サーモスの弁当箱。男性用!人気売れ筋保温ランチボックス2選

hoon_lunch_jar


せっかく食べるなら、温かいお弁当が食べた~い!

同じお弁当を食べるにしても、温度がある・無しでは、食べた後の満足感ってやっぱり違いますよね。

マグボトルなどでもおなじみ、優れた断熱技術で保温してくれるサーモス(THERMOS)のお弁当箱なら、作りたてのおいしさと、温かさをしっかりキープしてくれますよ!

おいしいお弁当を食べるには、まずはお弁当箱選びから!

今回は量もたっぷり入って、男性にオススメな、サーモス人気のお弁当箱をピックアップして紹介します。お弁当箱選びの参考にして下さいね。

サーモス ステンレスランチジャー JBG-2000

タテ型、コンパクトで大容量、人気のお弁当箱がコチラ。

これ、とっても人気です。

↓↓↓

このお弁当箱は、ご飯、おかず、スープの3種類が入るようになっているので、汁物もお弁当に入れたい!という人にもオススメです。

セット内容と容量はコチラ

↓↓↓

お弁当箱セット内容と容量

◆おかず容器x1コ(400ml)

◆ごはん容器x1コ(750ml)

◆スープ容器x1コ(300ml)

◆ハシ

◆ハシケース

750ml!ご飯の量がたっぷり入るんです。

育ち盛りや働き盛りの男子たちでも、この量なら食べたりない、、、なんてことも無くなるかもしれませんね。

ちなみにこのお弁当箱、すごく良くできているんですよ。

お弁当をセッティングする際、下から、スープ、ご飯、一番上がおかず、という順番で乗せるんですが、下の2つ部分だけが真空断熱で保温するような仕組みになっているんです。

傷みやすいおかずは常温でキープできるようになってます。

利用者の口コミをまとめました。参考にどうぞ~!
↓↓↓

口コミをチェック!

◆ゴハン入れが大きくて余裕あります。大盛りも入ります!

◆夫用に。ごはんもたっぷり入り、味噌汁も熱々のままで大喜びだった

◆夫用に。朝7時に詰めお昼過ぎまで温かい。スープもこぼれないし、容量も男性の食事にちょうどいい

◆野球をやっている息子用。熱々のごはんが食べられます

◆温かい味噌汁が飲みたいとのリクエストで購入。スープ容器に熱湯を入れて温めると持ちがいい

◆息子用に。朝5時に詰めて12時前後の昼頃でもあったかいご飯が食べられる

◆高校生の息子用に。ごはんもスープも冷めず、おいしくペロっと食べられる

◆夫用に購入。ご飯も味噌汁は熱いくらいのお弁当に大喜び

圧倒的に多かったのが、ご主人や息子さん用に利用しているというもの。

中には他の人のお弁当が温かいのを見て、弁当箱を買ってとリクエストされたケースもありました。(笑)

お弁当って、温かいと3割増しでおいしいですからね、、、

寒い季節はもちろんですけど、フタを開けたら湯気が出るお弁当は、お昼の時間が断然楽しみになりますね!

このお弁当箱、本体(保温部分)以外は食洗機対応なので、洗うのもとっても便利。

おかず、ごはん、スープ容器やフタ、箸や箸ケース、パッキンなども食洗機OKなので、ラクできますね。

サーモス(THERMOS)保温弁当箱/DBQ-502

中学生、高校生の食べ盛りの息子用に、社会人男性用に、容量多めで人気のお弁当箱がコチラ。あったかいご飯がおいしい~!と人気です。

↓↓↓

セット内容はコチラ

↓↓↓

お弁当箱セット内容は?

◆ご飯容器+保温容器+ご飯フタ

◆おかず容器x2個+おかずフタ(2枚)

◆お箸

◆箸ケース

◆専用ポーチ

容量は下記です。ご飯もおかずも、たっぷり入りますよね。

↓↓↓

  • おかず容量:300ml×2個
  • ごはん容量:500ml

ご飯容器は、2重構造になって保温するようになっています。

まずは本体容器にご飯を入れたらフタをし、次にステンレス製の真空2重構造になった保温ケースに入れると、ご飯が保温できるようになっています。

ちなみに、ご飯をより温かくキープするコツが紹介されていました。

その方法が、(フタはせず)ご飯容器に温かいご飯を入れたあと、レンジで温めてからフタをして保温容器に入れると、温かさが長持ちするそうですよ。お試しあれ!

炊きたてのご飯や、保温中の温かいご飯のときでも、出かける前にこれをするといいそうです。詳しくは取扱説明書をチェックしてみてくださいね。

傷みやすいおかずは、常温のまま。重ねて専用ポーチに入るようになっています。

食洗機もつかえるので便利ですよ。

さいごに・・・

毎日作るお弁当は大変ですが、ほかほか湯気がでる温かい食事を食べたら、午後からまた、もうひと頑張り!なんて気分にもなりますよね。

コンビニのお弁当より、カップラーメンより、温かいお弁当に愛情いっぱい詰めてあげてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする