より完璧を目指すなら、日焼け止めも併用した方がいいでしょう。

もともとラッシュガードは、マリンスポーツ用に開発されたもので、体温の維持や紫外線対策などに優れています。

購入するラッシュガードにはそれぞれUV規格が記載されているので、必ずそこをチェックしてみて下さい。製品によってUVのパーセンテージの数値が少しずつ違っていたりします。

たとえば「SPF50+」とあれば、最高値を意味していて、これは紫外線量を通常より1/50以上軽減させてくれる、という事を意味しています。

スポンサーリンク

着る事でかなり紫外線から守られますが、100%では無いので、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶる、日傘をさすなど、より完璧に防ぐためのプラスアイテムを加えた方が効果的です。

ラッシュガードで守られている分、SPF値は低いけど、お肌には優しい日焼け止めクリームを使ったり、肌への紫外線を守るために最高値のクリームを塗るなど、ケースバイケースで使い分けてみてはどうでしょうか。

ラッシュガード レディースの選び方は?

ラッシュガードには色々な形や用途がありますが、水着や日常着の1つとして着るなら、ジャケット系の羽織るタイプをおすすめします。

  • 衿なし・または・立ち衿の付いたジャケット
  • パーカー

特に使い勝手がいいのがパーカーです。

水着にも日常着としても合わせやすく、フードが付いているので、紫外線を受けやすい首の後ろ側をガードしてくれます。

サイズの選び方

ラッシュガードは伸縮性のある生地で作られていますが、思ったより体にピッタリした感じで作られていることが多いです。

水着の上から着るだけなら、ピッタリサイズでも構いませんが、日常生活でも日焼け対策としても使うなら、中に洋服を着ることを想定して、ちょっと大き目のサイズも視野に入れておきましょう。

二の腕のサイズも考慮する

着てパツンパツンだと、腕が太く見られやすいです。
ちょっと袖周りに余裕があった方が、見た目も気にならないので、買うときは腕回りも気にしてみて下さい。

お腹周り

ファスナーを閉めた時、お腹のラインがモロ見えしないか、胴周りのサイズを確認するようにしましょう。

ラッシュガードは元々は水着の上に着るために作られているので、スリムデザインが多いんです。

購入時はサイズや商品レビューをしっかりチェックして、サイズアップを検討してください。(ちなみに私はワンサイズアップを購入しました)

丈の長さ

着た時の丈(長さ)がどの位か、大まかな長さを把握しておきましょう。

水着やパンツ類を履いた時、お尻が隠れる長さがいいのか?ヒップは見えてOK!スポーティに軽く羽織れる短めの丈がいいのか?で選択肢も変ってきます。

何色がいいの?

ラッシュガード自体にUVカットやUPF値の機能は付いています。

でも生地の色の違いによって、どれほど違いがあるのか?については詳しく書かれていません。

一般的な色での紫外線対策を考えると、黒や紺などの濃い色の方が効果が高いと考えられます。

ただし濃い色は太陽の光を吸収して、熱く感じやすいかもしれません。逆に白色は光を反射しますが、カメラのレフ板のように顔に反射して、光を受けやすい可能性があります。

紫外線を防ぐ目的で考えるなら、濃い色をオススメします。

手の甲も日焼けする

ついつい忘れがちなのが、手の甲です。

紫外線をカットしてくれる専用の手袋もありますが、ラッシュガードの中には、手の甲までカバーしてくれるものが色々販売されています。

手の甲は年齢が出やすく、加齢と共にシミができやすいパーツでもあります。

買うなら手の甲まで日焼け対策してくれる、一体型のタイプがとても便利ですよ。

ひとくちメモ

ウエアを着て紫外線対策できるのは、本当にカンタンで便利です!

着脱もラクなパーカーを着て、海、山、イベントなど、楽しい思い出をいっぱい作って下さいね!

スポンサーリンク