梅雨の流しのカビ対策は?梅雨のカビ 換気は必要?

nagashidai_sink
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

お風呂場に次いで、カビが発生しやすいのが、キッチンの流しや台所といった「水場」ですよね。

食事を作って食べることは、自分の体に栄養を取り込んで健康を維持する場所。

特に梅雨時期はカビやすいので要注意。さぁ、今日から清潔キッチンで自分の健康を守っていきしょう!

スポンサーリンク

梅雨の流しのカビ対策は?

流しは食器やお鍋を洗ったり、野菜や肉、魚の下ごしらえなど、常に汚れが溜まりやすい場所です。

常にどこか濡れていて、調理することで火を使うことで、キッチンの室温も上がり、汚れはエサになるため、カビや雑菌が繁殖するパーフェクトな環境になりやすいんです。

さらに梅雨だと、湿気も手伝っていつも以上にカビが付きやすくなります。

カビを作らない方法は、こまめな掃除に尽きます。

そう聞くと「なんだか面倒だな」と感じますが、習慣化すれば短時間で流しのお掃除も終わるので、ラクですよ。

流し

流しは食器洗いなど、全ての作業が終わったら、シンクを食器用洗剤か石鹸を使ってスポンジで洗い流します。

この時使うスポンジは、食器を洗うものとは分けて下さい。

例えば我が家では、食器用として使っていたスポンジを新品に変えるとき、そのスポンジをシンク洗い用に使いまわしています。

その際、食器用とシンク用を間違えないように、シンク用をハサミで半分にカットし、小さくすることで、ひと目で分かるよう工夫しています。

食器用のスポンジを交換するごとに、シンク用に替えていけば、ムダ無くフレッシュローテーションできる利点があります。

特にすぐ使わないのであれば、残り半分は捨ててしまいましょう!

この小スポンジに先ほど書いた洗剤を付け、シンクを洗います。

タワシや金タワシなどもありますが、スポンジに比べシンクに傷が付きやすいので、個人的にはスポンジがオススメです。

もちろん、自分で使いやすいものであれば、種別は問いません。

シンクの中で特に汚れが残りやすいのが、四隅です。その部分だけちょっと多めにこすっておくと、いいですよ。

基本的に流しの掃除のために、専用の洗剤を買う必要はありません。

先ほどの食器用洗剤や石鹸で、毎日掃除していれば十分こと足ります。

三角コーナー

これはヌメリや黒カビが付きやすい場所です。

基本は毎日の流し掃除の時に同時にやるのがベストですが、とにかく定期的にお掃除すれば、大繁殖するほどカビが付くことはありません。

水回りは、カビやぬめりと常に背中合わせ。

シンク同様、半分にカットしたスポンジに食器用洗剤か石鹸を付けて洗いますが、カビが生えてスポンジでは取れない所や細かい部分は、使用済みの歯ブラシを使って洗います。

ひどいカビ汚れが付いてしまったときは、「カビハイター」などを吹き付けて、一度汚れをリセットさせましょう。

スポンサーリンク

ぬめりやちょっとしたカビ程度なら、ハイターに付けておくと取れます。

強い洗浄剤は取れやすいですが、本体を傷めやすいので、1度リセットしたら、あとは毎日こまめに軽ーくお掃除する程度で、十分間にキレイにキープできます。

スポンジ置き

ここもカビやすい場所の1つですが、定期的なお掃除ができれば、それほど心配しなくても大丈夫。

スポンジをスポンジ置きに置くとき、必ずギュッと水分を絞ってから戻すようにすること。

水分が下にタラタラ垂れたままだと、常に過剰な水分が留まることになり、カビができやすくなります。

ときどき洗いものが終わった夜、スポンジに洗剤をつけ、クシュクシュ泡だててそのまま放置しておくと、除菌できるタイプの洗剤もあるので、スポンジの衛生を考えてやっておくといいですよ。

またキレイそうに見えて、意外と雑菌の宝庫でもあるので、できるだけ短期間で新しいものと交換して使うようにしましょう。

排水口

ここはカビや特にヌルヌルとした状態になりやすい場所です。

掃除するなかで、ここが一番キライ!という人も多いかもしれませんが、やはり放置してしまうと雑菌が繁殖するので、お掃除必須箇所です。

ここは古くなった食器用スポンジに、洗剤を付け洗います。

このスポンジは、終わったら捨ててしまいましょう。これであらからキレイになればOKですが、細かい箇所は使用済みの古い歯ブラシを使って、汚れを落としましょう。

スポンジでは落とせない細かい所は、歯ブラシで落とすとよく落ちます。

ふきん

台所用のふきんは、ニオイが付きやすく、ポツポツとした黒カビが付きやすいです。

梅雨はとくにそうです。

我が家が行っている方法は、ギュッと絞ったあと、レンジで1分ほど加熱したら広げて、流しの所にかけておくだけ。

こうするとイヤな臭いや、カビが付かず良い状態をキープできます。

梅雨のカビ 換気は必要?

流しも含め、梅雨は家中がいつも以上に湿気っています。

せめて梅雨の晴れ間や曇りの日などは、部屋の窓を開けて家全体に空気を流すよう、換気をするようにしましょう。

日中家にいない人は、起床時や帰宅後に一定時間窓を開け放って、空気の入れ替えを行う事で、家や部屋に臭いがこもるのを防いだり、見えない雑菌やカビ菌をリフレッシュしてくれます。

ドアを開けたとき、何だかカビ臭い家ってあります。

実際に目には見えませんが、ジメジメした環境ではどこかでカビが発生したり、繁殖を繰り返しています。

換気と掃除を徹底することで、そういった状態にならないよう、ケアすることができます。

ひとくちメモ

雨続きの梅雨の毎日は、家全体が湿っぽくなったり、洗濯ものの部屋干しで湿気やすかったり、カビが出やすい環境が揃っています。

余分な水分は拭き取って、梅雨の晴れ間にはしっかり家の換気をして空気のよどみを少しでも減らすようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする