セスキ炭酸ソーダで弁当箱・オーブンレンジ・三角コーナーの汚れは落ちる?

sesukitansan
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


エコでナチュラルクリーニングを目指すなら、重曹やクエン酸にプラスして、セスキ炭酸ソーダも使ってみませんか?

洗浄力は重曹の約10倍ほどもあり、油や血液、皮脂などのタンパク質汚れを落としてくれる、お掃除の強い味方です。

セスキ炭酸ソーダを利用した、3つの台所用品の汚れ落としを紹介します。

セスキ炭酸ソーダでお弁当箱のヌルヌルは落ちる?

お弁当箱を市販の合成洗剤で洗ったけど、ヌルヌルが残ったり、落ちにくかったりすることありませんか?

以前お友達のお弁当箱を見たら、お弁当箱の中にラップ1枚敷いてからお弁当を詰めていたんです。

んっ何だろ??と思い聞いてみたら、帰ってから洗う時、ぬるぬる汚れがこびりついて落ちにくいから、汚れ防止にラップを敷いてると言っていました。

セスキ炭酸ソーダの使い方

これはプラスチック製品に油が馴染んでしまい、取れにくくなるからですが、そんな時セスキ炭酸ソーダを使いましょう。

水3リットルに大さじ1のセスキ炭酸ソーダを溶かして、お弁当箱やタッパーなどプラスティック製品をしばらく漬けておきます。

その後、スポンジでこすり落とすとスッキリ落ちます。

オーブン・電子レンジ内の汚れは落ちる?

見た目は汚れてないように見えて、実はとても汚れているのがレンジの庫内。意外とお掃除を忘れやすい場所なんですよね。

油が飛んだり、固まって色が変質していたり、臭いがこもっていたり、汁が飛び散っていたり…。

オーブンや電子レンジの使用頻度が高いほど、内側の汚れが溜まっているのが分かります。

そんな時は、オーブン庫内にセスキスプレー(作り方は以下に紹介しています)をシュッシュと吹きかけて、拭き取りましょう!

電子レンジもオーブンと同様ですが、お掃除前にちょっとひと手間加えるととてもラクになります。

それが軽く絞った濡れ布巾を利用する事。

この濡れ布巾を電子レンジで20秒~1分弱ほど温めて取り出すと、庫内が温まり、ガチガチに硬くなった汚れが蒸気で湿って、汚れが落としやすくなります。

この時、布巾がとても熱くなっているので、取り出す時は気を付けて下さいね。

その後セスキスプレーを吹きかけて、汚れを拭き取れば完了です。臭いもセスキスプレーで拭くと取れるので、一石二鳥です。

セスキスプレーの作り方

水500CCに、セスキ炭酸ソーダを小さじ1溶かして、スプレーボトルに入れたら完成です。

季節によって、短期間で品質劣化します。

頻繁に利用しない人は、1回で使いきれる程度の少量で作るなど、必要量を加減して作りましょう。

ちなみに敏感肌の人や手荒れしやすい人は、ゴム手袋を使ってお掃除すると安心ですよ。

三角コーナーのぬめりは取れる?

掃除を後回しにしがちな、三角コーナー。これもセスキ酸ソーダで解決できます。

先ほどのセスキスプレーを吹き付けて数分放置し、スポンジなどでこすり落とします。網目部分の細かい所は不要になった歯ブラシでこすって汚れ落とししましょう。

あとは水洗いすれば終了です。

シンクや排水口の嫌なヌルヌルにも、セスキスプレーをシュシュッと吹いておくといいですよ。

ひとくちメモ

お掃除をサボると、ヌルヌルがこびりついたり、頑固な汚れになってしまいます。

一度キレイにしたら、あとはシュッシュと小さな掃除を続けるだけで、キレイが持続するようになります。

ぜひ、清潔なキッチンをキープして下さいね!

スポンサーリンク