梅雨の布団の干し方は?フローリングの布団対策は?

hutonsike
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

梅雨時期は湿度が高いので、一晩寝た布団は特に湿気ています。

雨降りでも快適に過ごすための知恵を紹介します。

スポンサーリンク

梅雨の布団の干し方は?

雨でジメジメしてても、布団を湿気から守って、快適な眠りを確保したいですよね。

そんな時、梅雨の晴れ間は貴重です。

晴れたら、必ず布団を干すようにしましょう!

checkaka 前日が雨のとき

前日まで雨が降っていた場合、まだコンクリートが濡れているようなら、すぐに干さない方がベストです。

雨が蒸発し始めの頃に干すと、布団が湿気を吸いやすいので、あらから乾いてから干す方がムダがありません。

checkaka 裏を干す

干し方ですが、より湿気を溜めている、布団の下側を天日に当てて干すようにしましょう。

天気が良ければ、布団に敷いているシーツや敷きパッドなども洗濯すればパーフェクトです。

布団と同じように、これらも湿気や汚れ溜めているので、こまめ洗濯したり、干したりすることで気持ち良く使えます。

checkaka 天日干しできない時

日中天日で干す時間が無い、外に干せない環境の時、頼りになるのが布団乾燥機です。

梅雨時期や冬場の限られた日の中で、お天気を気にすることなく、布団を乾燥させることができるのは、かなりのメリットがあります。

湿気が取れると、布団も軽くなるのが分かりますよ。

布団が重くて干すのが大変な人にも、乾燥機があれば気軽に布団を干せるので、非常に便利ですし、仕事で日中干せない人も、時間を気にせず帰宅後に湿気を取ることができます。

checkaka 雨続き、布団乾燥機も無い

一番心配なのが、このパターンです。

気を付けないとカビやダニが繁殖しかねないので、要注意。

まずは、起きたら必ず布団を畳むこと。これは徹底しましょう。

敷きっぱなしでは、湿気がこもったままになってしまいます。

布団を畳んだら、すぐに押し入れに収納せず、そのまま1時間ほど壁に立て掛けて、湿気やムレを放出してください。

その際、空気の流れがある所に立て掛けておくといいですよ。

日中天気が悪い日が続いた時は、半日~丸1日、部屋に出しっぱなしにしておいても構いません。(ちょっとジャマですが)

また梅雨時期は押し入れも湿気ているので、除湿シートなどを入れいたり、布団を収納した後、扉を閉めずに開けっぱなしにしておくと、空気の流れができるので、中で湿気にくくなります。

スポンサーリンク

晴れた日のタイミングで、外干しして湿気を取るようにしましょう。

梅雨 フローリングの布団対策は?

フローリングの材質は大きく分けて、木、またはビニール製の場合があります。

天然木だと木が呼吸する(通気性がいい)ため、湿気ても布団を畳めば徐々に乾燥し、カビたりすることが少ないです。

気を付けたいのが、ビニール製のフローリングの場合です。

布団の湿気が分散されず、布団だけに留まってしまうので、敷きっぱなしでいると、フローリングに接する側の布団に、黒カビが付きやすくなります。

しかも梅雨時期は布団を干す日も限られるので、布団に湿気が残ったまま夜に布団を敷くことを繰り返していると、カビやダニなどを湯初する状態になってもおかしくありません。

特に湿気やすいのが、背中からお尻あたりが溜まりやすい部分です。

checkaka バスタオルで湿気対策

布団を敷く時に、1枚バスタオルを敷いてから、敷布団を敷きます。

布団の湿気をバスタオルが吸収する事で、湿気を分散でき、カビにくくなります。

その際、背中からお尻にかけてバスタオルが当たる位置に敷くのがポイントです。

布団の下に敷いて除湿する、除湿シートも売っているので、あればそれでも構いませんが、バスタオルなら自宅に必ずあるので、すぐに湿気対策として使える利点があります。

朝、布団を畳むと、バスタオルがかなり湿っているのが分かります。

晴れていれば(曇りでもOK)バスタオルを外に干し、湿気を取り、雨で干せない時は、室内で干して乾燥させます。

バスタオルは1週間に1度くらいの割合で、洗濯をするようにしてください。

なんども繰り返し敷いていると、毎日乾燥させても、ヘタってきたり、汗で汚れてきます。

お天気の具合にもよりますが、出来るだけこまめに洗濯するようにしましょう。

布団に付いた黒カビを落とすのはかなり大変です。

以前使用していた布団は何も敷かずに使っていたら、いつのまにか背中から腰のあたりの位置に、無数のカビができてしまいましたが、下にバスタオルを敷いてから布団を敷くと全くカビ無くなりました。

普段から、天日干しや押し入れに湿気が溜まらないようにするなど、ちょっとした工夫も大切です。

押し入れは、モノを詰め込み過ぎると、空気が流れにくくなり、湿気をためやすくなるので、収納はマックスまで入れず、7割程度におさまるよう、整理しておきましょう。

梅雨時に限らず、布団は必ず起きたら畳んでしまう、を徹底して、敷きっぱなしの「万年床」は避けるようにしましょう。

ひとくちメモ

梅雨時の布団は予想以上に湿気が溜まるので、「まとめて湿気を取る」のではなく、できるだけ定期的にすることで、梅雨のジメジメ布団を快適に使う事ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする