夏バテ対策の食事は?飲み物のおすすめと注意点は?

summerbatefood
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

毎日暑いと、熟睡できない、体がダルい、食欲不振など色々な不調にかかりりやすいです。

スムースに夏を乗り切るためにも、食事から体調を整えていきましょう!

スポンサーリンク

夏バテ対策の食事は?

毎日の暑さで体が疲れてしまい、食欲がなくなったり、食事量が減ってしまうのはよくあることですが、体調まで崩してしまうのは避けたいですよね。

夏バテしないよう、食事対策はとても重要です。

暑いからと言って、冷たいものばかり食べていると、余計に体の調子が乱れてしまうので、いつも以上に気を付けるようにしましょう。

yokoyaji すでに食欲が落ちている時

体がダルくて、食事を受け付けないような時は、喉越しのいいものが比較的食べやすいです。

  • 温麺
  • 春雨スープ
  • おかゆ
  • オートミール
  • 野菜スープ
  • うどん等

「おかゆ」などは、病人食みたいで嫌がる人も多いですが、キムチや卵を加えてトッピングを工夫するだけでも、随分雰囲気が変わります。

yokoyaji 胃の調子がおもわしくない時

無理に食べようとせず、野菜を中心に、肉料理を加える位の割合がオススメです。

スタミナを付けようと、肉を食べる人も多いですが、お肉は野菜に比べて消化に時間がかかるため、胃腸の状態が弱っている時に食べると、余計に消耗しやすいです。

なので、もし食べるとしても、様子を見ながら量を減らすか、胃に負担をかけないよう、よく噛むようにしましょう。

またちょっと味付けを濃い目にしたり、甘辛い味付けだと、いつもよりご飯がすすむので、試してみて下さい。

yokoyaji 気温差が大きい生活

日中の暑さで体が消耗しているときは、帰宅後は涼しい部屋で食事をすると、食がすすんみやすいです。

逆に冷房が効きすぎた部屋で過ごす事が多い人は、ちょっと熱めのお風呂でじんわり汗をかいて、体温をリセットしてから食事すると、いいかもしれません。

そのとき、風呂上がりにキーンと冷えたビールは、体調が戻るまでお預けにしておきましょう。

yokoyaji 旬の野菜と果物

季節にはそれぞれ旬の野菜が必ずあります。

その季節に食べるのが体にとって、最も理にかなっていて、いちばん美味しく味わえます。

枝豆やゴーヤ、スイカ、キュウリ、トマト、かぼちゃ等、旬の野菜は栄養豊富です。

スポンサーリンク

できるだけ毎日の食事に取り入れるよう、メニュー構成を考えてみましょう。

yokoyaji おすすめメニュー

暑くて台所に立つのも嫌な時って、ありますよね。

そんなときは、手抜きメニューで乗り切りってしまいましょう。

  • 丼物(親子丼やとろろ丼)
  • うどん・ソバ
  • カレー
  • チャーハン

副菜としてサラダやお豆腐、野菜炒めなど、体調に応じてあっさり系からガッツリ系のおかずをプラスすると、満足感が高いですよ。

夏バテで飲み物のおすすめは?

暑い夏に体が欲するのは、何と言っても冷たい飲み物!

ですが、暑いからと言って、冷たいものばかりを飲んでいると、胃や腸が冷えて、体がダルくなったり、疲れやすくなってしまいます。

体温が1度下がると、免疫力が30%低下すると言われていますが、冷たいものばかりを飲んていては、自分で自分の体力を落としていくことになってしまいます。

こんな時こそ、積極的に摂取したいのが、体を温める飲み物です。

  • 毎朝の温かい味噌汁
  • 白湯
  • 生姜紅茶
  • スープなど

体を温めるものを選んで取り入れる事で、夏バテを防ぎます。

だけど毎朝味噌汁を作るなんて、そんなヒマないよ!という人も多いかもしれません。

そんな時は、手作りの即席味噌汁で十分です。

お椀に、適量の味噌と刻みネギ、乾燥ワカメ、かつを節をダシ代わりにパラパラと入れ、お湯を注ぐだけ。

あとはよく混ぜれば完成です。

できあいの味噌汁を買って飲むより、ずっと割安だし、安心して飲むことができます。

具材は特に決まりがないので、色んなアレンジを加えれば、もっと自分好みの味噌汁にカスタマイズできるので、試してみて下さいね。

例えば、お麩やすりゴマ、茹でたもやしやキャベツなどをプラスすると、具だくさんのお味噌汁に変身です。

温・冷の飲み物の割合を、できるだけ「温」の方に比率を高くして、体が内臓から冷えないよう配慮する事で、かなり夏バテを抑える事ができます。

基本的にコーヒーなどは、体を冷やす飲み物に分類されるので、のみ過ぎないように注意しましょう。

スープは温かいものを中心に、旬の野菜や根菜類などを煮込んだスープや、ミキサーで粉砕すれば吸収も早いので、疲れた胃腸にもオススメです。

また熱中症や脱水症状等のときは、水を飲んでも吸収力が落ちているので、経口補水液などを常備しておくと安心です。

ひとくちメモ

ついついのみ過ぎてしまう水分ですが、飲まなさ過ぎも水分不足になり、熱中症の危険を伴います。

飲むなら温かい飲み物の比率を増やし、アイスやかき氷、氷たっぷりの冷たい飲み物などで体を冷やさないよう、夏を乗り切って下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする