夏の湯シャン対策 ニオイとかゆみとべたつき 薄毛の不安は?【髪断食4ヶ月目】

natukami
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

湯シャン開始から、4か月が経ちました。

初めて迎える夏の湯シャン、一体どうなるんだろう?と心配していましたが、お湯だけの洗髪を中心に洗髪をしつつ何とか継続中です。

乗り切れるんでしょうか?!

スポンサーリンク

夏の湯シャン臭い状況とその対策

2カ月経過したあたりから、頭皮や髪のトラブルがひと段落。

4か月経った今、ニオイや髪のべたつき、かゆみは頭皮環境が落ち着いて、一定の状態を保っています。

ただ全てのトラブルが無くなったわけではなく、程度の差こそあれ、臭いやべたつき、かゆみ等は今も無くなっていません。

特に夏時期は汗や皮脂が酸化し、いつも以上に臭いやすいので要警戒。不思議なもので、ニオイってけっこう慣れてしまうので、ある意味危険です。

そんな夏の湯シャンの状況。経験談と共に次から紹介していきす。

夏は臭いが急上昇する

汗をかき、開いた毛穴からは皮脂も出やすく、皮脂と汗が酸化して臭います。そんな悪循環が起こりやすい季節が夏です!

実際、夏は臭います。

ドライヤーで髪を乾かしたり、扇風機の風でザッと乾かしていると「モワっ」とした独特の皮脂の臭いがして、ハッキリ自分でも分かるほどです。

まだ皮脂量が多い場合は、洗髪回数を増やすなど何かしら工夫が必要かもしれません。

ブラッシングする

ニオイや不快感を少しでも軽減してくれるのが、丁寧なブラッシングです。

上から下へ、頭を下に向けて根元から毛先へ。右から左へ、そして左から右へと、あっちこっちの角度から丁寧にゆっくりブラッシングします。

コツはゆっくり、やさしく髪をとかすこと。そして地肌をこすらないよう、とかすのがポイントです。

ちょっと面倒だけど、丁寧なブラッシングで、余分な皮脂汚れがブラシにからめとられます。かゆみや臭いを軽減する対策の1つが、ブラッシングなのです。

これを最低1日に1回、湯シャンする前がオススメです。ベタ付いたブラシは汚れは、皮脂量が正常に近付いていけば、徐々に減りますがゼロにはなりません。

基本はこまめに洗う!

私は湯シャン前のブラッシングで汚れたブラシは、入浴時に洗います。

プラスチック製は洗っても傷みませんが、獣毛ブラシは水洗いはあまり向かないようで、クシ部分がポキポキ折れやすくなり、耐久性が落ちます。

・・・とは言っても、汚れたブラシでブラッシングすれば、その汚れが髪に付着します。気にせず洗っていましたが、確かに痛みが速いので使用中の方はご注意を。

ブラッシング用のブラシ

夏時期はまだ大丈夫ですが、秋冬の乾燥する季節になると、プラスチック製のブラシは静電気が起こるので要注意。

ブラッシングしにくい上に、髪を傷めます。

その対策としてオススメなのが、獣毛ブラシ(猪・豚・馬など)。メリットは静電気が起きにくく、髪にツヤを与えてくれますが、価格がピンキリなのが難点。

そして上記でも書きましたが、水洗いに弱いです。

髪が長めで、クセ毛や乾燥毛(パサパサ)で、獣毛ブラシが使いにくいと感じる方は、木製のクシの方が使いやすいかもしれません。

木製ブラシの難点は、水洗いができなことです。

スポンサーリンク

表面がコーティングしてあるタイプなら、多少耐水性があるかもしれませんが、基本的に木のブラシは洗わないので、汚れを落としにくいデメリットがあります。

私は獣毛と木を併用していますが、木は歯ブラシでクシ部分を1つ1つお掃除をしています。ちょっと手間ですが、この方法が今のところ一番キレイになるようです。

それでも汚れますが、、、

ヘアオイルでマスキング

毛先に香りのよいヘアオイルを付けて、独特の頭皮臭さをマスキングする方法もあります。

完全にニオイを消すことはムリですが、周りに不快な気持にさせない、ニオイがバレない対策に使えます。

ただし臭すぎるニオイに、香りは逆効果。ちょっとニオうかな?程度の軽いときに使うのがオススメです。

湯シャンで髪のかゆみ対策は?

皮脂と汗で酸化した状態が、ニオイと共にかゆみの原因になりますが、湯シャンをしていると必須の症状なので、ある意味慣れが必要です。

時間が経過し、頭皮状態が改善して正常に働くようになると、かゆみが減っていきます。

この時、かゆみや髪のべたつきから、熱めのお湯で湯シャンすれば皮脂が採れると考える人もいるかもしれません。

皮脂を落としたくて試しましたが、一時的に良くなっても、皮脂が落ち過ぎて、過剰に出やすい状態になったり、全く変わらなかったりと、結果的に効果は感じられませんでした。

やはり熱すぎるお湯より、適温で洗うほうがいいようです。

皮脂がひどく、かゆい、髪がべたつく、臭い!そんな時は、洗ってリセットした方が早道です。

私の場合、皮脂、臭い、かゆみ、べたつきの4重奏が重なる夏時期、状態を見ながら週に何回か、石けんとクエン酸リンスで洗っています。(ただし頭皮は洗いません)

髪の毛に泡を付けて、くしゅくしゅともみ洗いするような感じで洗いますが、皮脂が落ちるからか、髪が軽くなりすごくスッキリします。

特に湯シャンをスタートしたばかりの場合、髪にこびりつく皮脂量がすごいです。ムリに我慢せず、洗髪した方が挫折せずに済みますよ。

湯シャンで薄毛は改善するのか?

4か月経過して感じたのは、額の生え際周辺は活発にうぶ毛が成長していて、発毛状態もいいように感じます。

今は抜け毛も減って、薄毛のことは普段考えないようになったので、個人的には薄毛は改善されている気がします。

また周囲の同年代と比べて、毛量は多く、髪のコシがある感じがしますが実際はどうか分かりません。たった数か月で、突然良くなったりしないですしね、、、

今は頭皮環境を整えて、頭皮を厚くすること。本にも書いてありましたが、土台がしっかりしないと、いい髪の毛が生えてきません。

そして頭皮には約10万個の毛穴があります。

そこからいい成分も悪い成分も吸収されてしまうので、もしシャンプーするなら、安全性やクオリティを考えて選ぶことで、髪や頭皮の安全性を守ってあげたいですね。(例えばオーガニックやノンシリコンなど)

ひとくちメモ

髪の長めの女性にとって、湯シャンはちょっと大変ですが、短髪の男性なら洗いやすいし、継続しやすいかもしれません。

髪のべたつきやかゆみ、フケ、臭いなど、湯シャンを始めると4大トラブルが付いて回りますが、工夫しつつ変化を楽しむ余裕を持ちつつ継続するのが長続きするコツです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする