七夕の竹 どこで販売してる?枯れるのを防ぐには?処分方法は?

tanabata
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

織姫と彦星が年に1度、出会えると言われるの七夕。

カップルにとってはロマンチックな日でもあり、子供にとっては学校行事の1つ、そして夏の風物詩でもあります。

そんな七夕を、もっと身近に感じるためにも、短冊に願いを書いて笹に願かけしてみませんか?

スポンサーリンク

七夕の竹 どこで販売してる?

普段はお正月の門松くらいしか、ほとんど見かけない竹ですが、この時期になると店頭で見かけるようになります。

実際は大型の物を「竹」、小型のものを「笹」と区別して読んでいますが、購入する際はあまり気にする必要はありません。

主に取り扱っているのは、下記のようなお店が多いです。

  • お花屋さん
  • ホームセンター
  • 大型ショッピングセンター
  • 通販

店頭に並ぶか不安な場合は、ショップに確認したり、予約を入れておくと確実です。

また毎年買うのが面倒、捨てるのが大変、という場合は、造花の竹を使うのも1つの方法です。

シルクフラワーなど本物?と思うようなリアルに感じる竹から小型のものまで、探すと色々あります。

用途や大きさなどによって選べ、毎年買わずに使えるのも魅力の1つです。

七夕の竹 枯れるのを防ぐには?

竹や笹を七夕飾りにするのに、ちょっと困ったことがあります。

それは竹の水揚げが悪く、くるくると葉が丸まって、カサカサしてしまうんです。

普通の切り花のように水に浸けておけば大丈夫、というタイプの植物とは一線を画します。

そのままではダメなのが、竹なんです。

少しでも竹を長持ちさせるために、工夫できることはしてあげましょう。

checkaka 節に水を入れる

竹にはいくつもの「節」がありますが、各節目から1センチ下あたりにキリ等で穴をあけ、水を入れておく方法です。

時間の経過で節が黄色く枯れてきても、葉はそのままの状態をキープしてくれます。

コツは、全ての節の中に水を入れること。

水がなくなるころ、また水を補充するようにすると、竹が長持ちします。

checkaka 酢水に付ける

水:酢を3:2で浸けると竹が長持ちします。

また花屋さんなどで竹を購入した際に、葉が枯れないコツをついでに聞いておくと、何かいい情報が聞けるかもしれません。

七夕の竹 処分方法は?

昔は七夕が終わったら川に流す、なんて風流な時代がありましたが、今はそんな事をしたら、「不法投棄だ!」なんて通報されたり(笑)、川の周辺に住む人や環境問題にも悪影響を及ぼしてしまいます。

スポンサーリンク

そのため、現代の七夕の後の処分方法には十分注意しましょう。

checkaka ゴミに出す

竹を小さく切って、燃えるごみで出してしまいます。

枝葉などは花バサミ、また手で折るなどできますが、本体部分の竹がちょっと太めの場合、ノコギリ等を使うと早いです。

家庭で飾り付ける竹は比較的細いので、場合によってはテコの原理を利用して、うまく手で折れる場合もあります。

いずれにしよ、お住まいの自治体の処分方法に従って捨てるようにしましょう。

ちなみに一緒に付けた短冊だけは別に取り外し、しかるべき方法で捨てた方がいいでしょう。

checkaka 神社に奉納

近所の神社に持って行って、お炊き上げをしてもらう方法があります。

ただし神社によって受付の可否がある所、短冊のみのお炊き上げ(有料・無料は神社によって異なる)など、取扱い方が違います。

まずは電話で必ず問い合わせするようにしましょう。

現時点で、短冊のお炊き上げをしている神社を紹介します。(情報が変更されている場合もあります。)

checkaka 媛社(ひめこそ)神社
七夕の里・小郡で知られる、別名、七夕神社。こちらでは夏祭り翌日の8月8日に、奉納刺された短冊は、諸願成就を願って焚き上げられます。 お炊き上げ希望は下記宛に連絡。

七夕の里振興協会
代表 松尾文雄さん
電話番号:0942-72-0342

checkaka 築地・波除神社
住所:東京都中央区築地 6-20-37

願い事をした短冊は、神社まで持参すればお祓いした後、お炊き上げをしてくれます。(竹や笹の処分は不可です)

checkaka 燃やして処分

自宅などで燃やしてしまう方法です。

都市部ではなかなか難しいですが、可能な地域では有効です。

ただし、煙が風で流れてご近所トラブルに発展する場合もあるので、周囲の事情や時間を考慮して行うようにしましょう。

ひとくちメモ

いい状態で竹を保存させて、想い出に残る七夕にしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする