浴衣の下は何着る?浴衣に下駄以外で合うものは?

yukataunder
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

夏の風物詩である浴衣は、着る方もいつもと違う気分になれるし、楽しみでもありますよね。

そんな浴衣での外出で失敗しないよう、知っておきたい知識を紹介します!

スポンサーリンク

浴衣の下は何着る?

花火大会やイベント、デートなどで着る機会の多い浴衣。

浴衣の下に着るものって、どうしてますか?
下着の上に直接浴衣を着る派?それとも・・・。

浴衣の下には和装の肌着や裾よけ、2つが一体になった、ワンピースタイプなどを着用して、下着と浴衣の間にワンクッション入れるといいですよ!

これを着ることのメリットは2つあります。

1つは、浴衣から下着が透けて見えるのを防ぐこと。

2つめは、キレイな浴衣姿(着物姿)に見せること。

一番気をつけたいのが、下着の上から直接浴衣を着てしまう事です。

特に白地に柄の入った浴衣だと、中に来ている下着が外から透けて見えたり、アンダーショーツのラインや柄などがクッキリ目立ちやすいんです。

自分目線だと気づきにくいですが、第3者からの視線角度だと、「あれ?」と目につきます。

また女性の場合、ブラジャーをどうするか?ですが、浴衣を含めた和装の場合、胸を強調してしまうと、帯の上に胸が乗っかった感じになり、それが老けて見えてしまう事につながるので要注意なんです。

胸の大きい人は和装用かスポーツブラで、ちょっと胸をつぶし気味に着て補正すること。

それ以外であれば、そのままブラジャーを着用したまま着てOKです。

ただし、ワイヤー入りの胸を強調するタイプは、浴衣を着た時にそこだけ突出して見える場合があるので、ノンワイヤータイプのソフトブラに変えて着ると美しい着姿になります。

浴衣を着るとき以外、着物は着ない、という人は、着物用の和装肌着をわざわざ購入したくない人もいますよね。

そんな時に代用着としてオススメなのが、洋服用のキャミソールとペチコート、またはロングキャミソールも便利です。

素材は問いませんが、汗を吸収してくれる綿や麻、速乾性のあるものだと快適ですよ。

また女性用のステテコや、襟ぐりが広めに開いたタンクトップでも代用できます。

色は浴衣地に影響が出ないよう、白色や肌に近い色であれば、安心して着られます。

スポンサーリンク

浴衣の下に着るもう1つのメリットが、もし何かの拍子に着物がはだけたり、裾がめくれた時など、何か着ていればダイレクトに見えずに済みます。

日頃着なれない物や、見よう見まねでで浴衣を着た時は、着崩れしやすいので、インナーを着ておくとイザという時の保険代わりになります。

モチロンそうならないよう、気をつけて浴衣を探したり、下に着るもので調整して上手に着こなして下さいね!

浴衣に下駄以外で合うものは?

浴衣に下駄は定番ですが、困ったことに「鼻緒」の部分がこすれて、痛くなること結構あるんですよね。

着なれない浴衣に、痛くて歩けない下駄じゃ、せっかくの楽しみもツライ想い出になってしまいます。

花火大会やデートなど、気軽に楽しむ場所に出掛けるだけなら、ちょっと下駄以外の履きもので、足が痛くならないものを履いてはどうでしょう。

すっごくラクですよ!

たとえばサンダル。

洋服に合わせるのではなく、浴衣に合うように素材を重視します。

「布と木の組み合わせ」だとデザインにもよりますが、比較的違和感が無いです。ヒールはできるだけ低めの方が、ズレ感が少ないのでオススメです。

またペタンコサンダル、アジアンテイスト・和風なもの、花の飾りが付いたもの等も合わせやすいので、色々チェックしてみて下さい。

ただし浴衣や下駄(サンダル)などは普段着扱いなので、ホテルなど格式あるキチンとした場所には向きませんのでご注意くださいね。

下駄でもサンダルでも、素足に履く場合、経験則から言って、靴ずれを起こすことがとても多いんです。

持ちモノ必須アイテムとして、絆創膏を用意しておきましょう!

ちなみに一般的な絆創膏より、モイスト効果の高い「キズパワーパッド」があると、救世主的存在になってくれます!

せっかく楽しみにしていた浴衣でのお出かけが、足が痛くて歩けないなんて、すごくモッタイナイ!

持ってれば、イザという時も安心ですし、種類も豊富なので、ぜひ薬局でチェックしてみて下さいね。

ひとくちメモ

デートや花火大会、ビアガーデン、夏のイベントなど、最近は浴衣で楽しめる場所がとても多いので、ぜひ思いっきり楽しんできて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする