背中にきび経験ゼロの私が考える、背中ニキビの原因とケア

senakanikibi
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

昨日、カラーリングについて書いていて、
ふと浮かんだ、背中ニキビ。

そういえば、顔にきびは出来たけど、背中は1度も無かったな、と。
その理由を、改めて考えてみたら、アレじゃないかと。。。

スポンサーリンク

1.洗髪があやしい

結婚式、薄着の季節、水着など、
肌を露出する度合いが大きいと、
目立つので、すごく気になりますよね。

私は不思議なことに、背中ニキビで
悩まされたことが1度もありませんでした。

背中は自分で見えない分、お手入れしにくい
パーツだから、ニキビになりそうなもんだけど、
そうならなかった。

何故なんだろう?

…と考えて、ピン!と来たのが、
シャンプー、リンス(コンディショナー)、
トリートメントの「しわざ」じゃないか、ということ。

もしかして、こんな風に洗ってませんか?

シャンプーして髪を洗い流す時、頭を下に向けた状態で洗ってますか?
それとも頭はそのまま、頭頂から下(背中の方)に向かって洗い流してますか?

もうひとつ、質問。

リンスやトリートメントを付けたとき、髪の毛から背中や胸のあたりに
リンスやトリートメントが流れ落ちていませんか?

また洗い流す場合、同じように背中に液剤が流れていないでしょうか?

2.カラダにヘアケア成分を残さない

何となく言いたいこと、分かりましたよね(^_-)b

そう!私があやしいと考えているのは、
ヘアケア類を使ったときの後処理。

シャワーで洗い流す場合、頭頂から下に向かって洗い流す場合、
胸元や背中にシャンプー剤が必ず流れます。

毎回、カラダに付いた洗浄剤が落ち切らず、
体に残ったままの状態を繰り返して、背中にきびが
できるんじゃないかと思うのです。

スポンサーリンク

(※シャンプーやトリートメント類は、お湯で流せば目には見えませんが、
成分が残っているってことです)

私は昔からシャンプーやトリートメントなどの
「ヌルヌル」成分が体に残るのがイヤで、
頭を下に向けてシャンプーし、そのままの体勢で洗い流します。

髪の毛を洗っている時は、常時、
下を向きっぱなしで、洗い終わるようにしています。

トリートメントなど、ちょっと時間をおきたい場合、
タオルで髪を巻いて、液剤が体につかないようにしていました。

特にコンディショナーやトリートメントは
トロッとしているので、体につくと、
なかなか取れにくいですよね。

あとは、シャンプーのすすぎを完璧にすること。

そして、トリートメントもしっかりすすぎます。
ゆる~くすすぐだけだと、髪に残り、
肌に触れてトラブルになりやすいので。

シャンプーは強力な洗浄効果をもつ、
界面活性剤でできています。

これが皮膚のバリアを壊して、
背中などの毛穴に侵入し、
悪さをするのではないか、と考えられます。

背中なんてお手入れゼロだった私が、
背中にきびができなかったのは、
それしかない、と思うんです。

もちろん、暴飲暴食とか寝不足、季節の変わり目、
理由は色々あるかもしれませんけど。

洗髪方法を変えてみるだけなら簡単だし
気が向いたら試してみて下さい!

時間をかけて悪化したニキビは、
数回、洗髪方法を変えただけじゃ無理ですが、
あせらず、長期戦でレッツ・トライ!

あ、洗髪後に体を洗えば、洗浄成分を落としやすいですよね。
ただし、カラダはゴシゴシこすったりは絶対NGです。

洗浄成分は弱めで、やさしく洗うのがポイントです。

ではまた!次回。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする