紫外線は首の日焼けに影響ある?首の対策は何でする?スキンケア対策は?

sigaisenneck
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


首の紫外線対策、普段していますか?

顔の紫外線対策だけで、首は対象外という人も多いかもしれません。

でも思った以上に、首は露出度の高いパーツ。せっかくなら顔と一緒にお手入れしませんか?

スポンサーリンク

紫外線は首の日焼けに影響あるの?

残念ながら影響アリ、なんです。

紫外線対策で一番気にするパーツと言えば、やはり顔ですよね。

顔はもちろんですが、頭上からの紫外線の影響を受けやすいのが、デコルテや首周りなんです。

ちょっと意外ですよね。

気温も上がり、紫外線量はグングン上昇している時期である、春や夏。

こんな日に帽子や日傘など、何も対策しないで太陽に当たった場合、顔や首、デコルテ(鎖骨周辺)、首の後ろは、紫外線が当たる量が倍近く増えてしまうんです。

気温が高ければ洋服も薄着になり、襟首の開いた服を着ることが多くなる分、日焼けする機会が比例して増えていきます。

日焼けしても気付きにくい首

普段首の後ろを見る習慣なんて、そんなにありませんよね。

日焼けしても気付く可能性が低く、お手入れもできないまま、メラニンが徐々に増えて、気が付いた時には黒くなってた!なんてことになりかねません。

首が見えるショートヘアや短髪の男性は、晴天の日、無防備に歩いているだけで、紫外線を丸々受けてしまうので要注意です。

地面からの照り返しに要注意

意外と見落としがちなのが、地面からの照り返しです。

コンクリートや砂浜、雪面などは下からの照り返しが強く、首や顔にダイレクトに反射します。

つまり首からデコルテにかけての日焼けは、上から降り注ぐ紫外線と、地面から反射する照り返しダブルで紫外線を受けやすくなります。

ただ眩しいだけじゃ無く、実はジリジリと日焼けしていること、忘れないでくださいね。

(余談ですが、目も紫外線を浴びています)

帽子や日傘などの基本アイテム以外に、首のためにできることを下記でまとめています。

紫外線 首の対策は何でする?

紫外線量が増えて気温が上がってくると、薄着になるためデコルテから首にかけてと、首の後ろが無防備に太陽の光にさらされます。

ちょっとした事を毎日積み重ねていけば、シワのないキレイな首をキープすることができます。

衣類で対策

サッとできるオススメの対策が、衿付きのシャツやスカーフ・ストール等、衣類での首保護です。

衿付きのシャツは首の後ろを守ってくれ、デコルテから首の周辺も比較的隠れます。

またストールやスカーフなら、首に巻くので首まわり全体をしっかりカバーしてくれますよ。

UVカットの施されたストールもあるので、興味があればぜひチェックしてみて下さいね。

飲んで対策

最新の日焼け対策は、塗るから「飲む」方法に変わってきています。

日焼け止めを塗っても、効果が持続するのは数時間。そのため、1日に何度も塗り直す必要がありますよね。

面倒だし、肌に余計な負担もかかるし、落とすのも大変。飲むタイプなら、体の内側から全身トータルケアできるので人気です。

通常は1日2粒。長時間外にいる日や夏は多めに4粒、日差しの弱まる秋や冬は2粒など、自分で数量を変えて飲むこともOK。

日本製で、小粒で飲みやすい錠剤タイプ。モンドセレクションで銀賞受賞した商品です>>>首も含めて全身飲んで内側からケア

さらに毎日のスキンケア対策もお忘れなく!

首のスキンケア対策は?

日常生活でも、知らず知らずのうちに浴びている紫外線。

普段から顔にするついでに、首もスキンケアしておくと、シワが無い首を長くキープすることができます。

昼間は強い太陽光から守るために日焼け対策をして、入浴後のケアに化粧水で潤いを与えて、乳液やクリーム、美容液などで保湿やスペシャルケアがオススメです。

顔に塗る時に一緒に同じ工程でスキンケアすれば、塗り忘れないので効果的です。

この時の注意点が、皮膚を引っ張ったり、こすってクリームを塗らないことです。

デコルテから首周りの皮膚はとても薄いので、元々シワになりやすいです。そのため、そっと押しあてるように塗るとお肌に負担がかかりません

紫外線はコワイ!

首に紫外線を浴びるのがナゼ怖いか?というと、日焼けからくる乾燥とその先にある「シワ」です。

太陽の強い光を浴びた肌は、紫外線から肌を守るために、メラニンという色素を出すことで肌を守ろうとします。

これが肌が黒くなる仕組みです。

同時に日焼けは肌が火照った状態ですが、これを放置してしまうと肌が乾燥し、それがシワへとつながっていきます。

そのため日焼け止めなどで紫外線からお肌を守ったり、帰宅後は化粧水や乳液、美容液などで保湿を保つことがとても大切なんです。

  • スポーツ観戦
  • 野外ライブ
  • キャンプ
  • 登山などのアウトドア
  • ランニング
  • スキー・スノボ
  • 海・プール
  • 営業での外周り・通勤・通学など…

夏だけに限らず、身近な所に潜んでいる日焼け。

ちょっといつもより意識して、生活してみてくださいね。

ひとくちメモ

首って年齢がでやすいパーツの1つです。

首のシワがつくのは紫外線以外にも、自分に合った枕かどうかも関係があるそうです。

合わなければ睡眠の質も低下しますし、巡り巡って、お肌にもその影響が現われます。

バラバラなようでいて、最後はどこかでつながっているのが人間のカラダ。まずは小さなことから着実にこなして、いい状態をキープしたいですね!

ぜひ今年は、首の紫外線対策をパーフェクトにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする