サージカルマスクの正しい使用方法は?N95マスクの違い?火山灰には?

na2kaze
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

風邪やインフルエンザ、花粉、PM2.5、火山灰など、あらゆるものから守ってくれる、サージカルマスク。

季節に関わらず、一家にひと箱ストックしている人も多いですよね。そんな重要なサージカルマスクの正しい使いかた、N95マスクの違いなどの基礎知識を紹介します。

スポンサーリンク

サージカルマスクの正しい使用方法は?

風邪やインフルエンザ対策に使われることが多いですが、もし咳やくしゃみが出ているなら、サージカルマスクで他の人にうつさないようにしましょう。

yokoyaji 表裏がどちらなのか?
意外とコレ、間違えている人が多いんですが、プリーツ(ヒダ)が下を向いている方が外側になります。上下逆さまに付けると、その効果がガクンと落ちてしまうので、気をつけましょう!

ゴムの装着面で見分けている場合も多いようですが、プリーツの向きだけ覚えておけば、失敗がありませんよ。

最近はピンクや青など、色付きも販売されているので、より裏表が分かりやすくなりました(色の付いた方が外側)。

そして自分に合ったサイズを利用することで、すき間をより小さくして、効果を最大限に発揮させましょう。

yokoyaji 正しい使用方法
マスクを顔に当て、ゴムを両耳に掛けたら、ノーズフィッターを鼻の形に合せます。ここでキチンと鼻に添わせることで、密着度を高めて、すき間を作らないようにします。

マスクの下側をアゴまで引っ張って、全体の調節をして完了です。

ちなみに、1日使用したら見た目はキレイであっても捨てましょう。その際、マスク外側にはウイルスが付着している場合がありますので、手を触れないよう気を付けて下さい。

サージカルマスクとN95マスクの違いとは?

基本的にサージカルマスクは、他人にウイルス(飛沫)を撒き散らかさないよう、利用するものですが、もちろん、周囲に浮遊する見えないウイルスから、身を守ることができます。

スポンサーリンク

難点は、マスクと顔の間で部分的に隙間ができてしまうこと。完全にフィットするマスクは、汎用品で見つけるのは難しいので、確実にフィットさせるよう、鼻部分のワイヤー等で調節しておきましょう。

対して、医療用マスク、N95マスクはサージカルより規格が厳しく、感染症予防にも使われる、粒子用のマスクのことです。

0.3マイクロメートルの粒子を95%以上除去でき、これは細菌や結核菌、飛沫、花粉の粒子をしっかりキャッチできるレベルです。

サージカルマスクは火山灰にも使えるのか?

もし何もなければ、サージカルマスクを利用するしかありませんが、火山が噴火して降灰している場合、サージカルより防塵マスクのほうが、断然吸引リスクが低くなります。

一見、防護マスクは息苦しそうに感じますが、口の周りに空間があるため、サージカルマスクより呼吸がラクにでき、会話もしやすいという隠れた利点があります。

自分のサイズに合ったものを選ぶのが、賢い選択です。

火山灰が恐いのは、ぜんそくや気管支炎など、肺に問題がある人や、特に子供の場合は、火山灰を吸い込んでから、ぜんそくを発症してしまう場合があるので、要注意です。

火山噴火した麓ちかくで降灰するのは、大きな粒子ですが、そこから少し離れた地域になってくると、粒子が細かくなっていくので、より吸入されやすい状態になります。

防塵マスクと共に、ゴーグルの準備もしておくと、安心です。

ひとくちメモ

花粉やインフルエンザ、ノロウイルス、PM2.5、火山噴火の不安、風邪など、目には見えないウイルスが猛威をふるうことが多くなった昨今、やはり手元には少なくとも、サージカルマスクを常備しておいた方が、備蓄も兼ねられて、安全ではないか?と思うようになりました。

ウイルスが一気に拡散され始めると、あっという間に手に入らなくなりますので、そんなニュースを耳にし始めたら、早目に購入しておきましょう!

自分の身は自分で守る時代が来ているのかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする