紫外線で目が痛いのは?レンズが変化するメガネとは?

sigaisenlenz
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

紫外線から守りたいのは、お肌だけじゃありません。

実は目も紫外線で痛めたり、さらに目の病気にかかる危険があります。

1年中降り注ぐ紫外線から目を守るために、知っておくべき知識を紹介します。

スポンサーリンク

紫外線で目が痛いのは?

紫外線に当たると、日焼けしたり、シミやそばかすはお肌に大敵!と意識する人は多いですよね。

日焼け止めやUV対策など、顔や腕など専用クリームを塗って、肌を保護していますが、実はまだ他にも大事なことがあるんです。

それは紫外線から「目」を守ること。

目も紫外線で炎症を起こします。いわば、「目の日焼け」ですね。

だから日差しの強い日は特に、目から入る紫外線の影響で、下記のような症状がでます。

  • 目が痛い
  • 目が充血する
  • まぶしくて目が開けられない
  • 涙がボロボロこぼれる
  • 目が乾燥する

日本人の瞳の色は、黒色や茶褐色が多いですが、これは「虹彩」と呼ばれる部分の色で、メラニン色素の量で変わってきます。

メラニン色素の多い、黒目や茶褐色のダーク系だと、まぶしさはやわらぎますが、欧米諸国の青色やグリーンなどの目の色は、メラニン色素が少ないため、数倍光を眩しく感じてしまうんです。

外国人がサングラスをよくかけているのを見かけますが、あれは日本人よりも眩しく感じるからなんです。

日本人でも茶目や薄い茶色系の人もいますよね。

先ほどの外国人のように眩しく感じたり、目が痛くなる人が多いのは(目の病気があれば別ですが)、そういった理由からです。

もちろん、黒目や茶褐色だから目の紫外線対策をしなくてもいい、という訳ではありません。

どんな目の色でも、目から入る紫外線対策をしておいた方が、採用減にダメージを抑える事ができます。

紫外線でレンズが変化するメガネとは?

目から入る紫外線対策にイチオシなのが、サングラスですが、最近人気のあるメガネは、紫外線によってレンズの色が変化するタイプです。

スポンサーリンク

それが「調光レンズ」と呼ばれるレンズ。

紫外線や気温によってレンズの色が、濃い~透明へと変化します。

紫外線が降り注ぐ屋外では、レンズの色が濃くなり、屋内などではほぼ透明になる優れものなんです。

発色・退色していく時間は、気温や紫外線量、メガネによって違いますが、室内で透明になるので、着脱を繰り返す必要もない便利なメガネです。

メーカーによって、発色していく色変化に差があり、数段階に色が別れるものもあれば、透明と色付きの2段階のみ、というものもあります。

調光レンズを探す時は、どんな色変化があるのか(温度と紫外線量で違う)、色の濃淡具合、「紫外線カット」かどうかをチェックしてくださいね。

紫外線は頭上から降り注いでいるので、日傘や帽子(ツバの広いタイプがベスト)で上からの光を遮り、調光レンズで目に入る光や、下から照り返す太陽光から目を守る事ができます。

女性の場合、サングラスをかける人が割と少ないですが、目からの日焼けやシミ対策を考えると、断然オススメです。

レンズの色が変化するので、場所によっては掛けたままでも、サングラスをしている感覚なく使えるので、とても人気。

また自転車や車の運転やアウトドア、ウォーキング、近所への買い物など、ちょっとした外出にも、メガネで紫外線をカバーできるのは、眼病予防の先行投資と考えると、コストパフォーマンスもいいですよ。

夏だけでなく、春先の3月頃から10月頃まで、紫外線は想像以上に強いので、メガネや帽子などを利用して、肌や目を守るようにしたいですね。

ひとくちメモ

目から受ける紫外線のダメージは、想像以上に大きいものです。

あるマウス実験では、目に入る紫外線で、体全体にメラニンが増加した、という結果がでました。

この結果が100%、人間に当てはまるとは言えませんが、何らかの影響があることは考えられますよね。

お肌にUVケアをするように、目にも同じようにケアする必要がある!と是非覚えておいて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする