妻のクリスマスプレゼント30代の平均予算は?何あげる?サプライズは?

tumaxmas
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


妻へのクリスマスプレゼント。

せっかく買うなら喜ぶものを贈りたいけど、何を贈ろうか迷いますよね。

日頃の感謝の気持ちを込めて、今年はちょっとマジメに考えてみませんか?

スポンサーリンク

妻へのクリスマスプレゼント30代の平均予算は?

世のご主人が妻へ贈るプレゼント予算、いくらぐらいだと思いますか?

もっとも多いのが、1~3万円が平均価格帯のようですね。

毎月のおこづかいをやりくりしたり、へそくりから捻出したり、コツコツ貯めてるダンナ様もいらっしゃるのではないでしょうか?

年末年始は、お金の出入りが激しいイベント続き。賢く奥様のプレゼント代を残しておいて下さいね。

妻が喜ぶクリスマスプレゼント何あげる?

一番のキモとなる、プレゼント選び。

40~50代に比べて、30代の世代は、イベントを大切にする傾向が多いような気がします。

1年の中で、クリスマスも大きなイベントの1つ。

どんなものを選べばいいか?次から見ていきましょう。

何を選べばいい?

最初にブチ当たる問題が、何を買えばいいか分からない、、、かもしれません。

何か考えているものがあれば、それを優先に探す。

思いつかなければ、難しく考えずに、まずは下記の定番モノから探してみましょう。(定番とは言え、迷うほど色々あります)

  • アクセサリー(ネックレス、ピアス、ブレス)
  • 財布
  • バッグ
  • 時計
  • マッサージ器
  • マフラー、手袋
  • スイーツ等

探しかたのポイントは?

お店で買う、ネットで探す、どちらでも構いません、

オススメは内緒に出来て、ゆっくり選べる通販ですが、ネットで情報収集してから店舗へ買いに行く方法もアリです。

また妻と買いに行く(一緒に選ぶ)のもアリです。

女性のプレゼントを探すって、慣れないと大変ですよね。

そんな時は、「少しずつ」目を慣らすのがポイント。

スキマ時間などを使って、通販の商品ページを色々見回りながら、商品知識を徐々に増やすことから始めましょう。

ただし、漠然と見るのはNGです。どれも同じに見えて、最後は迷路に迷い込んでしまいます。

ポイントを絞り(ネックレスならそれだけをチェックする)、購入予算を決めたら、ブランド、形、色、素材などを比較しながら探しましょう。

通販で購入予定の場合、ラッピング可能か?もチェックしておくと、後でショップを選ぶときの目安になりますよ。(自己ラッピングは、初めてだと手間もかかり面倒かも)

選ぶときの注意点

30代ともなれば、自分の好みや趣味、使いやすい形や大きさ、好きな色やデザインなどがありますよね。

プレゼント選びの際には、そうした部分も反映できるよう、妻の好みを考えつつ選んでみて下さい。

例えば財布。

長財布や2つ折り、3つ折り等の形。

カード収納数や小銭の出し入れ具合、色、デザインなど、好みや使い勝手で選択肢は無限大にあります。

使い捨てでは無い場合、長く使うものなら、その使いやすさ、自分がコレ!と思うものを使いたいかもしれません。

奥様が使っている財布はどんな風か?使い勝手は気に入っているのか?さり気なく、何気なく聞きながら情報収集をしてみて下さい。

妻と一緒に選ぶ場合

妻と一緒に選ぶメリットは、欲しいものが確実に贈れること、自分(夫)が探さなくてもいいことです。

奥さんの好みに精通していれば問題ありませんが、もし不安を感じるなら、本人に選んでもらうのも1つの方法です。

でもプレゼントにならないんじゃ?と思うかもしれませんが、女性によってはケースバイケースです。

今年は何かな?とワクワクするタイプの妻なら、夫が選んだほうが喜んでくれますが、いつも微妙なカオをされるなら、妻に選択権を渡した方が喜んでくれる可能性が高いです。

オレが選んだ「そこそこ」気にいるものより、妻が本当に欲しいものを贈りたいから、選んで欲しい(または何かリクエストある?)と聞いてみましょう。

妻に最初に伝えるのは、予算です。

そして、注文する、または買いに行くのは夫(または夫婦で)。

そして完全に丸投げするのではなく、

「何か欲しいもの、見つかった?」

「財布はもうアレ、何年目だっけ?」

「ウォーキング用のクツ、結構履いてるよな?」

…などと、さりげないフォローを入れてあげましょう。

妻側は「あ、見ていてくれたんだ」「気にしてくれてるんだ」と、探すのがメンドクサイからコッチに選ばせている、といったネガティブな気持ちが和らぎます。

そして、「良さそうなのがあったら教えて」と伝えたり、妻側からこれはどうかな?と意見を求められたら「どれどれ?」と一緒に見てあげることもお忘れなく。

決して、メンドクサイ顔をしたり、どれも同じだろ?的な奥さまが萎えるコメントは避けて下さいね。

「いいね。」「似合うよ」「使いやすそうだね」「コッチの色も良さそう」といった、肯定のコトバや、僕も一緒に考えているよ、という意志表示をすることも、女性にとってはうれしいことです。

  • 何にしようか、迷ったり考えたりする楽しみ
  • 下見をする楽しみ
  • プレゼントを選ぶ楽しみ
  • ダンナさまと相談する楽しみ

女性にとって買う前の過程も、プレゼントも大事なことです。選ぶだけが目的じゃな無く・・・

  • 迷って
  • 選んで
  • 相談して
  • 買う

その過程をとても大事にします。(モチロン全ての女性じゃありませんが)

「選ぶのが面倒くさくてら投げたんだ」、ではなく、好きなものを選んで欲しいからなんだ、という風に感じてもらうには、ちょっとした気配りをちりばめてくださいね!

ちなみに、花束やスイーツは、ある程度好みが分かっているなら、夫側でチョイスも可能だと思いますよ♪

せっかくなので、プレゼントにおすすめのアクセサリー、紹介しますね!

無料のリボン付ケース付なので、ギフトにもGOODです>>>人気のダイヤネックレス

妻へのサプライズは必要?

妻へのサプライズ、やっぱり必要かな?と考えているご主人もいらっしゃるかもしれません。

これは、ケースバイケースです。

結婚前の彼女であれば、クリスマスにはおしゃれして、デートする場合、あらかじめ準備しているので、サプライズしても特に問題はないですよね。

でも結婚している場合、当日になって「今日はレストラン予約しといたから」、というタイミングのサプライズはちょっと微妙です。

妻の立場で考えてみましょう。

確かにサプライズの食事は、うれしいかもしれません。

その反面、そうだと分かっていたら、着ていく服や靴、カバン、髪の毛のセット、ネイル、メイクなど、ワクワク楽しみながらその日を待っていたはずです。

当日になって「今日○○時に予約してるから」早く支度して!!なんて言われたら、慌てるし、何着ていけばいいのか悩むし、買いものだって済んでいるかもしれません。

サプライズだから喜ぶだろう、ではなく、女性はレストランで食事する準備段階から、ディナーを含めて楽しみにしている場合が少なくありません。

服やバッグ、くつ、アクセサリー、メイクをあれこれ考える過程を大切にしています。

夫は妻がたのしんだ、という結果を。
妻は夫がプレゼントしてくれたモノや、その過程を大切にしています。

全ての女性が上記の例に当てはまる訳ではありませんが、妻のタイプを考えながら、臨機応変に対応してあげて下さいね!

ひとくちメモ

せっかくプレゼントするなら、喜んでくれるのがいちばん!

お互いにとっていい日になるよう、色々考えてみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする