野菜ジュースの効果 肌にいい?効果がある時間は?市販と手作りどっち?

vegikoka
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


30代に入ると、女性は徐々に肌トラブルや肌の悩みが増えてきませんか?

「一時的なこと」と放置せず、小さなことからいつものケアに加えていくことで、誰もが迎える「肌の下り坂」をゆるやかにすることができます。

その1つが野菜ジュース。肌への効果を改めて検証しました。

スポンサーリンク

野菜ジュースの効果 ホントに肌にいいの?

毎日キチンと必要量の野菜や果物を摂って、ビタミンCやカロテン、食物繊維などをカラダに取り込むことは、健康や美肌を作る上では欠かせませんよね。

でも日々取り入れるのって、なかなか大変です。

毎日忙しく過ごしていると、自分の健康管理まで手が回らないことがほとんど。

そんな時、野菜ジュースで便宜的に野菜の栄養分を摂取できれば、お肌にとっても理想的ですし、少なからずプラスになります。

市販品と手作り野菜ジュースの違い

野菜ジュースは市販品、または手作りして飲むかの2択がメインです。

ただし市販品の野菜ジュースは、手軽でいつでも飲める便利さがある反面、飲みやすくするため糖分が入っていたり、新鮮度は手作りにはかないません。

可能であれば、ミキサーを使って野菜ジュースを手作りした方が、市販品を飲むより新鮮で栄養価が高く、旬の野菜を使ったジュースを作れるので、お肌にもプラスの効果を期待できます。

ただし飲んで100%の効果を期待するのではなく、補助的に野菜の不足分を補いながら、肌への効果があると考えておきましょう。

体に現われる変化は、とてもゆっくりしています。でもそれが自然な形。飲むなら焦らずゆっくり続けることが大切です。

野菜ジュースを飲んで効果がある時間は?

食感や食後、寝る前など、いつ飲むのが効果があるのか、気になりますが、基本的にはいつ飲んでも問題ありません。

オススメの時間帯は朝や昼。

逆に避けたいのが、夜寝る前に飲むことです。

就寝前は避ける

寝ている時に胃に滞留物があれば、内臓は消化活動をしなければならず、休息することができません。健康・美容にも大きな影響を及ぼすので要注意なんです。

就寝時は胃がからっぽの方が、胃や内臓に負担がかかりません。

もう1つ気を付けたいのが、糖分。

市販の野菜ジュースには糖分が含まれていますから、知らず知らずに糖分を摂取することになります。これを毎晩寝る前に飲んでいたら…。ちょっと心配ですよね。

ですので、夜は避けるか、どうしても!という時は、遅くても寝る2時間ほど前には、飲み終わるようにしましょう。

食後すぐは避ける

食後すぐ水分を取り過ぎると、胃液が薄まってしまい、消化能力が落ちて消化不良になりやすくなります。食べた直後は控えるようにしましょう。

市販と手作りはどっちがいい?

市販の野菜ジュースは買ってすぐ飲めるので、便利で手間がかかりませんよね。

でも味を均一化させるのに糖質分が高かったり、繊維質である絞りカスは漉されて無いので、飲みやすい反面パーフェクトではありません。

手作りの場合、旬の野菜や素材を丸ごと使って作れるので、申し分ありません。

その反面、色んな野菜や果物が必要なので、かえって割高になったり、毎日作るのが面倒になったり、ジューサーの洗浄が意外と面倒だし、手間暇がかかります。

また高速ミキサーやジューサーで作ると、酵素が壊れるというデメリットも…。酵素を壊さず作れる低速ジューサーもありますが、ちょっと高額なのがネック。

そうなんです。

市販品も手作りも、それそれメリット・デメリットがあります。

野菜ジュースは継続して飲むことで、身体にも、お肌にもいい相乗効果があるので、市販と手作りを上手にミックスさせながら継続するのがベストです。

その中でも、コレはいいな、と思うのが200種類以上の有用成分を含んだ、奇跡の果実ともよばれる、生命力の強い植物のジュース。

1日30mlでキレイの底上げができる優れものです>>>飲む美容・抗酸化ジュース

ひとくちメモ

自分で飲む場合、特に気を付けているのが冷やさずに常温で飲むことです。

冷たいものを食べたり、飲んだりすると、内臓や身体を冷やしてしまうからです。

また胃に負担をかけないよう、一気にゴクゴク飲まないようにしています。

一番いい状態で吸収されれば、効果も実感しやすいですし、結果が出れば自信にもつながりますよね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする