夏のお弁当の保冷方法は?傷みにくくするには?おにぎりを握るコツは?

summerbento
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

夏のお弁当で気をつけたいのが、暑さによる食べ物の傷みや、食中毒です。

気温が高く、湿気の多い日本の夏は、食べ物が傷みやすいので最新の注意が必要です。

夏のお弁当をおいしく安全に持っていくための、暮らしの知恵を紹介します!

スポンサーリンク

夏のお弁当の保冷方法は?

夏のお弁当の保冷に必要なメイングッズといえば、保冷剤と保冷バッグです。

できるだけ温度を一定に保ち、さらに低温で保存出来れば、お弁当の傷みを最小限に防ぐことができます。

ちなみに、保冷剤は100円ショップや、スーパー等で手に入ります。

保冷剤の使い方

保冷剤は大きさにもよりますが、小さいものならお弁当の大きさに合せて数個並べてお弁当箱の上蓋に乗せ、ジップロックなどのバッグに入れ、保冷剤がお弁当からズレないようにします。

冷気は上から下に落ちるので、保冷剤は下に置くより上に乗せておく方がベストです。

これをお弁当カバーなどに入れ、保冷バッグに入れれば完成です。

保冷剤を入れる個数は、小さいもの1個ではすぐ融けてしまいます。

複数個使ったり、大きいサイズを利用したり、お弁当を食べる時間まで凍っているような量を使うようにしましょう。

子供に持たせる場合には、お昼を食べる時に保冷剤がどんな状態だったか?

  • 冷たいけど融けていた
  • まだ凍っていた
  • 融けてぬるくなっていた等

保冷剤の様子を毎回確認して、次回からの冷やす量に反映させると安心ですよ。

ペットボトルで冷やす方法

もう1つの方法が、ペットボトルを使う方法です。

お弁当箱の上にペットボトルを凍らしたものを横向きにして置き、お弁当とペットボトルがズレないよう、ランチクロスで包んで、保冷バッグに入れれば、保冷効果が期待できます。

カチカチに凍ったペットボトルは、融けるまでに時間がかかるので、保冷剤より長持ちします。

私は高温になる真夏には、ペットボトルを2本凍らせてお弁当を冷やしていました。

特に食べる時間が遅くなる時などは、いつもより多めに保冷剤や冷凍ペットボトルを利用すると安心です。

夏のお弁当を傷みにくくするには?

ご飯やおかずは暑さで傷みやすくなります。

食中毒などのトラブルを防ぐために知っておきたい、お弁当を傷みにくくするコツを紹介します。

冷やしてから詰める

ご飯やおかずは完全に冷めきってから、お弁当箱に詰めるようにしましょう。

お弁当箱のフタを開けた時、上フタに水滴がびっしり付いていたら、まだ温度があるうちに詰めたというサインです。

温度と水分は菌が繁殖する好条件を作ってしまいます。「冷めてから詰める」を徹底するようにしましょう!

またご飯はお弁当箱に入れて冷やすのではなく、別皿にご飯を広げて入れておくと、冷却までの時間を短縮できます。

同様におかずも別皿に取り分けて冷やすと、早く冷ませますよ!

味は濃い目がいい

夏のおかずはちょっと濃い目の味付けにして、保存性を高めておきましょう。

汗をかく夏は、こういっ塩気の強いおかずが塩分補給の役割を担ってくれる場合があります。

またお弁当に殺菌効果を狙って梅干しを入れていますか?その梅干し、低塩分やはちみつ漬けになっていないでしょうか?

梅干しは昔ながらのしょっぱくて酸っぱい梅干しだからこそ、そういった効果も期待できますが、減塩や甘くて食べやすい梅干しに同じ効果を期待するのは難しく、そういった梅干しは冷蔵庫保存が必要です。

お弁当に入れるなら、塩味の濃い梅干しをオススメします。酸っぱいけど美味しいですよ!

水気のあるおかずはNG

夏のお弁当は、温度と水分が雑菌繁殖のカギになります。

水分の多いおかずは菌の発生を促し、食中毒の原因になり得る場合があります。

スポンサーリンク

おかずをお弁当箱に詰める前にしっかり冷まし、同時に水分が出ない、または極力少ないおかずを使うようにしましょう。

しょう油やソースなどを掛ける場合は、別容器に入れ、食べる直前にかけると、ムダな水分を出しません。

レタスやプチトマトなどの生野菜など、傷みやすく水分のあるものは避けたほうが無難です。

生ものは避ける

ハムやソーセージなどはお弁当の定番のおかずですが、そのまま使うのは、夏のお弁当には不向きです。

お弁当に使う場合は、生のままで食べられる物でも、炒める、焼く、茹でる、煮るなどして、加熱調理するようにしましょう。

ウインナーは斜めに包丁で切り込みを入れる時、ちょっと深めに入れておくと、しっかり中まで加熱させやすいですよ。

素手で触らない

ちゃんと手を洗えば大丈夫、、、とは言うものの、手をしっかり洗っても、何かしら雑菌は残っているものです。

その雑菌が媒介となって、食中毒など引き起こさないとは限りません。

お弁当の調理や特におかずを詰める際には、絶対手で食べ物に触れないよう気をつけて下さい。

菜ばしやトング、使い捨て手袋などを利用して、お弁当に雑菌が付かないよう気を付けて料理しましょう。

冷凍食品も味方につける

全て手作りであればそれが一番ですが、おかずを1品か2品を冷凍食品を加えると、お弁当づくりが格段にラクになります。

その時オススメなのが、冷凍状態で詰めて、自然解凍でそのまま食べられる冷凍食品です。

短時間でも、保冷剤的な役目を果たしてくれますし、手間をかけずに1品増えるのは一石二鳥にもなりオススメです。

冷凍状態のおかずは、1品ならおかずの真ん中に、2品なら少し離して均等に配置して、冷却状態を高めるようにしましょう。

デザートを冷凍する

お弁当のデザートとして、ゼリーを冷凍したり、一口サイズのプチゼリーやこんにゃくゼリーをお弁当箱の中にメニューの1つとして取り入れ、プチ保冷剤変わりにするのもオススメです。

小さいので短時間で融けてしまいますが、一時的に保冷効果を発揮してくれるので、上手に活用してみてください。

涼しい部屋に置く

可能であれば、お弁当はロッカールームなど常温の場所では無く、冷房の効いている部屋や、冷蔵庫に入れておくと、保存状態が確実にUPします。

空調が効かない夏の部屋は、かなりの高温になります。

どうしても常温になる場合は、保冷剤や冷凍ペットボトルを増やすなどして、対策を講じておきましょう。

夏のお弁当のおにぎりを握るコツは?

どんなに洗っても、手には雑菌が必ず残っています。

食中毒やもしもの腐敗を避けるためにも、おにきりは決して、素手でにぎらないようにしましょう!

あらかた冷めたご飯を、素手の代わりにラップや使い捨て手袋などを使って握れば安心です。

その際、塩はちょっと多めにまぶしておくと抗菌作用も高まります。

中の具材は、梅干しが一押しです。

また梅干しを細かく刻んで、ご飯全体に混ぜ握ったおにぎりも美味しいですよ!

ひとくちメモ

以前親戚一同が集まるバス旅行で、各人が持ち寄ったおにぎりや手作りのお弁当を食べたのがキッカケで、集団食中毒を起こして旅行が台無しになったことがありました。

季節は夏、早朝に作り、そのまま詰めて持ってきた人がほとんどだったようで、それを食べた大多数の人が、現地で入院騒ぎになった記憶があります。

大丈夫だった人は、食べなかった人。というのはあまりにも皮肉な話ですよね。。。

夏のお弁当づくりはちょっと面倒ですが、一歩間違えれば大変なことになります。ですがキチンと作れば怖いことはありません。

おいしくて、夏バテしない美味しいお弁当を作って下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする