シミ消し部 カソーダとハイドロキノンで芽生えた変化と漂白【6】

rupe
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

カソーダでのシミ消し、続いてますか?私も継続していますが、最近、疲れがひどくて断続的に塗れない毎日。「取れたっ!」というハッピーな報告ができないのが残念なんですが、それでも淡々とやっています!(^_-)b

ちょっとでも変化が出ると、うれしくて励みになります。それが続く秘訣かもしれません。

スポンサーリンク

1.自分自身の変化

肌断食や髪断食、シミ消しなど、色んな美容系(自己回復力を信じる系)にチャレンジしています。そうすると何が変わったか?って、鏡をのぞく回数が圧倒的に増えました(笑)。

これまでは、ファンデで隠したり、スッピンでも、自分は見慣れてるせいか、シミやホクロ、そばかすが気にならない感覚に陥ってました。「存在」することに見慣れてしまっていたんです。

だけどカソーダやハイドロキノンをピンポイントで付けるようになると、自分の顔にはこんなに「ゴミ」がいっぱい落ちてたか…と改めて自分の肌と向き合うようになりました。

部屋にゴミが落ちてたら拾うのに、顔のゴミは拾わないなんて変だよな、と。

完全には消えてないけど、シミやホクロ、そばかすが若干色が薄くなったり、小さくなってきてるのは確かで、無条件にうれしいなー!と思える自分がいる。そんな自分に気付くことができたのは、大きな収穫でした。

2.悪い変化

時には予告なしの肌変化が現われて、驚いたり、落胆することだってあります。

それはカソーダ、またはハイドロキノンを付けたら一時的にシミが大きくなったり、濃くなったり、炎症を起こしたとき。こういう時は本当にメゲます。

あー!何てことしちゃったのーー!(心の声)

だけど、ここでジッと我慢。経験上、そのままにしておくと、時間はかかりますが必ず変化していくからです。この1週間の間に、大きく黒くなったシミがありましたが、徐々に消えて元のシミだけに戻りました。そのシミは少し小さくなったけど、濃さが黒くなった感じです。(今このシミはカソーダを定期的に塗っています)

スポンサーリンク

こんな感じで、塗ったから良くなる変化しかない。ってわけじゃ無く、悪い変化も起こります。この辺は自分でコントロールできないので、肌状態を見つつ小さな変化を追っていくしかありません。

だんだん、肝が座ってきたのか、少々のトラブルじゃ動じなくなってきました。自分の肌でやってるからこそ、真剣勝負ですね。

朝、水洗顔したあと、しばらく経って鏡で見ると、目の下側にあるホクロ2か所に、たぶんハイドロキノンを塗ったんですが、その周辺の皮膚がガワガワしているのを発見。

ちょっと爪でその部分をカリカリしてみると、なんと薄皮がむけて、その下の皮膚が赤くなって(炎症?)現われました。ホクロはそのままで、周辺の皮膚が白くなった感じです。

3.漂白のちから

ハイドロキノンの効果は、いわば「漂白」。だから薄皮がむけて白くなったのは、ハイドロキノンの作用じゃないかと。そう思って、同じ場所に過度に使い過ぎて白斑化しないよう、付ける量や、頻度を調整するようになりました。

薄皮がむけた部位が小さいので、自分でじっくり見ないと分からない程度ですが、ツルっとして周辺の肌の色よりちょっと色白なのが分かります。これが全体の色なら2トーンは白く感じそうな気がする。

ピンポイントでつける他に、応用編として広い範囲も塗ってみたい…。全体のシミやホクロが取れてきたら、ちょっと試してみます♪

あとは、ヒザ。全体的に黒っぽいのがちょっと薄くならないだろうか…。試しに片脚だけ、なんてことも考えています。

私の使っているハイドロキノンの濃度は、以前も書いたとおり1%。肌に負担なく使うには、やっぱりこの位で丁度いいのかもしれません。

盲目的に使うより、カソーダもハイドロキノンも、肌の状態を見ながら使った方がいいような気がしました。

実は、今日から腕のホクロにもカソーダ塗りをスタートしました。積極的に、じゃんじゃんトライ!1回で消えないなら、早目に始めて肌に働きかけていきます。腕や足に塗るのは厚着をする秋冬より、薄着になる季節の方がやりやすいな、というのが実感です。

それでは、今日も最高の1日を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする