紫外線対策は冬でもする?どんな対策してる?日焼け止めはいつまで?

sigaisenhuyu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


夏の紫外線対策はバッチリするけど、日差しが弱くなる秋・冬、ついつい手を抜いてませんか?

夏に比べて、秋冬は紫外線量が減りますが、無くなるわけじゃありません。紫外線を浴びて蓄積された肌は、シミ、シワなど肌老化が進んでしまいます。

今年からは、冬も対策しませんか?

スポンサーリンク

紫外線対策は冬でもするの?

女性にとって最も避けたい肌老化。本気の紫外線対策を考えるなら、冬でも紫外線対策した方が、肌を守れます。

紫外線に無防備でいる怖さを知らないまま、お肌がダメージを受けたら、修復するのは本当に大変!

夏に比べて冬は、手抜きしがちですが、季節に関わらずUVA波・UVB波は降り注いでます。違いはその紫外線量だけ。

例えばUVB波は、薄い雲だとその80%以上が透過して地上に届いてます。冬だし大丈夫!と思ってたら、実はそうじゃないんです。

何もしなければ加齢と共に、お肌は下降線をたどります。アンチエイジングやシミ・シワ対策を考えるなら、やはり秋・冬でもお肌の露出は避けるようにしましょう!

冬はどんな紫外線対策をする?

基本的に夏と同じように考えれば問題ありません。

弱い日差しだとつい紫外線対策を後回ししたり、面倒に感じますが、すぐできる事もたくさんありますよ!

帽子

真冬の弱い日差しであれば、UVカット対策の帽子をかぶりましょう。帽子はできるだけツバの広いものが太陽光を遮りやすく、適しています。

春・夏用と秋・冬用、2種類の帽子があれば、パーフェクト!

上から降り注ぐ紫外線を遮るので、近所へのちょっとした買い物や、洗濯干し・取り込みなどの生活紫外線からお肌や目を守ってくれます。

日傘(UVカット)

夏を過ぎると日傘をさすのが恥ずかしくて、、、という人も多いですが、やっぱり日傘は最強です。

個人的には9月、10月を過ぎても日差しが強ければ、気にせず利用しますが、季節の移り変わりに応じて、帽子や別の方法に切り替えたり、臨機応変に対応しましょう。

サングラス

UVカット加工のサングラスは、地面から反射する紫外線から目を守ってくれる重要アイテムです。

帽子とセットで利用すると、頭上からの日差しを帽子で防いで、アスファルトからの反射光をサングラスで遮る効果があります。

目は強い紫外線でダメージを受けやすく、将来的に白内障などの目の病気や、老化も進むので実は要注意な部分。

サングラスは、目の日焼け止めクリームのような存在です。

UVカット下地

冬の弱い日差しで、大きな外出が無いなら、UV基礎化粧品でササッと塗って、お肌にバリアを作っておくとラクです。

UVカット下地商品は、種類も豊富なので自分に合うものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めクリーム

日中の外出、スポーツ観戦、登山、スキー場でのスキーやスノボなど、紫外線を浴びるなら、それに合せた日焼け止めクリームを塗ってお肌を保護しましょう!

特に標高が上がる登山や、スキー場での雪面からの照り返しは紫外線量がグーーーンと増えるので注意してくださいね。

飲む日焼け止め

ここ数年、急速に浸透しているのが「飲む日焼け止め」です。

日焼け止めクリームは数時間ごとに塗り直す必要がありますが、手足などメイクしてなければ可能ですが、落としてまた塗り直すなんて、正直難しいですよね。

面倒な塗り直しとは無縁の新しい日焼け止めが、飲んで紫外線対策という方法です。

使い方は朝食後、外出前に飲むだけというラクさ。

帽子やサングラスなど、今までやっている紫外線対策にプラスして、飲むだけなんてちょっとビックリですが、日焼け止めを肌に塗らないから、肌荒れの心配もありません。

だからクレンジングや強い肌負担からも解放されます。

「飲む」対策で人気なのがコレです>>>飲んで紫外線対策 これからのスタンダードになりますね!

日焼け止めはいつまで塗る?

できれば年間を通して塗りたいところです。

夏と冬では紫外線量が大分変わるので、夏場はSPF値の高いもの、秋冬はもう少し低めのもので対応します。

ただし、ギラギラした太陽光が無いと、そこまで塗るのは億劫ですよね。

スッピンで過ごすなら、上記で紹介した、飲んで紫外線対策したり、UVカット乳液などの基礎化粧品を選ぶとラクチンです。(外出時に帽子をプラスすれば、より完璧!)

メイクするなら、UVカット対応の化粧下地や、ファンデーションが便利です。

外出時間や出かける場所、時期によって変えるなど、自分が毎日続けられる方法でケアしていきましょう。日焼け対策は「継続がカギ」を握ります。

普通に暮らしていれば、生活紫外線をゼロにするのは難しいし、日焼け対策をしても、加齢とともにシミって出てきます。

じゃあ対策してもムダなの?と言うとそんな事ありません。

やはり1年中対策している人と、やらなかった人では、相対的に見てシミが少ないか、出にくいです。

ひとくちメモ

30代を過ぎるとシミやシワなど肌トラブルが増えますが、そんなとき差が付くのが、これまでの「美容貯金」をどれだけ貯めているか?

毎日の小さな積み重ねが、お肌に「違い」として現われます。

本当に後でガクっと来るので、後から巻き返すより、今からちょっとずつ頑張った方がはるかにラクだしお金もかかりません。今日からがんばりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする