吉野家の牛丼 冷凍レトルトはお店の味そのまま!一人暮らしにも

building_gyudon


吉野家の牛丼って、無性に食べたくなるとき、ありませんか?

あの味と肉の独特の薄さとやわらかさからくる美味しさは、日本人のソウルフードなのかもしれませんね!

そんな吉野家の牛丼、お店の味そのままに、オウチで味わうことができるんです。

それが吉牛のお取り寄せです。これストックしておくと、最強ですよ~。

吉野家の牛丼 冷凍レトルトはお店の味そのまま

building_gyudon

吉野家の牛丼は、通販でお取り寄せできます!

冷凍状態で届けられるので、食べるときはレトルトパックをレンジでチンするか、湯せんにかけるだけ。

ほかほかご飯を用意したら、あっという間に、準備が完了しますよ~。

レトルト冷凍牛丼の食べ方

冷凍のレトルト牛丼は、準備もラクラクです。

並盛の場合、電子レンジで3分ほど、湯せんなら5分温めるだけ。

温かいご飯の上にサクッと乗せたら、もう出来上がりです。ご飯もレンチンするだけなら、火を使わず料理できてしまいますよね。

あっという間に食事の準備ができるので、すぐにご飯が食べたい~!メシメシ、腹へったよーーなんてとき大活躍するんですよね。

こういうのをストックしておくと、イザって時にすごく重宝しますよ~。

注文した人の感想を、いくつかまとめてみました。

みなさん、大満足してるようですが、男性はそのまま牛丼に、女性はアレンジ料理や時短・手抜き料理等にも上手に使いまわしているみたいですね~。

牛丼セットの口コミは?
★冷凍庫のストックが無くなりかけて注文。具もたくさん入っていて美味しいです
★おかずの足しや夜食に大活躍します
★手軽に牛丼が食べられて大満足。ご飯もレンチンすれば早い
★夫が牛丼好きで大喜び。レンジでチン忙しい時にも便利
★子供たちの夏休み中のランチに大活躍!無くなったら、またリピートしたい
★これがあるので、吉野家に行く回数が減った、それくらい便利!

時短・アレンジ料理にも使える

吉野家の牛丼の具材は、ご飯の上に乗せて食べる以外にも、色んなお料理に使い回せますよ。

牛丼の具材に豆腐やネギを入れて、煮こみ牛にしても美味しいし、肉じゃがの具材にしたり、野菜炒めに牛丼レトルトを加えれば、あっという間に1品料理の出来上がりです。

あとは、牛丼のツユは別のお料理に使って、具材の肉と玉ねぎをフライパンなどで温めて、汁気を飛ばしたものを、厚切りの食パンに挟んでサンドイッチにしてもおいしいですよ~。

吉牛・肉サンド、ボリューミーで旨いんです。(軽くマヨネーズと七味、紅ショウガを加えるとGOOD!)

レンチンで温めて、牛皿にしてビールのつまみにするのもオススメ。うどん等麺類の具材にしてもあうので、アイデア次第で、色々使いまわして時短料理に使っちゃいましょう。

ジャマにならない

たくさん買っても、冷凍庫が入らないんじゃ?と心配になりますが、吉野家の冷凍牛丼は、とってもコンパクトにできてます。

並盛サイズなら、タテ17.3センチxヨコ14.3センチ、厚さは1センチほど。

冷凍状態で届けられたら、即冷凍庫にイン!薄型だからキレイにストックできて、かさばらないのもポイント。

一人暮らしだと、冷凍庫の収納が小さい場合もありますが、1つ1つが平らになっているので、収納しやすいですよ。

とりあえず、注文するときは冷凍庫の空きを作っておいて下さいね!

牛派?豚派?食べ比べセットもある

吉野家は牛丼だけじゃなく、豚丼もあるんですよね。

このセットは、そんなどっちも味わってみた~い!という人のための食べ比べセットです。

吉野家の豚丼って、牛丼のスライス技術を応用して食感を最大限に引き出すように作られてるそうですよ。

食べ比べセットの口コミは?
★牛と豚の食べ比べができて、おかずが無いときに便利
★肉が柔らかい!甘過ぎず・辛すぎず、味付けがちょうどいい
★牛丼も豚丼も好きなので、冷凍庫にストックしておく
★吉野家の店舗で食べているのと同じ味だった!

同梱の人気商品って?

【1】吉野家の紅生姜

他の紅生姜じゃ、いまひとつシックリこない。吉牛にはやっぱりこの生姜じゃないと、、、と買う人が多い、人気の紅生姜です。

あつあつの牛丼の上に、たっぷり乗せて召し上がれ!これで完璧な吉牛のできあがり~

【2】吉野家のキムチ

後引くおいしさで人気の、吉野家のキムチ。こってりキムチなのに辛すぎず食が進むのは、ソフトな甘みと旨みのキムチだから。

牛丼と一緒もおいしいけど、あつあつのご飯でキムチをたべるのもいいっ!

さいごに・・・

吉野家が近くに無い人は、この牛丼の冷凍レトルトを常備して楽しんでいる人もいましたし、一人暮らしや単身赴任、夜食用、休日のお昼ご飯などなど、使い方もいろいろです。

作る手間も省けるし、3分少々でオウチが吉野家になるなんて、ちょっとたのしいですよね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする