シミの種類には何がある?カバーするには?レーザー治療って取れる?

biyou_shimi
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

今にも表面化しそうな、うっすらしたシミ、定着して時間の経ったシミなど、美白コスメを使って取れるシミと、取れないシミがあります。

違いを知って、日々のメイク対策や肌ケアに生かしたり、イザとなれば、奥の手の美容治療もあります。

シミについての知識を、もっと広げてみませんか?

スポンサーリンク

シミの種類には何がある?

シミができたら、美白美容液やシミコスメなどを使う人が多いですが、シミには種類があり、それによって美白コスメの効果の有無に違いがでてきます。

まずはシミの種類を知っておきましょう!

checkaka 老人性色素斑

シミと呼ばれるものの中で、最も多いのが老人性色素斑です。

紫外線によるダメージであるメラニンが肌に蓄積し、やがて日焼けの積み重ねでシミがお肌に現われます。

頬骨の高い所にできるパターンが多く、数ミリから数センチの丸い感じの形をしていて、薄いシミから徐々に濃くなっていきます。

初期の薄いシミ・・・美白コスメで対応できる場合があります。

濃くなったシミ・・・美白化粧品の効果が出難くい。はっきりしたシミにはレーザー治療が効果的です

checkaka 肝斑

女性ホルモンの乱れが原因で出来るのが、肝斑です。

特にホルモンバランスが乱れる、30-40代の女性に多いのが特徴で、頬骨を中心に左右対称に出来やすく、薄茶色をしていて、べたっと広いしみができます。

肝斑は紫外線を避け、上質な睡眠や食事、ストレスがかからないよう、規則正しい生活を心がけることが大切です。

レーザー治療より、美白コスメでの対策がおすすめです。

checkaka 炎症性色素沈着

にきびや傷跡、虫さされ、炎症を起こした肌トラブルの後がシミになったものが、炎症性色素沈着です。

蚊や虫に刺された跡が茶色くシミになったり、ニキビの時日焼けするとシミが沈着しやすくなるので、注意しましょう。

美白化粧品でまずは対策しましょう!

checkaka 雀卵斑(そばかす)

スポンサーリンク

10代の頃にできはじめ、小さく茶色いシミが鼻を中心に点在してできるのが特徴です。

遺伝的なもので、紫外線に当たると濃くなりやすいため、日焼け対策は万全に!

美白コスメを利用してもあまり効果が出ない時は、レーザー治療という選択肢もありますが、再発の可能性もゼロではありません。

checkaka 脂漏性角化症

シミからイボのように盛り上がってきたもので、表面はボツボツした感じになっています。

色は茶褐色や黒色をしていて、数ミリから3センチ前後が多いです。普段から紫外線対策は抜かりなく、が基本です。

美白化粧品より、レーザー治療や液体窒素なども視野に入れて考えましょう。

シミをカバーするには?

シミが濃くなってくると、ファンデーションではカバーしきれなくなり、かえって目立ちやすくなります。

こんな時のお助けアイテムが、コンシーラー。

リキッドより、カバー力の高い固形タイプを使って、シミの部分に馴染ませます。

基本は肌の色でチョイスしますが、肌より明るいコンシーラーは白浮きしやすいので要注意。

シミが濃い人は少し濃い目の色を選んだほうが、しっくり来やすいです。

ショップで試し塗りしたり、濃淡2色使いでメイクするなど、工夫してみて下さい。

シミのレーザー治療って取れる?

肌トラブルや値段的なことを考えると、迷ってしまうレーザー治療ですが、シミが取れたときの嬉しさといったら、、、。

もちろん、せっかくお金をかけてシミが取れても、再発することもあります。

個人的にもレーザー治療でシミやホクロを取った経験がありますが、取れて無くなったもの、治療後一時的にシミが消えたけど、時間の経過と共に再発したシミもありました。

ただそのシミは、最初の時より小さくなっていました。

沈着してしまったシミは、回数を重ねる必要があるのかもしれません。

特にレーザー治療での肌トラブルはありませんでしたが、肌はちょっとした火傷状態になるので、治療直後はしばらくヒリヒリしますが、徐々に腫れは引いていきます。

ひとくちメモ

女性であればシミはメイクで多少なりとも消えますが、消せるものなら何とかして無くしたいと思うのが女心。

美白化粧品や美容治療など、様々な方法がありますので、出来ることから試していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする