一気に捨てる、掃除と整理整頓。片付け苦手なら捨てて減らすから始めよう

soji
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

先日長期休みがあったので、大掃除(の時期じゃありませんが)も兼ねて、ひさしぶりに断捨離・お掃除しました。

…と言っても年に2回位、整理整頓を兼ねて掃除をするのですが、前回捨てられなかったものが時間の経過とともに、捨てるモノに変わっていることがよくあるのです。

スポンサーリンク

いつか使うと思っても

断捨離、整理整頓は大事だと考えて、日頃のお掃除は怠らない方ですが、それでも捨てられないな~と思うこと、今でもあります。

今回紹介するのが、ずっと押入れの中を占拠していた、大型のエアパッキン(エアプチ)を丸ごと捨てることにした話です。

ほとんど使ってなかった物で、「いつか使う」からとの理由で捨てられず、何年も保存していました。

でも結局、1回も使わなかったんです。

そんなものなんですよね。

当時あった「捨てたらもったいないな、、、」という気持ちも、必要な時にまた買えばいいんだ、と気持ちが変化して捨てる決断ができました。

いつか使うから…。

この理由だけで、長期間収納場所を占拠しているもの、家の中に相当数あるんじゃないでしょうか?

これがキッカケで、捨てるタイミングや潔さ(いさぎよさ)の感覚をつかんだ感じがします。

今まで不要なものを捨てて来ましたが、断捨離・整理整頓が加速するようになりました。

新たな境地に突入

お片づけと掃除が加速するようになって感じた事、それは…

使わないものに、執着しない、ことでした。

自分にとって不要なものを処分するようになると、次にモノを買う時、本当に必要なものだけを購入するようになります。

ムダにモノを買えば、またゴミになるからです。

…とは言っても、これがなかなか難しい!

買う前に、他の物で代用できないか?前に使っていたアレを使おう!など、工夫して買うようになりました。

トライ&エラーで、どんどん切り替え上手になって行くんだと思います。

モノにも「気」がある

人に「気」があるように、モノにも「気」があります。

古いものには、古い気が溜まります。

そして部屋に不要な「モノ」が溜まり過ぎると、そのモノから発せられるエネルギーで疲れたり、散漫になり、部屋にいても落ち付かなくなったり、グッスリ睡眠できない。

そんな話を聞いたことがきっかけで、より整理整頓や掃除に力を入れるようになりました。(そのお陰か、常に即寝・熟睡できてます)

自分の部屋を居心地のいい空間にするために、身軽な暮らしを心掛けるって、大切なんだと実感しました。お陰でとても快適に過ごせます。

まず捨てよう

断捨離で大切なのは、まず捨てる事です。

要らないものを捨てることで、収納スペースが新たに出来て、部屋が片付けやすくなります。

モノが減ると、何より部屋がすっきりします!

スポンサーリンク

押入れを断捨離したのに、不思議なことに部屋が広くなったように感じたのは、溜まっていたモノの古い「気」が一掃されたからなのでは?と思っています。

散らかっていたものを片付けただけじゃ、すぐ部屋が元通りになってしまいます。

モノが片付かない、部屋からモノがあふれるのは、部屋のキャパよりモノが多いから。

新しい収納ラックを買うより先にするのは、片付けるためにまず捨てること。

そうすると、整理整頓するスペースができます。

始めやすいのは、洋服や靴などの日常品関連がオススメ。私が断捨離を始めた時、最初は洋服やバッグ、靴など、ファッション関連からでした。

ここで最初のカベになるのが、下記の3つのM。

  • まだ着れる
  • まだ新しい
  • まだ使える

3つのM「まだ」がジャマして、最初はなかなか捨てることができないかもしれません。

そこで「捨てる・残す」時のマイルールを決めておくと、決断がしやすくなります。

例えば、捨てられず「保留」にしたものは、3カ月後に見直す、1年着なかったら捨てる等です。

整理整頓したい、部屋を片付けたいと思った時に、これが決まっているとスムーズに進むので、試してみて下さい。

要らないものと決別すること。

ここがスタートラインです

  • 何年、何十年も着てない服はないか?
  • 履かない、古い靴はないか?
  • セールで買った食品の賞味期限は切れてないか?

自分の部屋や台所など、身近な場所から整理すると、成果が見えやすく、達成感を感じやすいです。

私は捨てるか迷ったら、一時的に保管し、数か月から半年後に再度見直しています。

気を付けていても、モノっていつのまにか増えてしまうので、点検も兼ねて見直しのジャッジをします。

すぐに捨てる決断が付かないものって、初めはたくさんあるものです。

ある程度片付くまで、定期的に整理整頓すれば、より確実に部屋が片付くようになりますよ♪

モノだって循環させる

徐々に慣れてきたら、古くなった服、流行遅れの服、まだ使えるけど高かったから捨てられない服や靴、バッグ、本、雑誌、雑貨類などは、人にあげたり、一気に捨てました。

こうなると、片付くのが早いです。

いくつもゴミ袋ができて達成感があり、部屋がスッキリ片付くのを実感しました。

食べたら出す。

人間と同じように、モノを買ったら(手に入れたら)いつか、出す(捨てる or あげる)。

この循環が体になじんでくると、ゴチャゴチャした空間に違和感を感じるし、無性に片付けたくなってくるから不思議です。

さぁ、どうにかしたい!と思ったら、レッツお掃除!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする