生理痛を避ける食べ物は?飲み物の関係は?

seiritu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

月のものとは言え、重い・ツライ生理痛は精神的にもこたえますよね、、、。

少しでも症状を軽くするため、今日から出来ることを紹介します。毎日続けることで、体が変わっていくのが徐々に実感できたら本物です!

スポンサーリンク

生理痛を避ける食べ物は?

生理痛を少しでもラクにするために、避けたい食べものと言えば、甘いものです。

そのワケは、お砂糖は体を冷やす働きがあると言われているから。

体の冷えって、意外と手強いんです。

外から温めれば大丈夫、と思いがちですがそう簡単には温まりません。

寒さの中で飲む温かいスープが、一気に体を温めてくれるように、内側が温かいことはとても重要です。

冷えは体の働きを鈍らせ、内臓の働き、免疫力・体温が低下するなど、生理痛だけでなく健康そのものにも関わってきます。

砂糖は料理の調味料として、お菓子の材料など、色々な食品に含まれていますよね。日常に溢れてる甘いものと、どう付き合っていけばいいんでしょうか?

次の項から見ていきましょう。

お菓子は常食しない

ケーキやプリン、スナック菓子等々、甘いお菓子は種類も豊富。美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいませんか?

たまに食べる程度なら問題ありませんが、気を付けたいのが糖分の常食です。甘いものは習慣化しやすく、止められない常習性があります。

例えば「飴(キャンディ)」

ちょっと口寂しい時や、眠気ざましや気分転換など、学校や会社、自宅で1日に何個も舐めることありませんか?

飴、ガム、チョコなど、ちょっとしたおやつ的なものほど、習慣化しやすいので要注意。

これは以前の私の経験ですが、自分がどれ位食べたか後で分かるように、包み紙を残しておいたんですが、驚くほどたくさんあり、ビックリしたことがあります。(無意識ってコワイですね)

そんな常食しがちな甘いお菓子ですが、甘いものを食べると血流が悪くなったり、体に老廃物が溜まりやすくなります。

すると血液と一緒に送られるはずの酸素や栄養が体の隅々まで届かなくなり、肩こりや目の疲れ、生理痛など様々な不快症状が起こりがちになります。

バランスのいい食事も大切ですが、まずは甘い物を断つことで、体のトラブルを未然に防ぐきっかけにしていきましょう。

お菓子を常食する人は特に、毎日の生活の中で徐々に減らしていくことをオススメします。

また生理の始まる10日から2週間ほど前からは、完全砂糖断ちをすると、いつもよりラクになるかもしれません。

スポンサーリンク

毎日の食事も大切

毎日の食事にも、ちょっと気を配ってみましょう。

例えば、日本の昔ながらの食事。

ご飯、味噌汁を中心とした和食へシフトするのもオススメです。卵焼きや焼き魚、納豆など良くある一般的なメニューで十分です。

パン食はシャムやハチミツ、チョコスプレッドなど、加糖されたものも多いので要注意。キチンと食べれば、途中でお腹が空いて間食する機会も減っていきます。

作るのはちょっと面倒に感じますが、自分にプラスになりそうなことは、積極的に試してみましょう。外食や惣菜を買うより、自炊で食事の大切さを実感することも多いですよ。

生理痛と飲み物の関係は?

関係なさそうに見えて、実は深いのが飲み物です。

たかが水分!と軽くスルーしがちですが、とても重要なんです。

冷たい飲み物や甘い飲み物などの清涼飲料水や、缶コーヒーなど、甘みが加えられた飲料は、先ほどのお菓子と同様に、体を冷やします。

甘い飲料水は体を緩める働きがあり、それによって血液粘度が上昇したり、体を冷やすことにつながっていきます。

また甘くなくても、冷たいものも同じように体を冷やしやすいので、注意して下さいね。

普段の生活で、甘みの入った飲み物を極力飲まないこと、冷たいものを飲んだり、一気飲みをしないよう気を付けるのが、一番の方法です。

1年を通じて、冷えたものは避け、温かいものを飲む習慣をつけましょう。

冷たいもの、甘い飲み物は体を冷やし、それが子宮を含めた内臓の冷えにつながります。

同じように体を冷やす水分を取り過ぎて、内臓の働きが弱まったり、トラブルを招く体になりやすくなります。

健康のために、朝起きたらコップ1杯の水を飲む人も多いですが、「白湯」にして飲むと、体を冷やさないのでおすすめですよ。

自分の体を守るのは医者ではなく、自分です。

日常の中で、冷やさない工夫を色々考えてみて下さいね!

ひとくちメモ

生理痛の症状は、人それぞれ違います。

良くなる、軽くなる方法も人の数だけあるのかもしれません。

食事に気を使うようになり、甘いものを完全断ちすることで、生理痛がほとんど気にならなくなるほど、軽快するようになりました。

たまに痛みが走ることがありますが、一時的なものが多く生活に支障が出ません。自分自身はこの方法で、大きな効果が出たようです。

好きなものばかり食べたくなりますが、食生活を正すと、カラダが変わってきます。

トラブルが多いほど、変化に時間がかかりますが、小さな変化を見つけながら続けて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする