髪断食7週間目 髪のニオイと皮脂がメインのお悩みにシフト

oilu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

髪断食シリーズ。髪のためにシャンプーやめました、10回目。7週間が無事経過しました!

今週も特に大崩れすることなく、想定の範囲内で淡々と過ごすことができました。ここまで来ると一通り経験してきたので、困ったり、悩むことが無い分、精神的にラクになりますね!

スポンサーリンク

ニオイに要注意!

気温が高くなってくると、気をつけなきゃいけないのが「ニオイ」。例のクシュクシュ洗いをせず、通常の湯シャンだけだと、皮脂量によってニオイが多少気になってくるので、薄着~半袖の季節あたりから、日々ちょっと要注意です。

目安はドライヤーで乾かす時。何とも言えないニオイが「もぁーっ」と漂うので、すぐ分かります。土台のニオイは油が酸化したにおいですが、それにプラスして別のニオイがミックスされた感じでしょうか。

私の場合、皮脂量がまだちょっと多めにでてる感じですが、支障をきたす程ではありません。ただ、平日湯シャンだけで済ませていると、徐々に髪に付いた皮脂と頭皮の皮脂が酸化したニオイの相乗効果で、髪を乾かした時にビミョウなニオイが発生します。

なので、1週間に1回(基本は日曜日)に髪全体をクシュクシュ洗い(純せっけん)して、クエン酸リンスで中和し、髪をリセットしています。頭皮に関しては湯シャンのみでノータッチ、洗いません。目的は髪の表面に付いた、酸化した皮脂を軽く取ること。

リンスっていらない?

トリートメントしないと、クエン酸だけじゃ髪がきしむような気がしますが、そんなことありません。髪を乾かしてセットしてみると、普通にサラサラになります♪

スポンサーリンク

石けんで洗った髪はアルカリ性に傾くので、弱酸性のクエン酸で中和させますが、こういう体験をしていると、トリートメントって本当に必要だったんだろうか?と改めて考えさせられます。十分機能しているのがすごいと思うし、髪に負担をかけず、汚れを落とせるなんて、目からウロコです。

酸化した皮脂のニオイが石けんでほぼ取れるので、ひたすらガマンしてた時から考えると、取扱いがラクになりました。人前に出る必要がなければ、気にしませんが、さすがにこのニオイは不快レベルと紙一重なので、「ミチコ流、宇津木式」メソッドで行っています。

ブラシチェックしよう

頭皮や髪の状態を把握するもうひとつの手段が、ブラシチェック。特にプラスチック製でブラシ部分が黒色だと、汚れが一目瞭然で分かりやすいです。

私の場合、髪をとかすと、ブラシ部分が皮脂・ホコリで白くなります。大部分を占めるのが皮脂汚れ、そして1部がホコリ。髪がべたつくのでホコリが吸着するようです。(ちなみにフケはほとんど気にならなりました)

黒いブラシが白く汚れ、触るとベタっとする皮脂汚れは、石けんでキレイに取れますが、この状態が適正なのか、まだ皮脂は減っていくのか?誰とも比較できないので、微妙なラインが分かりません。

もう少し皮脂が落ち着けば湯シャンだけで済ませそうですが、季節や温度変化によって、対応して行った方がよさそうな気がしています。

それでは、今日も最高の1日を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする