羊革ジャケットのクリーニングは?カビ対策と日頃の手入れ方法

hituji
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


羊革は軽くて軟らかく、着心地も抜群ですが、洗いっぱなしOKな綿とは違い、革製品は長くその風合いを保ち、気持ちよく着るためにメンテナンスが必要です。

革のジャケットやコートは経年の変化も味があるし、やはりカッコいいですよね♪

今回は羊革について、知っておくべき知識をまとめて紹介しています。

スポンサーリンク

羊革ジャケットのクリーニングは?

羊革などを始めとする、革製品のクリーニングはなるべく避けましょう。

洗えば革が硬くなったり、色落ちするので変色します。基本的に、レザージャケットは日頃のお手入れをしっかりすることで、対処するのが一番です。

お手持ちのジャケットの内側にある、洗濯表示のタグをチェックしてみて下さい。全部バツがついてませんか?そんな場合、洗濯は不可です。

中には一部洗濯可能なものもあるかもしれませんが、その際も自分で行うより、レザークリーニングの専門業者に頼んだ方が確実です。

汚れたらクリーニングに出したくなりますが、原則として、自宅での洗濯はできないと考えておきましょう。

そのために大切なのが、日頃のお手入れです。

羊革ジャケットのカビ対策は?

カビが出来る原因は、湿度と温度が高い場合です。

クリーニングに出した時によく被せてあるビニール。

あのカバーに革のジャケットを入れて保管していませんか?空気の流れが格段にが悪くなり、ムレたり湿気が溜まりやすく、カビが生える原因になります。

特に一番多いのは、雨や水に濡れた時のカビ!

自然乾燥で放置は厳禁です。

まずは濡れたら乾いた布でしっかり拭きとることと、風通しのいい場所で陰干しし、ミンクオイルで油分を補給しておきます>>>ミンクオイル(固形)赤箱

この時大事なのが、厚塗りしないこと。

また革の色目によって、オイルの種類を使い分けた方がいい場合もあります。塗り過ぎは革が白っぽくなってしまうので要注意。薄塗りが正解です。

 もしカビが生えてしまったら?

水に濡らして堅く絞った布でカビを拭き取り、陰干しした後にミンクオイルを塗っておきます。

クローゼットやタンスへの収納はそのままハンガーにかけておくか、気になる場合は不織布など通気性のいいカバーをかけておきます。

できれば良く開け閉めするクローゼットやタンスに収納すると、空気の流れがあるのでカビにくいですよ。

羊革ジャケットの日頃の手入れ方法

革はお手入れ次第で、状態が全く変わります。

大切にケアすれば、革はそれに応えてくれます。

経年変化を楽しみながら、いい状態で長く羊革を着るためにも、面倒がらずにお手入れしましょう!

シーズンオフの保管

日頃の保管方法においても、本革は湿気に弱く、カビが生えやすいので、全く着ない時期は、通気性のいい場所に保管するようにします。

またクリーニングをだすと付いてくるビニールの袋。あれはとても通気性が悪いので、できれば避けた方が無難です。

代わりに不織布など通気性のあるものや、何も被せず、そのままの保管の方が通気性は格段にアップします。

シーズン中のオン・オフ時のお手入れは、専用のレザーキットがあると何かと便利です。

シーズン中のお手入れ法

まずは防水保護して、雨や水から革を守ります(購入後は数回、その後は月に1回ほど)。

使用後は軟らかめの馬毛ブラシでほこりを取ります(または軟らかい布でからぶき)。

特になければ、1週間に1度ほど、軟らかい乾いた布で乾拭きすればOKです。

レザーを保管する時は、ほこり等の汚れは柔らかい布で乾拭きします。

汚れは水に濡らして堅く絞った柔らかい布で軽く拭きます。 そしてミンクオイルを薄く塗って(塗りすぎ注意!) 形を整えてから、風通しの良い日陰で保管します。

ビニール袋などに入れて保管するとカビが生えやすいので、不織布など、通気性の高いカバーを利用しましょう。

革が硬化したら?

経年放置していると、羊革が硬くなっていることがあります。

革がポロポロ落ちるのは劣化している証です。こうなると、手の施しようがありません。

放置による乾燥から来る硬化は、手間暇かかりますが、油分を塗ってもみほぐす工程を繰り返し試してみて下さい。

ひとくちメモ

以前羊革のコートが気に入って買ったものの、お手入れについて全く知らなかった為、カビがあちこちに生えて着れなくなったことがありました。

防水、ブラッシング等、色々方法はあったものの、メンテナンスの必要性を知らなかったため、劣化がひどく、数年で着れなくなった苦い過去があります。

革の味が出るのと劣化は明らかに違います。

しっかりお手入れすれば、風合いが増していい感じになっていく革。日頃のメンテを面倒がらず、長く着続けて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする