臨終後から葬式までの流れは?死亡届けと火葬許可申請書はいつまで?

soshiki
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

亡くなった後、様々な手続きや打合せ、準備など、お葬式までするべきことが多く、悲しんでいるヒマが無いほど、短期間の間に色々事を進めなければなりません。

当事者になってから考える前に、事前に予備知識をインプットしておくと後々とてもスムーズで、慌てません。

今回は、亡くなってからお葬式までの流れを、重要な部分にピンポイントを当てて紹介します。

スポンサーリンク

臨終後から葬式までの流れは?

ある程度頭に入れておきたい、亡くなった後からお葬式までの一連の流れを、分かりやすくまとめました。

  1. ご臨終
  2. 近親者への連絡
  3. 遺体の搬送
  4. 葬儀等の打合せ
  5. 関係者への連絡
  6. 通夜
  7. 葬儀・告別式
  8. 出棺・火葬

死亡届けはいつまで?

病院・自宅で亡くなった場合、臨終に立ち会った医師、または死亡を確認した医師に、死亡診断書の作成を依頼し、医師の署名と捺印をもらいます。

死亡診断書をもらった後、様々な手続きが控えているため、確認している時間もあまりありません。

そのため、役所に提出する前に、死亡診断書のコピーを取っておくと、何かあった時のために安心です。

死亡届けは、死亡を知った日から7日以内に、

  • 死亡地
  • 本籍地
  • 住所地

…のどれか1か所の、市区町村の戸籍・住民登録窓口に、印鑑持参で届け出ます。

死亡届けは、遺族関係者だけではなく、葬儀社に代行を依頼することも可能です。

スポンサーリンク

だたし、個人情報も含まれているので、その点だけは気をつけましょう。

火葬許可申請書はいつまで?

死亡届けと一緒に行うのが、火葬許可申請書です。

役所での手続きが終わると、火葬許可証が交付されます。

この許可証を火葬場に提出しますが、火葬後に返却されます。

その後、この書類は火葬証明書となり、また埋葬許可証にもなります。

納骨するときは、寺院や霊園に、その埋葬許可証を提出することで埋葬が可能になります。

医師から死亡診断書を受け取った後、役所に死亡届けを提出して、火葬許可証が交付されてから埋葬するまで、1枚の書類が姿を変えながら、さまざまな役割を果たします。

  1. 死亡届け
  2. 火葬許可申請書
  3. 火葬許可証
  4. 火葬証明書
  5. 埋葬許可証

ひとくちメモ

とても重要なお金に関してですが、亡くなった方の名義の銀行口座は、金融機関に亡くなったことを伝えると、個人名義の口座は口座は凍結され、引き出せなくなります。

葬儀費用をそこから支払う予定の場合、引き出せなくなる可能性がとても高いです。

どうしても引き出す場合、相続人全員の合意と、戸籍謄本などが必要になります。これは配偶者や子供であっても引き出せませんので、ご注意ください。

この後、通夜・告別式、納骨など、あっという間に時間が過ぎていきますので、体調を崩さないよう、くれぐれもお気を付け下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする