ジップロック再利用する時 洗い方は?再利用しない場合って?干し方は?

ziplock
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


お料理から日常生活まで、オールマイティに活躍するジップロック!

料理の下ごしらえから、材料・残りものの保存、お料理以外にも応用範囲の広い万能選手です。

本物のジップロックは材質がしっかりしているので、我が家では再利用して複数回使用してから捨てています。

今回はそんな便利なジップ袋の、我が家流!使い方を紹介します!

スポンサーリンク

ジップロックを再利用する場合の洗い方は?

一度使ったジップロック。

材質も丈夫だし、まだ使えるなら捨ててしまうのはもったいない!そんな時は、再利用してから最後に捨てるようにしています。

洗い方のパターンは主に2つ。汚れの度合いによって変えています。

汚れていない

食パンやお菓子類、ラップで小分けしたもの等、中がほとんど汚れが付かないものは、水でゆすいで洗って乾かしています。

汚れている

基本は食器と同じように、スポンジと洗剤で洗います。

また洗剤が残らないよう、十分にゆすいで洗うようにしています。

ちなみにラップで包んでからジップロックに入れて保存すると、食品の冷凍焼けや酸化防止ができ、ジップロックも汚れないので洗うのがラクです。

ただしザッと洗って取れないような汚れ(油ギトギト等)であれば、洗って再利用はしません。

再利用しない目安は?

衛生上の問題や洗う手間を考えて、1回使って捨てる場合があります。

例えばジップロックが油汚れで洗っても落ちない・または洗うのが大変なとき、ニオイや色が付いてしまった場合(カレー等)は再利用しません。

こんなときは、家事の時短や便利さを最優先で考えます。

使えるときは洗って複数回再利用しますが、洗ってまで使うのが面倒だな、と感じたら捨てる、というように割り切って使い分けています。

捨てる目安

我が家では、再利用しない目安(ルール)があります。

主に食品を直接ジップ袋に入れて使った場合がメインです。いくつか例をあげてみますね。

カレーを入れた → 色やニオイが付いて取れない

油でギトギト → 洗うのが面倒。新品を使った方が早い

肉・魚等、下味付け → 衛生上、再利用しない

ニオイが染みついた → ニオイ移りするので避ける

再利用しないジップロックの再利用法

ジップロックは材質がしっかりしているので、ヘタらず複数回使えます。

上記のように、ニオイや油汚れなどで再利用しないものは、そのまま捨てず最後に「再利用」してから捨てています。

例えば三角コーナーの生ごみ入れに利用したり、料理の際に出る魚や肉の端ゴミや、野菜クズ等の生ゴミを入れて捨てています。

魚をおろした時の内臓や頭などは、ニオイや血の出るものなど捨てる時にジップ袋に入れて封をして捨てれば、臭いもシャットアウトできて便利です。

我が家では最後はゴミ袋として使って終了することで、ムダなく使っています。オススメですよ!

1回使って捨てるか?再利用するか?は、個人的な好みや判断なので、「1回で捨てるのもったいないなぁ」と思ったら使ってみてはどうでしょうか?

洗ったジップロックの干し方は?

再利用するために洗ったジップロックは、中の水滴を完全に乾かすのが意外と大変です。

袋の両端の角は、特に水がたまりやすく、乾きにくいので時間が掛かるからです。

完全に中を乾かさないと、ムレて臭ったり、雑菌が繁殖しやすいので、完全に乾燥させるようにしましょう!

ウチ流!3つの干し方をご紹介します。

外に干す

ジップロックを逆さ(または上向き)にして、洗濯ばさみでつまみ、外に干す。

外に干すと外気のホコリで衛生的では無い、という見方もありますが、ホコリ程度で具合が悪くなることってほぼ無いです。

気持ちの問題なので、気にならないなら問題ナシ。

これまでの経験上、腹痛のトラブルもゼロ。完全乾燥できる「外気干し」が我が家の定番で、一番早く確実に乾きます。

キッチンで干す

洗った後、ジップする側の口を開くようにして、キッチンの水回りの棚や食器カゴに立て掛けて干します。

ちょっと時間は掛かりますが、窓を開けて空気の流れがあると、比較的早いです。

キッチンペーパーで拭く

キッチンペーパーで中の水を拭き取る(8-9割方乾燥したら水分を拭き取ると早い)

どうしてもスグ使いたい時、天気が悪くて中々乾かない時にこの方法は便利です。

ひとくちメモ

使い方は人それぞれありますよね。

再利用するのどうしようかな?と思ったら、まずは気軽に使って、やっぱり気になるようだったら、使い捨てにすればいいだけ。

100均ショップには材質はジップより落ちるけど、安くて地薄なのもあるので、使い分けるのもオススメですよ。

臨機応変に使い分けて、便利さを味わって下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする