肌断食 水洗顔で毛穴汚れの根本に気付いた3週間目 【5】

awawa
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

肌断食、3週間目を乗り切りました!

先週猛威をふるった、Tゾーンの皮脂が落ち着きを取り戻し、平和な日々が送れるようになりつつあります。これがどれだけ有り難いか…。

ようやく水洗顔も普通になったけど、朝の洗顔があっという間に終わるのは、慣れてきたとはいえ、いまだに変な感じです。

スポンサーリンク

水洗顔が日課に

今週水洗顔をやっていて、「変わったなー!」と感じたのは、肌のツッパりに耐えられるようになってきたことです!

自力で瞬間に潤うのはムリだけど、化粧水や乳液をつけなくても、まんま保持可能になりました。(ギリギリですが)

ただしこれは、夏など乾燥してない時期だけ。

秋冬になると、顔中ガサガサしたり、ものすごい肌のツッパリ感、粉ふきが始まりました。

肌断食だから、、、と何もしないで我慢していたら、お肌がとんでもない事にになってしまいました!

後日談

保湿しないでいたら、乾燥で肌がカサカサになり、粉をふいて、さらにシワが増えてしまったんです(泣)。

秋・冬の乾燥する時期は、やはり何かケアしないと肌の体力も限界で、途中で力尽きてしまうことを実感しました。

乾燥はシワを引き寄せることを、身を持って体験しました。

肌断食だからどんな時もガマンするんじゃなく、肌の状況に応じて保湿しないと逆効果になります。

何もしなくて大丈夫なのは、10~20代のぷるつや肌の自力で潤う保湿力のある時期だけかもしれません。

そうは言っても、これがどれだけスゴイかは、最初の頃の荒れ放題だった写真と比較すると分かります。自分の肌だけにその差にビックリです…。

最初なんて、まるで日照りで干上がった荒れ地のよう…。

よくあれで何もせず放置したな~!とその度胸?に驚きますが、ふっ切らないと何も塗らないなんて出来なかったのです。

最初の3つのカベ

身内に教えたけれど、「何も塗らないなんてありえない、ムリ!」とあっさり却下されました。

肌のカサカサをガマンしろ、なんて言われても、そう簡単に出来るワケないですよね。

肌断食の最初の壁は、主に3つありました。

  1. 乾燥による顔中の肌荒れ
  2. 鼻の角栓と毛穴汚れ
  3. アゴ周りを埋め尽くす細かい角栓

鼻の角栓は今も絶えることなく出続けています。

細かくてピンセットじゃ取れない位小さいものから、モリっと小鼻から出てきた大きい角栓まで混在しています。

アゴ周りはほとんど目立たないんだけど、毛穴を広げると細かい角栓が鎮座しています。消えたわけじゃありませんでした。

スポンサーリンク

これまで化粧水、乳液やクリームなど塗れば、目立たなくなっていた角栓。

ただ肌がザラついてたので、「あるな」とは認識してたけど、罪悪感にさいなまれるほどの角栓の大群は無いと感じてました。

しかし現実はそんなに甘くなかったです。

エンドレスに感じる角栓だけど、キレイサッパリ「毛穴レス」・・・となるのは、自力ではやはり難しいと思います。

特にメイクしてると、元々の汚れと化粧で汚れがダブルに重なります。

クレンジングだけじゃ取れない角栓をどうしたらリセット出来るか?が、毛穴汚れを改善するカギです。

それにしてもこの毛穴汚れ、何とかならないかなぁ・・・。

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!


毛穴の裏側

私の小鼻横エリアの頬に毛穴が視認できるんですが、毛穴感が一目で分かります。

一般的には開き毛穴、たるみ毛穴、毛穴汚れなど色んな名称で呼ばれるものです。

ためしに、その毛穴たちを指で上下に伸ばして広げると、毛穴が消えて代わりに現われるのが、なんと角栓・角栓・角栓のオンパレード!

パッと見は、ただの開き毛穴。

だけど、「穴」の中に角栓が詰まることで毛穴が広がり、それが常に開き毛穴に見えるんだ!と確信しました。

中には角栓が出てない毛穴もあります。そういったものは毛穴が完全に閉じてて、毛穴の中心部が黒ずんでました。いわゆる、汚毛穴ってヤツですね。

もしかしてこんな汚れが寄り集まって、顔全体のトーンを暗くし、くすみのキッカケになっていくのかもしれない・・・というか実際そうなってます。

今更だけど、毛穴汚れって、放っておくと「落ちにくい泥汚れ」レベルになってしまうんですね・・・。

角栓をムリにとるんじゃなく、肌が自発的に毛穴から角栓を押し出して、毛穴が締まる。この状態につなげれば、自分にとっては理想的なんだけど・・・。

今のお肌の状態で、それを期待するのはちょっと難しいと思います。

水洗顔だけで、化粧水や乳液を肌に塗らず実現できるのか?自分でも興味津々です。

また次の1週間、進化していきます。

ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする