日焼け後ヒリヒリした時のケアは?入浴しても大丈夫?

hiyake_sunglass
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

紫外線の強い季節は、短時間でもすぐに日焼けしやすくなります。

海やプール、ハイキング、スポーツ観戦、アウトドアなど、外出先で無防備で過ごすと、気付いた時には肌が大変なことに…。

そうなった時の対処法をしっかり練っておきましょう!

スポンサーリンク

日焼け後ヒリヒリした時のケアは?

日焼けで肌がヒリヒリしているというのは、肌が熱を持っているという事でもありますよね。つまり肌が「火傷」してるのと同じ状態です。

こんな時、とにかく真っ先にしなければならないことは、ヒリヒリしている部分を冷やすことです。

指先など火傷したとき、氷や流水で冷やし続けますよね。あれと同じです。

全身の場合

海やプールなどで日焼けして、全身がヒリヒリほてるなら、水風呂に入って体を冷やすのも1つの方法です。

肌が熱で炎症しているので、冷やして肌のほてりを抑えるのが目的です。

ただし、いきなり水風呂に入るのは、いくら体がヒリヒリしてもちょっとツライですよね。

そんなときは、少しお湯を足して「ぬるーいお水」程度の入りやすい温度からスタートすれば、体が徐々に慣れてくるはずです。

水を足すか、そのまましばらく水風呂に浸かっていれば、水温も下がってきます。

自分のほてり状態に合わせて、温度調節してくださいね。

とにかく全身が熱い時は、まんべんなく冷やすのが先決ですが、体が冷えたり、お腹を冷やしやすいので、休みながら、または短時間でなど無理せず行って下さいね。

腕・足の場合

腕・足など部分的であれば、全身の時と同様に、足が浸かる程度に水を溜めて水風呂に入るか、濡れタオルでヒリヒリとしたほてりが治まるまで、冷やし続けて下さい。

タオルはぬるくなったら適宜取り替えて、熱がある程度治まるまで冷やしておきましょう。

冷たいシャワーもダメではありませんが、肌の状態によっては、シャワーの水圧が肌に強い刺激を与えてしまいます。

念のために落ち着くまで避けるか、水圧を下げてゆるいシャワーで水を当てるなど、肌に刺激を与えないように工夫してください。

顔の場合

手や足と違って隠しようが無い、顔のケアはとても重要です。

とにかく冷やしましょう!

濡れタオルを数枚用意して冷蔵庫で冷やし、ローテーションしながら熱を取ります。

部分的であれば、ハンドタオルを濡らして氷を間に挟んだり、保冷剤の利用も便利ですが、ぬるくなったら、スグに冷たいのと取り替えて連続して冷やすようにしましょう。

ヒリヒリとしたほてり具合は、人によってその状態が違いますが、冷やすのをやめて時間が経つとまたヒリヒリする、という時は、まだ肌が熱を持っていると考えていいでしょう。

スポンサーリンク

落ち着いてきたら冷やす間隔を空けたり、根気よく冷やして顔のほてりが落ち着くのを待ちましょう。

冷えピタなど、貼って冷やすタイプの冷却剤は、剥がす時に肌に刺激が掛かりますし、アナログだけど、濡れタオルなどで冷やした方が効果的に感じます。

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、最初がとても重要です。じっくり冷やして待ちましょう。

冷えた後は?

顔のほてりがだいたい落ち着いてくると、今度は肌が乾燥しやすくなっていたり、肌がツッパって来る場合が多いです。

まずは保湿して、肌に油分を補ってあげましょう。

そのときも肌への刺激を最小限にできるよう、こすらないよう気を付けて下さい。

またパッティングなどは、日焼け後の肌には刺激となり負担になるので、避けた方がいいでしょう。

保湿ローションであれば、冷蔵庫で冷やして塗ると、冷たくて気持ちいいですよ。

また日焼け後は肌が敏感になっていることが多いため、クリームを塗ると痒く感じることがありますが、そんな時はすぐに洗い流しましょう!

肌の乾燥が酷くなる前に、クリームや乳液、保湿ローションなどで乾燥した肌に油分を補います。

顔が日焼けしてヒリヒリしたら、「冷やす → 油分を補う」がカギです。

ちなみに肌がヒリヒリしているときの衣服は、なるべくユルユルのものが刺戟が少なくてオススメです。

体を締め付けるような、キツイ服などは避け、ふんわりした洋服を着ると、肌と衣類が擦れて痛くなるので気を付けて下さいね。

日焼け後 入浴しても大丈夫?

日焼けの状況にもよりますが、少なくともその日は、入浴を避けたほうが無難です。

入る場合は、湯温を下げて入ったり、シャワーの水圧をできるだけ抑えるなど、肌に負担がかからない工夫をするようにします。

熱いお湯は体の皮脂を流し、肌を乾燥させてしまうので、肌を守るためにもぬるめのお湯に入ることをオススメします。

また体を洗う時は、タオルでゴシゴシこするのは避け、石鹸なども出来れば使わず、素洗いのほうが肌に負担がかかりません。

肌の状態がまだ不安定なようなら、洗わず湯船に浸かる程度で様子を見ながら、徐々に元に戻していきましょう。

日焼け後の肌は刺激に弱く敏感になっています。そっとして肌の回復を待ちましょう。

ひとくちメモ

日焼けで全身ヒリヒリすると、寝ていても痛くて寝返りもしにくくなり、想像以上に大変です。

たかが日焼けと軽く思わず、日焼け後のケアを万全にしてお肌をいたわってあげて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする