肌断食5週間目 角栓(コメド)と乾燥とスキンケアの呪縛からの解放【7】

hana
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


肌断食5週間目が経過しました!

皮脂は相変わらず活発に活動していますが、肌断食の開始初期よりはずっとオイリー度が減りつつあります。

あれから洗顔後のスキンケアは一切ナシ!ガマンとの戦いでもありましたが、何とかなるもんだ…。

スポンサーリンク

角栓は続くよどこまでも

肌断食を始めて、水洗顔すると始まる、角栓(コメド)との戦い。

1か月以上経ちましたが、角栓はいまだエンドレス状態です。

毛穴からニョキニョキ、活発な活動が続いています。

ただ、顔中角栓だらけ!の状態からは脱しました。

初期段階の角栓の量はとんでもない量だったし、見た目も汚く感じて、ホントに毎日が憂鬱でした。

水洗顔と角栓は切っても切れない関係。なので溜まった「ゴミ」を出し切るまで、じっと待つしか方法は無いんですよね…。

時間がかかるかもしれませんが、必ず減ってきます。

いまは鼻周辺とアゴに無数の超細かーい角栓と、手で顔を触ると、ザラザラするコメドの存在がはっきり分かります。

どこまで減るのか?分かりませんが、ツルっとなるまで根気強く続けていきます。

肌がつっぱらない乾燥

肌断食を始める前、お風呂上り、5分以内にスキンケアでお肌を潤さないと、どんどん乾燥が進む、というのがこれまでの自分の定説でした。

今じゃ、洗いっぱなしでノータッチになりました。

水洗顔で肌はつっぱらなくなったけど、どうヒイキ目に見ても、「潤い」とは無縁です。

粉はふいてない、乾燥はしてる、でも肌が荒れる程でもない。

毎日ギリギリのラインを、壁伝いに歩いている状態に近いかもしれません。

よくよく考えると、水でバシャバシャして放置してるって、今までならあり得ない状態で過ごしていると考えれば、肌は相当進化していますよね。

オイル焼けしない

肌断食でスキンケアを止めるまで、通常は洗顔後、化粧水を付けてから、アルガンオイルを塗っていました。

このアルガンオイルというのがとても万能選手で、顔からボディまでパーツを選ばずどこでも使えます。

ハンドクリームとして、唇にリップクリーム代わりに、乾燥する腕や足など、とにかくこの1本があれば大丈夫。という手放せないオイルだったんです。

オイルなので保湿力は抜群だし、ナチュラルなものを使っていたので、一般的なスキンケアコスメに比べたら、お肌にもそうそう負担はないと、自信を持っていました。

ところが、です。初めて知ったのが「オイル焼け」という存在。

オイルを長く使い続けると肌が黒ずみ、オイルで肌をベタベタにしていると、新陳代謝が低下し、皮膚が委縮して薄くなります。

さらに、オイルは時間の経過と共に酸化し、肌にとって異物である過酸化脂質に変化します。

そうなると皮膚が炎症を起こし、慢性化するとメラニンが増えてくすみ、薄くなっている皮膚からは、表情筋や血管が透けて肌が黒ずんで見えるそうなのです。

まさに、自分のことでした!

これを知って、サーっと背筋が寒くなったのを今でも覚えています。

あれから1か月が過ぎ、自分ではなんとなく感じる程度ですが、肌が前より白くなった、と時々言われるようになりました。

たぶん、白くなったのでは無く、オイルやけしなくなったんだと思います。それをいちばん実感するのが、腕。

腕と手には頻繁に塗っていましたから、一転して1滴も付けないと、明らかに違いが分かります。

以前に比べて、確かに白いのです。

これまで紫外線対策していても、すぐ黒くなると思っていたのは、もしかしたら、オイル焼けも原因の1つだったかもしれません。

もう、目からウロコ!

スキンケアの呪縛が消え、オイル焼けしなくなり、何もしないって、ポッカリ穴が開いたようなキモチです。

だけど、知らないって、罪ですね。

この後、どんな変化が待っているのか、コワいような、知りたいような、複雑な気持ちです(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする