夏休み宿題を早く終わらせる方法は?やる気を出す方法は?

enikki
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

1か月ほどある、長い夏休み。

この期間に出される宿題は、学年によって、かなりの量を渡されることもあります。

8月後半に焦らず、慌てない為にできることは何か?を知って、今年こそ宿題を早く終わらせましょう!!

スポンサーリンク

夏休み宿題を早く終わらせる方法は?

夏休みの宿題を早く終わらせる「カギ」はスタートにかかっています!!

その大きな理由というのが、規則正しい生活。

例えば、○時に学校に行って、授業を受けて、○時に寝るなど、学校に通っていれば規則正しい生活を送っていますよね!

終業式が終わり、夏休みに入ってすぐの頃は、まだ規則正しい生活パターンが残っています。

このペースを利用して、淡々と宿題を終わらせてしまえば、時間ロスを減らして効率よく、早く宿題を終わらせることができるます。

夏休みになれば、拘束される時間がほとんどゼロになり、一気に生活パターンが変わりますよね!

ダラダラした生活に慣れきってしまうと、宿題なんてする気が起きなくなってしまうんです。

だって、人間誰しも、面倒なもの、やりたくない事は後回しにししたいですから。(≧∇≦)

夏休み中何もせず、最後に宿題をしようとしても、1か月以上勉強を放置していると、驚くほどキレイサッパリ勉強した事を忘れてしまっているし、ジッと座って何かをすること自体、ツラくなってしまいます。

こうなると、何をする気にもなれなくて、ヤル気スイッチなんて、どう頑張っても入りません。

夏休みはスタートダッシュが超重要!脳ミソに刻み込んでおきましょう!!

では、具体的にどうやるかを、次から見ていきましょう!

出された宿題を分解しよう!

すぐ始められるもの、準備が必要なもの等、宿題にも色々な種類がありますよね。

例えば・・・

  • 読書感想文
  • 計算問題
  • 自由研究
  • 絵日記 などなど。

すぐに始められるもの、から宿題をスタートさせましょう!

最初につまづくと、ヤル気が落ちやすいです。どんなに簡単なことでもいいので、自分が楽しくやれそうな事から始めるのが鉄則です。

まずは夏休みの宿題を1つ終わらせて、それを次の宿題へのエンジンにします。

スポンサーリンク

そしてそれ以外で、分解したそれぞれの宿題をするのに必要な事は何か?先に準備しておく事があれば、各宿題ごとにメモ書きします。

こうすることで、自分の頭を整理できて、計画を立てやすくなります。

先ほどの例でいえば、読書感想文なら、課題図書を読む、読む本を探す。

絵日記なら、毎日書く時間を決めたり、1週間に1度、まとめて書くなど決まりを作り、書く内容のメモを作っておくなどです。

すべきことを細かく区切って計画を立てることで、後々とてもやりやすくなります。

時間で区切らない

宿題をする時に、やりがちなのが、「2時間やったら遊んでいい」といった、時間で区切って宿題をする方法です。

これだと、遊んでいても、マジメに宿題をしても、2時間経ったら進行状況関係なく遊べることになってしまいますよね。

時間では無く、始める前に「どこまでやるか」終着点を決めておき、そこまで終わったら時間に関係なく終わりにする方が、確実に宿題が進みます。

早い時間にスタートする

夏はお昼を過ぎると、加速度的に暑さが増していきます。

余程集中できれば別ですが、午後になるとダレて、宿題をするのも大変です。

早朝から午前中を宿題の時間に当てたり、図書館など静かで涼しい場所に移動して勉強したり(1人の方が集中できます)、クーラーのある部屋で勉強するなど、時間と宿題をする環境を整えるなど、状況に応じて買えるようにしましょう!

夏休み宿題でやる気を出す方法は?

ズバリ!自分にご褒美をあげること。

これはいちばん簡単で、効果が高い方法です。

例えば、○ページまで問題解いたら、アイスクリームを食べてもいい!ラインをチェックする、など、小さなご褒美(たのしみ)を残すことで、今を頑張る原動力になります。

ただし、ゲームやビデオなど、1度始めたらやめられない(止めにくい)タイプの遊びは、小さなご褒美に向いていないので要注意です。

ひとくちメモ

7月までは夏休みが長く感じますが、8月半ばを過ぎると新学期まではあっという間。

日中暑くなれば、ヤル気も落ちてダレてきたり、出かけることも多くなります。早目に進めて、ラクして新学期を迎えて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする